「PyCon APAC 2013 in Japan」演題募集のご案内

37 views
Skip to first unread message

Yoshiyuki Nakamura

unread,
Jun 25, 2013, 10:06:22 AM6/25/13
to python-sapporo
Python札幌の皆様へ

中村です。ご無沙汰しております。

2013年9月13日~16日に開催される「PyCon APAC 2013 in Japan」の件で、
演題募集のお知らせが来ていましたので紹介します。


Python Conference Asia-Pacific 2013 in Japan 開催概要

------------------------
毎年日本で開催されている「PyCon JP」ですが、今年はアジア太平洋地域を対象にした「Python Conference
Asia-Pacific 2013 in Japan」として開催することになりました。

PyConは、世界各国で開催されているPythonにフォーカスした国際的なカンファレンスです。
国内外のPythonエンジニアが集まり、Pythonの楽しさを知り、参加者同士の交流を深めることを目指しています。


開催概要

イベント名
Python Conference Asia-Pacific 2013 in Japan(略称:PyCon APAC 2013 in Japan)

日程
チュートリアル 2013年9月13日(金)
カンファレンス 2013年9月14日(土)-2013年9月15日(日)
開発スプリント 2013年9月16日(月・祝)

場所
工学院大学 新宿キャンパス(http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/index.html

参加費
チュートリアル 有料(詳細は決まり次第お知らせします)
カンファレンス 有料(詳細は決まり次第お知らせします)
開発スプリント 無料

テーマ
The year of Python

公式サイトURL
http://apac-2013.pycon.jp/


昨年同様、基調講演として著名なゲストをお二方お招きいたします。また、英語の発表トラックも同様に用意いたします。参加者が実際に手を動かしてPythonの楽しさを実感できる機会として、開発スプリントも引き続き開催します。

さらに、カンファレンスの前日に初心者向けのチュートリアルを一日開催し、Pythonを学ぶ場をご提供します(チュートリアルの詳細については近日中にお知らせします)。

また、開催のお知らせに併せて、「Call for Proposals(演題募集)」、「スポンサー募集」も行なっています。

Call for Proposalsの詳細・申し込み先はこちらです。Pythonエンジニアの皆さん、この機会に日ごろの成果を発表してみてはいかがでしょうか?
http://apac-2013.pycon.jp/ja/speakers/cfp.html

スポンサーの詳細・申し込み先はこちらです。日本のみならずアジア太平洋地域に向けて自社のアピールをしたい企業様は、ぜひご検討ください。
http://apac-2013.pycon.jp/ja/sponsors/index.html


今年の干支はPythonのマスコットと同じく「へび」ということで、12年に1回の特別なイベントになるよう、スタッフ一同準備を進めています。

ぜひご期待ください!
--------------

以上、よろしくお願いいたします。

--
Yoshiyuki Nakamura
E-mail: nakay...@gmail.com
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages