Step by Step Scala [vol.07]開催のお知らせ

8 views
Skip to first unread message

小林健一

unread,
Jan 15, 2010, 7:17:21 PM1/15/10
to scal...@googlegroups.com
みなさま
小林@豆蔵です。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
引き続き、SSS第7回を開催します。

「Scalaって何?」という方に
「Scalaプログラミングを体験してもらう」
という勉強会を隔週で開きます。

言語仕様輪読会がかなりコアな内容を追求しているのに対し、
こちらはできるだけ皆さんにプログラミングを楽しんで
頂こうと思います。

時間のある方はぜひご参加ください。

---------------------------------------------------------------
Step by Step Scala [vol.07]@scala-be

Scala初心者のための勉強会

日時 / DATE :
   2010/1/20 19:00 to 21:00

定員 / LIMIT :
   20 人(でも24人くらいまで大丈夫)

会場 / PLACE :
   豆蔵大会議室(新宿三井ビル34階南側)
 (東京都新宿区西新宿二丁目1番1号)

参加方法:
       http://atnd.org/events/2845 から参加表明して
当日直接会場にご来場ください。


Takashi MIYAMOTO

unread,
Jan 15, 2010, 7:30:38 PM1/15/10
to scal...@googlegroups.com, Takashi MIYAMOTO
今回の講師を担当するtmiyaです。

On 2010/01/16, at 9:17, 小林健一 wrote:

> みなさま
> 小林@豆蔵です。
>
> 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
> 引き続き、SSS第7回を開催します。

今回は15,16章(case class, パターンマッチ, リス
ト)
の予定ですが、リストについては22,23章の内容も話すか
と思います。

===================================
Takashi Miyamoto


小林健一

unread,
Jan 19, 2010, 4:47:01 AM1/19/10
to scal...@googlegroups.com
みなさま
小林@豆蔵です。

リマインダです。
明日19:00からはStep by Step Scalaですよー。

今回はいかにもScalaらしい機能のお話になります。
お時間のある方はぜひご参加ください。

2010年1月16日9:17 小林健一 <koba...@mamezou.com>:



--
(株)豆蔵  小林健一
〒163-0434
東京都新宿区西新宿二丁目1番1号
新宿三井ビルディング 34階 私書箱302号
TEL: 03-5339-2165(BS事業部教育), FAX: 03-5339-1795
URL: http://www.mamezou.com/
E-mail: koba...@mamezou.com

hi...@valley.dti.ne.jp

unread,
Jan 28, 2010, 10:08:27 PM1/28/10
to scal...@googlegroups.com
みなさま

いつもお世話になってます。
Step by Step Scalaに参加させていただいている高谷です。
Scala2.8.0のベータ版が出たので、今まで作っていたちょいツールの類を
再コンパイルしていたら、Source#FromFile(name:Sring)が無くなってたり、
そのままじゃコンパイルできないところも多少ありました。
#一番違うのはScalaのAPI(scaladoc?)の見た目。(^^;;

いつのタイミングでもかまいませんが、Scala2.8.0からの新機能や変更点が
Step by Step Scalaのネタになったら良いなーと思っています。

よろしくお願い致します。

On Tue Jan 19 18:47:01 JST 2010

小林健一

unread,
Jan 28, 2010, 10:15:32 PM1/28/10
to scal...@googlegroups.com
高谷さん
小林@豆蔵です。

勉強トピックの推薦ありがとうございます。
2.8.0の題材もぜひチャレンジしたいと思っています。

他の方も「こんなのを取り上げてほしい」というのがありましたらお教え下さい。

2010年1月29日12:08 <hi...@valley.dti.ne.jp>:

--
このメールは Google グループのグループ「scala-be」の登録者に送られています。
このグループに投稿するには、scal...@googlegroups.com にメールを送信してください。
このグループから退会するには、scala-be+u...@googlegroups.com にメールを送信してください。
詳細については、http://groups.google.com/group/scala-be?hl=ja からこのグループにアクセスしてください。

Kota Mizushima

unread,
Jan 28, 2010, 10:18:02 PM1/28/10
to scal...@googlegroups.com
水島です。

2.8.0はコレクションライブラリの再設計などもあって、後方互換性を完全には達成できてないので、
2.8.0に移行するのに当たって注意すべき点などが取上げられれば良いですね。場合によっては
自分が講師をしても良いかもです。

2010年1月29日12:15 小林健一 <koba...@mamezou.com>:

--
Kota Mizushima
e-mail: hau5...@tree.odn.ne.jp,mizu...@gmail.com

Shin-ichi TAKAYA

unread,
Jan 30, 2010, 8:12:14 PM1/30/10
to scal...@googlegroups.com
高谷です。

小林@豆蔵さん、水島さん、お返事どうもありがとうございました。
ぜひぜひよろしくお願いいたします。

水島さんwrote:
> 2.8.0はコレクションライブラリの再設計などもあって、後方互換性を完全には達成できてないので、

今は以前のバージョンのものをそのまま移しているので、良く使っていた、
Array#fromFunctionがdeplicatedになっちゃったり、Source#getLinesがセパレー
タを指定できるようになったのと引き換えに括弧が必須になっちゃったりと、エ
ラーや警告がたくさん出てきてちょっと大変そうです。(^^;;
成長期の言語と思えば気にならないんですが、理由が知りたいです。
#括弧なしならデフォルト引数と思ってくれればよいのに・・・とか

また、新機能のほうですが、限定継続というのも、なじみがありませんでした。
WEBでなんとなくイメージはつかめてきたものの、自分で使ったことがないので
便利さがいまいち実感できません。何かヒントをいただけたらうれしいです。

勉強会楽しみにしています、よろしくお願いいたします。

Takashi MIYAMOTO

unread,
Jan 29, 2010, 7:16:47 AM1/29/10
to scal...@googlegroups.com, Takashi MIYAMOTO
宮本です

Scala 2.8の話はこの冬休みにそこそこ調べたんで、いつもの勉強会で
1回話す程度なら一応私も出来ますが。。。

On 2010/01/29, at 12:18, Kota Mizushima wrote:

> 水島です。
>
> 2.8.0はコレクションライブラリの再設計などもあって、後方互換
> 性を完全には達成できてないので、
> 2.8.0に移行するのに当たって注意すべき点などが取上げられれば
> 良いですね。場合によっては
> 自分が講師をしても良いかもです。

ぜひ講師お願いします>水島さん。

コップ本もまだ勉強会でやってない話は幾つかあります。
#例えばimplicitの話とかscalaのジェネリクスの話とか
#是非水島さんにお願いしたかったり。

が、そろそろコップ本から離れてもいいかもしれませんね。

===================================
Takashi Miyamoto


Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages