ラエルサイエンスニュース 76aH 11・12月号

14 views
Skip to first unread message

tecchanstar

unread,
Jan 12, 2022, 6:52:19 AMJan 12
to rael-science-japan

1-生命科学

 

1.1 - 種子の植物胚を取り巻く組織である胚乳は、若い植物に移行するまで育成の役割を果たします。 しかし、それはまた、ホルモンを放出することによって植物の適切な発達に役割を果たします。

https://www.unige.ch/communication/communiques/en/2021/le-garde-manger-de-la-jeune-plante-la-protege/

 

1.2 – ニューロンチャネルの密度は、さまざまな哺乳類の脳で同じです。 しかし、それは人間の脳では非常に低く、よりエネルギー的に効率的であり、より大きなサイズの皮質を可能にします。

https://www.sciencealert.com/we-ve-just-found-a-fascinating-difference-between-human-brains-and-those-of-other-mammals

 

1.3 - チンパンジーのゲノムは、ヒトゲノムとわずか1.23%の違いがあります。 しかし、両方の種の脳細胞の成長は、DNAがさまざまな方法で使用されていることを示しています。本質的には「ジャンク」DNAであり、ゲノムの98%を占めています。 人間の脳の発達は、おそらく以前に考えられていたよりもはるかに複雑な遺伝的メカニズムで構成されています。

A cis-acting structural variation at the ZNF558 locus controls a gene regulatory network in human brain development - ScienceDirect

 

1.4 – 人々は現在、起きている時間のほとんどを人工光の条件で過ごしています。 研究によると、屋外で過ごす時間が長くなると、気分が良くなり、睡眠が良くなり、目覚めやすくなります。

Time spent in outdoor light is associated with mood, sleep, and circadian rhythm-related outcomes: A cross-sectional and longitudinal study in over 400,000 UK Biobank participants - ScienceDirect

 

1.5 – 顕微鏡、生化学、人工知能を組み合わせることにより、研究者はヒト腎臓細胞株に含まれる約70の成分を観察しましたが、その半分は不明でした。 これらは主にRNAに結合するタンパク質であり、遺伝子をタンパク質に変換し、どの遺伝子がいつオンになるかを決定するのに役立つスプライシングに関与していると考えられています。

A multi-scale map of cell structure fusing protein images and interactions | Nature

 

 

物理学  

 

2.1 - 私たちの太陽系は、電波で見える「磁気トンネル」に囲まれている可能性があります。 天の川の両側にある「北極スパー」と「扇状地帯」は、磁気フィラメントの広大なシステムによってリンクされている可能性があります。 これらは、太陽系と多くの近くの星の周りに1000光年のトンネルのような構造を形成します。

https://www.sciencealert.com/earth-may-be-surrounded-by-a-giant-magnetic-tunnel

 

2.2 - 亜原子粒子(この場合はチャーム中間子)は、通常の状態と反粒子の状態の間で可逆的に振動する可能性があります。 同じ粒子のこれらの2つのペンダントは、10〜38g異なる2つの質量を持っているため、素粒子物理学の標準モデルに疑問を投げかける可能性があります。

https://home.cern/news/news/physics/lhcb-measures-tiny-mass-difference-between-particles

 

 

新技術

 

 

3.1 ゼノボットはカエルの細胞から作られています。 細胞が集まって5日以内に約3000個の細胞の球体を形成すると、個々の細胞の塊が群れの中で一緒に働いて、皿の中の他の緩い細胞を一緒に押しているように見えます。 結果として生じた細胞の山は、徐々に新しいゼノボットを形成しました。

https://www.newscientist.com/article/2299252-living-robots-made-from-frog-cells-can-replicate-themselves-in-a-dish/

 

3.2 - 新しい処理ソフトウェアmdBG(Bruijnグラフ最小化スペース)は、生データからヒトゲノムを組み立てるのに必要な時間を大幅に改善します:24時間以上ではなく10分。

Minimizer-space de Bruijn graphs: Whole-genome assembly of long reads in minutes on a personal computer - ScienceDirect

 

3.3 – 新しいイメージング技術は、圧縮光を使用して、ナノメートルスケールで詳細なカラー画像を作成することに成功しています。 この技術により、ナノマテリアルの表面やプロセッサの電子回路を調べることが可能になります。

6 nm super-resolution optical transmission and scattering spectroscopic imaging of carbon nanotubes using a nanometer-scale white light source | Nature Communications

 

3.4 - プラスチックの一種である新しいエラストマーは、塩水や酸性水などの過酷な条件下でも数秒で自己修復します。 RUSSE(Rapid Underwater Self-healing Stiff Elastomer)と呼ばれるこの材料は、自己修復後も初期の強度を維持します。

A Stiff yet Rapidly Self‐Healable Elastomer in Harsh Aqueous Environments - Chen - - Advanced Functional Materials - Wiley Online Library

 

 

社会科学

 

4.1 - 実験で向かい合った2人がほほえんだり、笑ったり、見たり、模倣したりすることは、相互の魅力とはあまり関係がありません。 一方でお互いに惹かれあった2人の間の心拍数と手のひらの発汗量は同期していました。これらのパラメーターは、離散的で、無意識であり、調整が困難です。

https://phys.org/news/2021-11-heart-synchronization-palm.html

 

4.2 熱意、緊張、強さなどの感情は、2つの性別で異なって解釈されることがよくあります。 しかし、広く行われている性別の固定観念とは対照的に、女性は男性よりも感情的ではない、と研究者らは述べています。

https://neurosciencenews.com/male-female-emotion-19542/

 

4.3 – 考えすぎると、行動を起こす可能性が低くなります。 考えすぎると、非常に多くのオプション、選択肢、シナリオが作成されるため、意思決定ができなくなります。これは、分析の麻痺と呼ばれる概念です。

https://www.huffpost.com/entry/overthinking-effects_l_5dd2bd67e4b0d2e79f90fe1b

 

 

メッセージに沿った記事

 

5.1 – 砂漠のアリは、航空機のナビゲーションシステムと同様に、3つのナビゲーションシステムを採用しています。三角関数の数学的計算といったかなり高度な神経回路が、アリの脳にプログラムされています。新ダーウィン主義的な過程ではそれはありえません。

https://evolutionnews.org/2021/11/ants-do-trigonometry-a-problem-for-darwinism/

 

5.2 – 絶食すると、体は最初にブドウ糖を燃焼し、次にケトンを生成する貯蔵脂肪を消費することによってケトーシスに入ります。 ケトンは脳と心臓の健康的なエネルギー源であり、多くの病気と戦います。 断食の開始時に運動することにより、ケトーシスは3時間半以内に発生します。 ほとんどの人にとって、週に1回または2回、24時間以上断食することは完全に安全で健康的です。

The Effects of Exercise on β-Hydroxybutyrate Concentrations... : Medicine & Science in Sports & Exercise (lww.com)

 

Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages