ラエルサイエンスニュース 75aH 5・6月号

3 views
Skip to first unread message

tecchanstar

unread,
Jan 12, 2022, 6:47:47 AMJan 12
to rael-science-japan

1 生命科学

 

1.1 - 中国の超電導トカマクは20秒間で1億6000万℃に達した。 この原子炉は、星の中心部で核融合プロセスを再現することを目的としています。 次のステップは、反応を少なくとも1週間安定に保つことです。

https://www.globaltimes.cn/page/202105/1224755.shtml

 

1.2 - - 量子もつれは巨視的スケールで直接観察されています。 通常もつれに関連する素粒子よりもはるかに大きなスケールです。 もつれは、ランダムではなく決定論的に生成されました。 次に、ハイゼンベルグの不確定性原理をバイパスして、2つの膜の位置と運動量を同時に測定することができます。

https://www.sciencealert.com/quantum-entanglement-has-now-been-directly-observed-at-a-larger-macroscopic-scale

 

1.3 – 105歳以上生きている人々は、DNAを修復する際に体をより効率的に変える独特の遺伝子構成を持っています。 2つの遺伝子に関連する5つの遺伝子変化は、DNA損傷に対する細胞の応答を調整し、損傷した細胞のプログラム細胞死を促進します。

https://medicalxpress.com/news/2021-05-people-aged-longer-efficient-dna.html

 

1.4 – 人間の大便に関する研究により、人間の腸に生息する54,118種のウイルスが特定されました。そのうちの92%はこれまで知られていませんでした。 それらの大部分はバクテリオファージであり、バクテリアを食べますが、人間の細胞を攻撃することはできません。

https://www.sciencealert.com/over-90-of-54-00-viruses-just-found-in-people-s-poo-were-previously-unknown-to-science

 

1.5 – 基本的な瞳孔の大きさは、流動性知能(以前に習得した知識に頼らずに問題を解決する能力に依存する知能の構成要素)と注意のより良い制御に関連している可能性があります。 瞳孔の大きさは、多くのプロセスを調節し、特定の感情に関与する青斑核に関連しています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0010027721000627?via%3Dihub

 

 

物理学

 

2.1 – 銀河団をつなぐ宇宙フィラメントは、数百または数百万光年の規模で回転します。 銀河は、塵の粒に似ており、これらのフィラメントに沿って移動する間、らせんまたはコルク栓抜きの形をした軌道を移動します。

https://phys.org/news/2021-06-largest-universe-light-shifted-rotation.html

 

2.2 – 天の川の中心は、超大質量ブラックホールではないかもしれません。 それは、電子、陽子、クォークのようなフェルミ粒子ファミリーの粒子であるdarkinosで構成された暗黒物質の球である可能性があります。 これに基づく新しいモデルでは、銀河の回転曲線を説明する必要があります。

https://phys.org/news/2021-06-black-hole-center-milky-mass.html

 

 

新技術

 

 

3.1 – 研究者は、パーキンソン病を患っている患者の脳活動を直接ワイヤレスで記録し、その情報を使用して、埋め込まれたデバイスによって提供される刺激を調整できるようになりました。 DBS(脳深部刺激療法)デバイスは、一日中各患者に適応するように改善されました。

https://www.technology.org/2021/05/04/researchers-wirelessly-record-human-brain-activity-during-normal-life-activities/

 

3.2 –実験システムにより、ホログラフィック画像を3D環境で正確かつ的を絞った方法で明らかにし、それらを動かし、さらにはそれらと相互作用することが可能になります。このテクノロジーは、宇宙に浮かぶ画像を作成します。それらは物理的なものであり、蜃気楼ではありません。

https://www.nature.com/articles/s41598-021-86495-6

 

3.3 – アミロイドフィブリルと鉄ナノ粒子を組み合わせた膜は、水によって伝染するさまざまなウイルスを排除します。エンベロープを持たないアデノウイルス、レトロウイルス、エンテロウイルスは排除され、H1N1インフルエンザウイルスやSARS-CoV-2も水から排除されます。この膜は、空気ろ過やマスクにも使用できます。

https://www.nature.com/articles/s41565-021-00920-5

 

3.4 – 3Dプリンターのおかげで、研究者たちは微細藻類からなるバイオインクをバクテリアセルロースに堆積させて生体物質を得ました。 この材料は植物の葉を模倣しており、たとえば宇宙コロニーで酸素とエネルギーを得るために使用できます。

https://www.3dnatives.com/materiau-vivant-photosynthetique-3d-050520213/#!

 

 

社会科学

 

4.1 – -家の近くに多くの鳥の種が存在することで、ヨーロッパ人の幸福のレベルが高まり、収入もそれに匹敵するほど増加します。

https://www.sciencedaily.com/releases/2020/12/201204110246.htm

 

 

マイトレーヤのコメント付き記事

 

5.1** –瞑想は、文化や経済的状況を超えた人間関係や性的満足に影響を与えます。無反応や気づきを持って行動するなどのマインドフルネスの要素は、強化された人間関係の経験と相関しています。マインドフルネスのさまざまな側面は、性的満足などの関係の異なる要素で重要な役割を果たすことができます。

https://www.psypost.org/2021/04/nonreactivity-and-acting-with-awareness-help-explain-the-positive-effects-of-mindfulness-on-relationship-functioning-60500

 

5.2** -断続的断食は、動物モデルの腸内細菌叢の組成を再形成することにより、高血圧を軽減するという点で有益です。この研究はまた、腸内毒素症(腸内細菌叢の破壊)が胆汁酸シグナル伝達を変化させることによって高血圧に寄与するという証拠を提供します。

https://medicalxpress.com/news/2021-04-fasting-lowers-blood-pressure-reshaping.html

 

Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages