馬毛島移設反対理由の変遷

32 views
Skip to first unread message

yona

unread,
Jul 10, 2011, 9:45:18 PM7/10/11
to 屋久島再生
馬毛島移設反対運動の最近のビラを見たのですが、
反対理由が以前のものと違っていますね。
最初は農業被害だとか漁業被害だとか、
ありもしないことをたくさん並べ立てていました。
今は「世界遺産登録を取り消される」と煽っています。

なぜ急にそんな取って付けたようなことを言い出したのでしょう。
それが理由なら、そんな大事なことをなぜ最初に言わなかったのでしょう。
おそらく、最初に並べた理由が否定されてしまったので、
急遽別の理由を考え出すしかなかったのでしょう。
つまりこの人たちは、問答無用、まず反対、
理由は後からこじつければよい、という思考の持ち主だということです。

ビラの中には「屋久島の空にジェット機の姿はいらない」とあります。
ということは、沖縄の空にはあってよいと言いたいのでしょうか。
わざわざ屋久島の空と限定しているとは、地域エゴ丸出しですね。
(ジェット機というのも、旅各機など含めているのか疑問ですが)。

この文は、「屋久島」でなく「日本」とした時に初めて許されるものです。
しかしそれは、米軍も自衛隊も日本にはいらないというのと同等です。
ならばそれを判りやすく、最初から隠さず言うべきです。
そして必然的に「中国に隷属しよう」と言うべきです。
ただそうするとほとんど賛同を得られないから隠しているのでしょう。
つまりこの連中の品性は詐欺師と同等だということです。

さて本題の「世界遺産登録を取り消される」ですが、
どういう論理の筋立てがあるのかさっぱり判りません。
きっと「風が吹けば桶屋が儲かる」式なのでしょうね。

これがもし、世界遺産地域を破壊して基地を建設する、というのなら、
登録取り消しの可能性は十分にあります。
逆に言えば、海の向こうの基地など世界遺産に無関係です。

今、世界遺産を危機に陥らせる可能性のあるものといったら、
遺産地域を潰して建設されている2本のハイウエイまがいの道路でしょう。
もし観光客が増えて大駐車場が建設されたり、ゴミが撒き散らされたり、
排気ガスで森林荒廃が拡大したりなどしたら、
まちがいなく危機遺産の仲間入りです。

もし世界遺産や自然保護を心配するなら、
海の向こうのことでなく、まず足元を見るべきです。
しかしこの人たちは道路建設反対など一言も言っていません。
つまりそんなことどうでもいいのです。
ただ基地反対のための方便としか思っていないということです。
どうしたら素朴な住民を騙して扇動できるか、
そのために悪知恵、猿知恵を絞っているというのが見え見えです。

yona

unread,
Jul 11, 2011, 9:22:38 PM7/11/11
to 屋久島再生
「米軍基地等馬毛島移設問題対策協議会」のビラが配られていました。
政府との質疑応答の記述があり、その中で観光被害について、
「世界遺産登録を取り消される」などとは一言もありませんでした。
これは公式の席でもあり、
またこんな重要なことを言い忘れるなどありえませんから、
責任者たちは誰もそんなこと考えていないという証です。

つまり「世界遺産登録を取り消される」というのは
「馬毛島の軍事施設化を許さない屋久島の会」の流しているデマだということです。
彼らは自分の主張を通すためには、
人々をたぶらかしても構わないという考えのようです。
しかしまた、何のためにそこまでやるのでしょうか。
中国の工作員?でも入っているのでしょうか。
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages