オープンソースカンファレンス2009一日目の報告と

0 views
Skip to first unread message

Takashi Okamoto

unread,
Oct 30, 2009, 8:03:58 AM10/30/09
to Shibuya.trac
みなさん

Oかもとです。お疲れさまです。

本日から1日間オープンソースカンファレンスにShibuya.tracで
出店しているのですが、2009一日目報告をしておきます。

[オープンソースカンファレンス2009 TOKYO]
http://www.ospn.jp/osc2009-fall/

本日は、10:15~11:00の間でセミナーを、セミナー後17:00まで
ブースで展示を行いました。

セミナーでは、Oかもとによるパンフレットを利用したShibuya.tracの
ご紹介と、かおるんさんによるTracLightning導入の軌跡、そして、
RyuzeeさんによるTracをマルチプロジェクト対応にするTraMの紹介が
行われました。セミナーは朝一番のセッションにも関わらず30人を
超える方にご参加頂き、複数のプロジェクトをどうやれば効率的に
管理できるかなどの議論がありました。

ブースでは、Tracを知らない人、知っているけどどう使ったら良いか
分からない人の相談から、Eclipseとの連携などの突っ込んだ質問まで
幅広い方に訪問頂きました。また、JIRAの販売代理店の方が熱心に
JIRAの営業に来たのですが、営業に負けておるんさんが購入していた
のは衝撃的でした。

Shibuya.tracの温泉企画は大船ラドン温泉がいいとか、そもそも冗談
でたきつけたのに本当に企画してしまうとはびっくりしたなどの議論も
Shibuya.trac温泉を企画したkompiroさんが不在の中で勝手に行わ
れました:)

明日も10:00-17:00の間で蒲田でブースを出展していますので、時間が
ある方は是非お立ち寄りください。Tracに関する質問、RedMine、Mantis
等の他コミュニティの遠征から、くだらない雑談まで、なんでもお待ちしてま
す。

チラシを添付しておきますので、来訪の際には、「ちらしを見た」とスタッフ
までお伝えください。

よろしくお願いします。
--
Takashi Okamoto

osc2009_panel.png

中村薫

unread,
Oct 31, 2009, 7:46:49 AM10/31/09
to shibuy...@googlegroups.com
みなさん

こんばんは
かおるんです

オープンソースカンファレンスの2日目も無事終わりました。

今日は10:00~16:00までの出店でした。

午前中はあまり来店者はなかったのですが、午後になって
ふらっと立ち寄ってくれた方、運用に関する相談をしにきてくれた
かたなど、終了まで多くの方がきてくれました。

この2日はソフト開発者よりも製造や事務の方でTracを使っている
ことが多く、意外とそういった方面でも使われているんだという
ことを知りました。
また、ソフト以外での使い方から新しいTracの価値も見つけられれば
なんてことも考えたり。

今回きていただいた方にはぜひ、このMLでたくさん質問していただいて、
事例を勉強会で発表していただきたいと思います。

それではスタッフのみなさま、1日または2日間お疲れ様でした。

以上です。

2009年10月30日21:03 Takashi Okamoto <tora...@gmail.com>:
--
かおるん@なかむら かおる
mailto:kaor...@gmail.com
blogto:http://d.hatena.ne.jp/kaorun55/
twitter:http://twitter.com/kaorun55

Takashi Okamoto

unread,
Oct 31, 2009, 7:02:28 PM10/31/09
to shibuy...@googlegroups.com
おかもとです。

レポートお疲れさまです。えせKPTっぽくちょっと振り返ってみます。

[Keep]
(来訪者に対しての説明で)
* TracとExcelの連携(Excelのエキスポートとインポート)
* 進捗とか顧客に提出するときはExcelを使いたいようだ
* JamCircleの画面
* デモは用意していなかったので、Google先生でKompiro
さんのページを拾ってきて説明。学生っぽかったですが、
これは凄いと絶賛していました。
* カレンダーとかガントチャートとか。
* サイボーズみたいと....(汗
(その他)
* 成果について、デモを交えて説明する機会はないので
よかった。
* TraMのRSS対応の開発が進んだ(Ryuzee)
* 忙しくて手つかずだった原稿が進んだ(Oかもと)

[Problem]
(来訪者に対しての説明で)
* コミュニティ自身の説明
* Tracを知らない人へのTracの説明
(Trac自身を説明する資料を準備してなかった...)
(その他)
* ブースで黙々と作業にふけている人がいる(笑
* Python系のコミュニティの人と仲良くなり、一緒になにか
やりたいなぁと思って、Pythonコミュニティのセミナーに出よ
うと思っていただが、別のブースで話込んでしまい忘れてた。
(Oかもと)

[Try]
* Trac自身の紹介パンフレットを作っておけばよかった。
訪問者にTracを知っているかどうか聞いて、知っていれば
コミュニティ活動のパンフレットを渡し、知らなければTracの
紹介パンフレットを渡すとか...
* 「Tracを使わせてもらってます」以上みたいな話がいくつか
あった。新しいプラグインの開発などを紹介する余地が
なかったので、プラグインやツールのキャプチャを沢山
貼りつけた資料を作っておけばよかった。



次回のOSCは2月に八王子であるようです。もし、今回参加
できなかったけど、自作のプラグインを展示して世に広めたい
とか、Tracのユーザと触れ合って生の声を聞きたい方がいれば
申し込みたいと思います。

2009年10月31日20:46 中村薫 <kaor...@gmail.com>:
--
Takashi Okamoto
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages