VineLinux6.3Dで起動するとばぐったような画面がでる

106 views
Skip to first unread message

hazekura eikuu

unread,
May 20, 2017, 12:59:23 AM5/20/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
VineLinux6.3Dで起動するとばぐったような画面がでる。併せてOSが起動しないのですが、どうしてでしょうか?

スペックは以下の通りです。

CPU:core i 7 2600K
MEM:12GB
G/B Geforce 750Ti
HDD:2TB

バグってOSが起動できないのは、欠陥だと思うのですが、最新版だと治っているでしょうか?

併せてGRUBのブートローダーもWindowsのBCDが先頭に来るようにしたいのですが、
どこで操作するのでしょうか?

よろしくお願いします。

hasu

unread,
May 23, 2017, 9:06:42 AM5/23/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
こんにちは、hasuです。

> VineLinux6.3Dで起動するとばぐったような画面がでる。
> 併せてOSが起動しないのですが、どうしてでしょうか?

以前に、「VineLinuxをブータブルUSBで起動すると画面の表示がおかしくなる。」
のトピックを投稿されていましたが、
その時は、デスクトップ機をUSBメモリから起動しようとすると、
Windowsのブルースクリーンに近い表示になってしまうと書かれていました。

今回の、VineLinux6.3Dで起動するとばぐったような画面がでる というのは、
同じように ブルースクリーンに近い表示になってしまうという事でしょうか?


斎藤 広伸

unread,
May 23, 2017, 12:21:28 PM5/23/17
to vine-use...@googlegroups.com
返信ありがとうございます。前の投稿覚えてくれてたんですね、嬉しいです。

前のブータブルの時は結局ドライバが無いという事で、断念しましたが、

今回はHDDに入れて普通に起動するかな?と思ったのですが、私のデスクトップ構成は、

・CPU:Core i7 2700K
・MEM:12GB
・G/B:NVIDIA Geforce GTX750Ti
・SSD:256GB
・ブルーレイドライブ
・WIfi、Bluetoothは子機を導入

で、割と最近の流行のハイエンドミドルクラスのPCを構成しました。一応購入予定リストの中に

GTX1080があります。

最新のデバイスを積んでるのでドライバーが追い付いてないとの指摘を他方から受けました。

ですので、今からランレベル3でapt-getをしてくるのですが、

hasuさんのご指摘通り、ブルースクリーンに近い、グリーンスクリーンが出てしまいます。

具体的にどんな感じかと言うと、



こんな感じで、Ctrl+Alt+Delをするしかなくなります。

軽いOSを求めてやってるのですが、これからうまく起動するかどうかわかりませんが、

NVIDIAのドライバをインストールするか標準ドライバを落としてくるか試してみますので、

またご報告します。

失礼しました。

2017年5月23日 22:06 hasu <hide...@tanaka.email.ne.jp>:

--
--
Vine Linux ユーザーフォーラム
http://groups.google.co.jp/group/vine-users-forum?hl=ja

---
このメールは Google グループのグループ「Vine Linux ユーザーフォーラム」に登録しているユーザーに送られています。
このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには vine-users-forum+unsubscribe@googlegroups.com にメールを送信してください。
その他のオプションについては https://groups.google.com/d/optout にアクセスしてください。

hazekura eikuu

unread,
May 24, 2017, 12:48:23 AM5/24/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
ありがとうございます。

結局、HDMIケーブルとグラフィックボード外してオンボードのグラフィックで動かしたら起動しました。ドライバは”Nvidia”では動かなかったですね。"intel"なら動きました。"vesa"ではなかったのは残念ですが、BIOSで起動順序変えると普通に起動します。

結局の所、Nvidia Geforce GTX750Tiは対応していないというところです。まぁ最新のPCで動かすようなOSじゃないと思うので、これから私がやる事は型落ちのノートPCにインストールするという所でしょうか?その際やっぱりネックになるのはドライバという事になるでしょうか?

早く対応して欲しいですね・・・

2017年5月20日土曜日 13時59分23秒 UTC+9 hazekura eikuu:

hazekura eikuu

unread,
May 24, 2017, 1:12:14 AM5/24/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
ちなみにこの後無線LANのドライバとGRUBのブートローダの設定をやっておきます。

他にもWindows10やlubuntuとか、今後Linux mintも入れる予定なので、GRUBじゃない

ブートローダでOSを選択したいのです。私がWindowsのブートローダでやりたいのですが、

需要あるでしょうか?それともGRUBの方が汎用性あっていいのでしょうか?

できたらメトロブート画面を出したいのですが、設定はこれからします。

よろしくお願いします。


2017年5月20日土曜日 13時59分23秒 UTC+9 hazekura eikuu:
VineLinux6.3Dで起動するとばぐったような画面がでる。併せてOSが起動しないのですが、どうしてでしょうか?

hasu

unread,
May 24, 2017, 7:07:04 AM5/24/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
hasuです。

グラフィックボードが NVIDIA Geforce GTX750Ti との事ですね。

VineLinuxのFTPサイトで、
VineLinux6.5とVineSeedに このドライバが含まれているか 見てみましたが、
含まれていないようでした。

NVDIAのWebサイトに行って 探してみると、
Linuxの64bit用のドライバがありました。
(32bit用も ありました。)
以下、Linuxの64bit版を想定して、話を進めます。

このドライバで 動くのかどうかわかりませんが、
とりあえず手順を書いてみます。

参考にしたのは、このWebページです。
「How to Manually Install the Latest NVIDIA Linux Driver in Ubuntu」
    http://news.softpedia.com/news/How-to-Manually-Install-the-Latest-NVIDIA-Linux-Driver-in-Ubuntu-430937.shtml


次のWebページを開きます。
「NVIDIAドライバダウンロード」
    http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

5つほど選択の項目があるので、それを選択していきます。
オペレーティングシステムの項目の所では、
一度、「全てのオペレーティングシステムを表示する」を選択します。
すると、選択肢に Linuxが加わります。

検索のボタンを押します。
次のWebページが表示されます。
「NVIDIA DRIVERS Linux x64 (AMD64/EM64T) Display Driver」
    http://www.nvidia.co.jp/download/driverResults.aspx/118418/jp

ダウンロードのボタンを押して、ドライバをダウンロードします。
次のファイルがダウンロードされます。
    NVIDIA-Linux-x86_64-375.66.run


コマンド・ライン端末を起動します。
cdコマンドで ドライバのあるディレクトリに移動します。

参考にしているWebページでは、このタイミングで、
lightdmというディスプレイマネージャーのソフトを止めると書かれているのですが、
VineLinuxでは動いてなさそうなので、この操作は とばします。

次のコマンドを実行します。

    sudo chmod a+x NVIDIA-Linux-x86_64-375.66.run

    sudo ./NVIDIA-Linux-x86_64-375.66.run

インストールのログは、/var/log/nvidia-installer.log に
出力されるそうです。

パソコンを再起動します。




 ・・・・・・・・・・・ 追加の情報 ・・・・・・・・・・・・・・・・

インストールのソフトは GUIではなく CUIのようです。
なので、パソコンが起動する時に、
GRUBで ランレベル3を指定して、
CUIの状態でログインして 作業を進めることが
可能だろうと思います。


「起動時にカーネルオプションを指定、変更するには - VineLinux」
    https://vinelinux.org/docs/vine6/cui-guide/edit-boot-option-on-grub.html

このWebページに書かれているのですが、
「 3 」というカーネルオプションがあって、
それを指定すると、
「ランレベル3で起動します。通常のユーザも使用できます。
 コンソールからのログインになります。」 との事で、
グラフィックの画面を使わない、CUIの画面で動作できます。


仮に ドライバを別のパソコンでダウンロードして、
USBメモリに入れているとした場合、
USBメモリをマウントしないといけませんが、
次のコマンドを使います。

「pmountによるファイルシステムのマウント」
    https://vinelinux.org/docs/vine6/cui-guide/pmount.html

pmountのコマンドは デフォルト状態ではインストールされていないようなので、
最初、「 sudo apt-get install pmount 」で
コマンドをインストールする必要があると思います。

pmountのコマンド入力時には、USBメモリのデバイス名が必要になります。
(ちなみに、私のパソコンでは デバイス名が /dev/sdb1 で、
 マウント先のディレクトリは /media/sdb1 です。)
デバイス名の見つけ方は、次のWebページが参考になるかもしれません。
「USB メモリーのマウント ← Linux. リナックス. ヒト ノ タメ ノ.」
    http://linux-suomi.net/modules/tinyd8/index.php?id=11




hasu

unread,
May 24, 2017, 7:09:53 AM5/24/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム

> 他にもWindows10やlubuntuとか、今後Linux mintも入れる予定なので、GRUBじゃない
> ブートローダでOSを選択したいのです。私がWindowsのブートローダでやりたいのですが、
> 需要あるでしょうか?それともGRUBの方が汎用性あっていいのでしょうか?

私は これまで GRUBしか使ったことがなくて、
他の物と比較できないので、意見は言いにくいです。
あえて言うと、Linuxを扱うのでしたら、GRUBが親和性が高いような気がします。



話が ちょっと ずれますが、
ブートローダ周辺をいじるのでしたら、
ハードディスクのMBRのバックアップを取っておいた方が
何かあった時のために 安全だろうと思います。

「@IT:MBR(マスターブートレコード)をバックアップするには」
    http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/375bkupmbr.html

「Master Boot Record - ArchWiki」
    https://wiki.archlinuxjp.org/index.php/Master_Boot_Record




hasu

unread,
May 24, 2017, 8:01:47 AM5/24/17
to Vine Linux ユーザーフォーラム
hasuです。

すみません。
先ほど、VineLinuxに NVIDIAのドライバが無さそうだと書きましたが、
もしかすると、次のパッケージが そうなのかもしれません。
    xorg-x11-drv-nvidia


VineLinux6.5でのパッケージの情報は、次のようです。
バージョン的には、Webからダウンロードした物の方が
新しいということには なりますが。


[hoge@xxxx ~]$ sudo apt-cache show xorg-x11-drv-nvidia

Package: xorg-x11-drv-nvidia
Section: User Interface/X Hardware Support
Installed Size: 127687885
Packager: daisuke
Version: 331.67-1vl6
Pre-Depends: /bin/sh, /bin/sh, /sbin/ldconfig, dkms, system-config-display
Depends: /bin/sh, /bin/sh, /bin/sh, /sbin/ldconfig, /usr/bin/python,
config(xorg-x11-drv-nvidia) = 331.67-1vl6, dkms, gcc, libGL.so.1,
libOpenCL.so.1, libX11.so.6, libXext.so.6, libatk-1.0.so.0, libc.so.6,
libc.so.6(GLIBC_2.0), libc.so.6(GLIBC_2.1), libc.so.6(GLIBC_2.1.3),
libc.so.6(GLIBC_2.2), libcuda.so.1, libdl.so.2, libdl.so.2(GLIBC_2.0),
libdl.so.2(GLIBC_2.1), libgdk-x11-2.0.so.0, libgdk_pixbuf-2.0.so.0,
libglib-2.0.so.0, libgmodule-2.0.so.0, libgobject-2.0.so.0,
libgtk-x11-2.0.so.0, libm.so.6, libm.so.6(GLIBC_2.0), libm.so.6(GLIBC_2.1),
libnvcuvid.so.1, libnvidia-cfg.so.1, libnvidia-compiler.so.331.67,
libnvidia-encode.so.1, libnvidia-glcore.so.331.67, libnvidia-ml.so.1,
libnvidia-opencl.so.1, libnvidia-tls.so.331.67, libnvidia-wfb.so.1,
libpango-1.0.so.0, libpthread.so.0, libpthread.so.0(GLIBC_2.0),
libpthread.so.0(GLIBC_2.1), libpthread.so.0(GLIBC_2.2), librt.so.1, libvdpau
>= 0.4, libvdpau.so.1, libz.so.1, make, pyxf86config Provides:
config(xorg-x11-drv-nvidia) = 331.67-1vl6, dkms-nvidia = 331.67-1vl6,
libGL.so.1, libOpenCL.so.1, libcuda.so.1, libglx.so, libnvcuvid.so,
libnvcuvid.so.1, libnvidia-cfg.so.1, libnvidia-compiler.so.331.67,
libnvidia-encode.so.1, libnvidia-fbc.so.1, libnvidia-glcore.so.331.67,
libnvidia-ifr.so.1, libnvidia-ml.so.1, libnvidia-opencl.so.1,
libnvidia-tls.so.331.67, libnvidia-wfb.so.1, libvdpau.so.1,
libvdpau_nvidia.so.1, libvdpau_trace.so.1, nvidia-x11-drv = 331.67-1vl6,
nvidia_drv.so, xorg-x11-drv-nvidia = 331.67-1vl6, xorg-x11-drv-nvidia(x86-32)
= 331.67-1vl6
Obsoletes: nvidia-x11-drv <= 180.51-2vl5
Architecture: i686
Size: 43848829
Hash: d065d00bb7f27966f7468836079313c0
Filename: xorg-x11-drv-nvidia-331.67-1vl6.i686.rpm
Summary: プロプライエタリな NVIDIA ハードウエアアクセラレーションディスプレイド
ライバ
Description:
 このパッケージには、NVIDIA 製のグラフィックスカードで2D/3Dのハードウエアアクセ
 ラレーションを得るためのプロプライエタリなグラフィックスドライバが収録されてい
 ます。このドライバには以下のモジュールが含まれています。
  - OpenGLライブラリ
  - Xorg ドライバモジュール
  - DRM カーネルモジュール
 
 注意: このパッケージをインストールすると利用しているカーネルを汚染します。
       Kernelに関するどんなバグレポートを行う場合は、必ずこのパッケージを
       アンインストールしシステムをリブートしてから行って下さい。




Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages