ラエルサイエンスニュース 75aH 1・2月号

2 views
Skip to first unread message

tecchanstar

unread,
Jan 12, 2022, 6:44:54 AMJan 12
to rael-science-japan

 

1        生命科学

 

1.1–鳥や他の多くの動物の視覚系は、地球の磁場を「見る」ことができます。 細胞には、磁場の影響を受けるクリプトクロムと呼ばれる光受容体が含まれています。 2つの電子の一方に別の原子の電子を使い、一瞬絡み合うことで、純粋な量子活動になります。

https://www.sciencealert.com/birds-have-a-quantum-sense-and-for-the-first-time-scientists-see-it-in-action

 

 

1.2–細胞内の酵素カスケード反応により、化学基が移動し(「フォトケージ」と呼ばれます)、光を照射することでDNAに移動します。 この方法は、光によってDNAの機能を活性化および非活性化する可能性があります。

https://phys.org/news/2020-12-dna-functions.html

 

1.3 -一卵性の双子の遺伝子は複数の違いがある上に、およそ7組に1組(15%)は、片方が、生じたほとんどの突然変異細胞を引き受けていることが確認されました。

https://www.nature.com/articles/s41588-020-00755-1.pdf

 

1.4 –人体の細胞の交換は、1日3300億細胞、つまり毎秒380万細胞と推定されています。 86%は血球(赤血球と好中球)で、12%は胃腸上皮細胞です。 皮膚細胞はわずか1%で、残りは主に内皮細胞と肺細胞です。

https://www.sciencealert.com/your-body-makes-4-million-cells-a-second-and-most-of-them-are-blood

 

1.5 – - 深いノンレム睡眠は、脳から老廃物、特に神経変性疾患を引き起こす可能性のある有毒なタンパク質を取り除く際に、起きている時よりもはるかに高い修復力を持っています。

A deep sleep stage in Drosophila with a functional role in waste clearance | Science Advances (sciencemag.org)

 

1.6 –運動感覚皮質の神経細胞に注入した特定のウイルスのおかげで、運動ニューロンは、麻痺したマウスが再び歩くことを可能にする合成サイトカイン(ハイパーインターロイキン6)を生成します。

https://www.news-medical.net/news/20210116/New-therapeutic-approach-enables-functional-recovery-after-spinal-cord-injury-in-mice.aspx

 

1.7 – -ミトコンドリアは、独自のゲノムによってコードされるペプチドを使用して、幅広い生理学的機能を調整します。 MOTS-cホルモンは、老化した身体能力を高め、全身のエネルギー機能と一般的な健康を改善することができます。

MOTS-c is an exercise-induced mitochondrial-encoded regulator of age-dependent physical decline and muscle homeostasis | Nature Communications

 

 

物理学

 

2.1 –天の川銀河は、4億4000万年に一度銀河の周りを移動するポテトチップスのようにわずかにひねりがあります。 このゆがみは、天の川銀河とその伴銀河との相互作用における重力の波紋に起因します。

https://phys.org/news/2021-01-milky.html

 

 

 

 

2.2 –.巨大なガス惑星、KOI-5 ABは、地球から1,800光年離れたところにある三つ星系で進化しています。5日間で1つの星を中心に回ります。その恒星は、30年ごとに自転する別の恒星と相互軌道を持っています。第三の星は400年ごとにこのペアを中心に回っています。

https://sciencepost.fr/decouverte-planete-trois-etoiles/

 

2.3 –NASAの天文学者は、私たちの銀河には少なくとも3億個の居住可能な惑星、つまり780個の星ごとに1個の惑星があると推定しています。 この仮定は、太陽のような黄色矮星のみを考慮に入れてます。赤色矮星は十分に安定していないためです。生息可能な領域にあるほとんどの太陽系外惑星はおそらく生物はいません。

There Could Be at Least 300 Million Potentially Habitable Worlds in The Milky Way (sciencealert.com)

 

 

新技術

 

 

3.1 –中国は、2025年までに国土の半分を人工的な雨と雪で覆うことができると言って、大規模な気象修正プログラムを拡大しています。

China is massively expanding its weather-modification program, saying it will be able to cover half the country in artificial rain and snow by 2025 (businessinsider.fr)

 

 

社会科学

 

4.1 –機械学習アルゴリズムと神経画像処理データを用いて脳の連続体を作成し使用した研究では、脳は男性的な部分から女性的な部分まで連続して全体に分布しています。 実験の結果、両性具有的なこの連続体の中心に位置する参加者は、両端の参加者と比較して、うつ病や不安などのメンタルヘルスの症状が少ない傾向がありました。

https://www.sciencealert.com/half-of-us-have-brains-that-aren-t-entirely-male-or-female-and-it-s-a-good-thing-too

 

 

マイトレーヤのコメント付き記事

 

5.1** –マインドフルネスとは、現在の瞬間を認識し観察することであり、特定の対象に注意を集中することによって行われることが多いです。音楽や自然な音は、呼吸に焦点を当てるのと同じくらい効果的で、精神衛生の改善や精神病理の症状の軽減につながる技術の獲得に繋がります。

https://www.psypost.org/2021/01/using-music-and-nature-sounds-in-mindfulness-practice-may-help-students-transfer-attentional-skills-to-everyday-life-59181

 

5.2** –カフェイン摂取により睡眠の深さに変化はありませんが,灰白質の量は減少します。灰白質は神経細胞、特に認知物質に影響を及ぼす海馬を構成している物質です。

https://doi.org/10.1093/cercor/bhab005

 

Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages