ネットを見るのが億劫です。

144 views
Skip to first unread message

ともとも

unread,
Nov 8, 2016, 12:44:32 PM11/8/16
to ネパール 「身の上相談」
はじめまして。
私が今からお話しすることは相談とはいえないかもしれません。
私の彼氏はネパーリです。付き合ってから2年が経ちます。彼は大学生で当然アルバイトもしています。私も同じく大学生で実家暮らし、そしてアルバイトしています。お互い忙しいながらも二人で休みをあわせてデートをし、寝る前には欠かさず電話をして、いつもLINEのやり取りも欠かしません。
彼はFacebook、Instagram、Twitter、lineあらゆるSNSで私達の関係をオープンにし、家族はもちろん彼の故郷の友人たちもみんな私達が恋人同士であることを知っています。
大学の長期休みには彼の実家にお邪魔しました。彼の実家はカトマンズ。お父さんはとある会社とホテルの経営、その他の小さなビジネス(お金をもらって家のワンフロアを貸したり、金貸しをして利息をもらったり)などをこなす努力家です。
ご両親は私達の関係を祝福してくれて、息子のことをよろしくお願いしますと言ってくれました。

私は彼に絶大な信頼と深い愛情をもっています。
しかし、ある日本人は「発展途上国は重婚が普通だから」とか「お金のないネパーリたちは簡単に嘘つくから」と言います。
それらの類いの話を聞くと激しい憤りと、彼らの凝り固まった固定観念をどうにかしてやりたいと思います。結婚詐欺にあうのは大体の場合、被害者本人の相手のことをよく知ろうとしない無用心さも関係していると思います。防ぎようはいくらでもあると思うのは私だけでしょうか...
しかし、どうしてなのか、馬鹿な私は気づくとGoogle検索で「ネパール 結婚詐欺」と調べ、そこにある数多くの騙された事例を目にして戸惑ってしまいました。口では反論しておきながら、いざそのような事例を見ると心なしか不安感が沸き上がってきます。
そしてとうとう彼に聞いてしまいました。
「あなたはネパールに妻子がいる?」と。
彼のその時の表情は今まで付き合った2年間で見せたこともないような悲痛と絶望と怒りが入り交じったものでした。そのときはじめて、彼からビンタをされました。彼は泣いていました。
「重婚?そんなことネパールでやるやつは社会府適合者として一生涯消えないレッテルを貼られるよ。そんなこと私がするように見えたのか?本当に悲しい。この愛はそんな簡単な愛じゃないし、そんなことを許す愚かな家庭にも生まれていない」と言われました。
いま考えてみれば、彼のご両親に会う前もさんざん彼から「僕は発展途上国の人間だ。経済大国の日本にすむあなたが体裁が悪くなったりあなたに不都合なことがあるなら別れてほしい、僕に着いてきてくれるなら一緒に両親に会ってくれ。どうする?」となんども聞かれました。私は心から愛していたので彼といきることを伝え共にネパールのご両親に挨拶しに行きました。
そこまで堅実で誠実な人を、所詮はネットの情報、いくつかの事例(結婚詐欺にあうのはもちろん女性側の慎重さに欠ける部分もあると思います)が原因で傷つけてしまった。
また同時に、ネットの情報に対する不信感のようなものも生まれました。
あるサイトには「ネパールは重婚に寛容的」と書いてあります。彼氏は「重婚をする人は社会府適合者扱いされる」といいます。この二者の主張は月とすっぽんのように違います。
また、結婚が儀礼的なものを行うだけで成立してしまうというネットの情報も彼は否定していました。

結婚する上で彼の宗教や国の文化をよく理解することは大切だと思いますが、同時に巷に溢れているネットの情報が古いもしくは間違っているということも危惧しています。
現に私が安易にいった発言で彼は深く傷つき、今もすこし気まずい状況です。

どうしてネットではこんなにも被害者にfocuse onされていて、見ると不安になる情報ばかりが溢れかえっているのでしょうか。
重婚は悪いと認識しているネパールの方々がたくさんいるにも関わらず「重婚は普通にある。重婚に慣用的」という文句が溢れているのでしょうか。
被害者のかたが自分のみに起きた被害をすべてのネパール人に当てはめているように思えてなりません。こんなことを言って申し訳ありません。ですがネットというのは匿名で何でも言えてしまう場所なので怖いなと思います。

空の下ミキ

unread,
Nov 9, 2016, 2:16:38 AM11/9/16
to ネパール 「身の上相談」
ともともさんへ

正直なお気持ちをありがとうございました。私自身、ネパールと関わって31年目。ネパール人との結婚生活は今年銀婚式を迎えました。ですから、これから希望を持って、素晴らしいネパール男性と愛情をはぐくんでおられる若い方(私の息子・娘世代だと思います)のことを応援しています。

ネットには何故「悲観的な話」が多いのか?ひとつには、そのような現実があって死ぬほど悩んでおられる方がいらっしゃること。同時に、「私はこんなに幸せです」「ネパールはこんなに立派な人たちがいます」という情報を発信される方が少ない現実もあるのではないでしょうか?このフォーラムに限れば、元々「身の上相談」と銘打っており、誰にも話せない種類のトラブル相談が集まるのは仕方ないことです。私が主催者として気をつけているのは、
1.相談者の方の心身が壊れてしまわないこと。思いやり、最大限に共感を表明する。
2.独りで悩まず、周囲や行政、専門家の助けを求めること(必要に応じて)。
3.恋愛の魔術から一歩離れて、自分を冷静に見つめること。
4.片方からだけの相談や説明だけであることを肝に銘じ、もう片方にも「言い分」はあるであろう事を忘れないで回答すること。
です。

それにしても、そんな立派な方と出会えたのに、何故そんなに不安なのですか?あなたの抱える問題はネットにではなく、ご自分の心の奥底にその解決策があるように見えます。

ネット、新聞、テレビ。書かれたり放送されていることは、全て真実ですか?そうではありません。特に玉石混淆のネットや、バラエティ番組など。本当のように見え嘘。嘘の中の真実。見極める姿勢、知性、理性、人生経験が必要です。メディア・リテラシー、ネット・リテラシー。ですね。ネットが悪いのではなく、使い方の問題です。よく切れる包丁で指を切ったと云って、「研いだ包丁が悪い」とは云わないでしょう。足りないのは、道具を使いこなせない自分です。

ネパールでいろんなネパール人、日本人を見てきて思うのは、恋人や夫やその家族を通じたネパール社会しか知らないと、苦しそうだなあ。と云う事。ネパールは小さいようで広く、奥深いです。ネパール人と長く家庭生活を営んでいる日本人を見ますに、自分独自のネパール人脈や価値観を持っています。ネパール社会や歴史に対する造詣もあります。もちろん、言葉も出来ます(ネパール語、英語など)。広くネパール社会の中で、自分たちのことを客観的に判断できること。非常に大切です。

お母さん世代の私が、あなたのことをよく知らずに、偉そうに書いているかもしれません。ひとつだけ信じてください。あなたの幸せを、カトマンズから祈ってこの文章を書いています。

ともとも

unread,
Nov 9, 2016, 3:40:08 AM11/9/16
to nepal...@googlegroups.com

とてもご丁寧な返信ありがとうございます。
被害に合われた方々の暴力的な発言、強い口調、ネパール人そのものを否定するような物言いに強く憤りを感じるとともに、またその発言に心なしか動揺している自分の情けなさで複雑な心境でした。

彼に対する愛と私が受け取る愛。そこに確信があるのなら怯える必要などどこにもないと今深く反省しています。
うわべの愛情と真の愛には大きな違いがあってそれを見極める力はきっと誰もが持っているものだと思います。
でも、自分のプライドが邪魔して例えそれが浅い愛情でも、深く愛されていると考えたくなってしまう。それが最終的に結婚詐欺などというものに結び付くのではと思っています。本当に人を愛せば二人妻が欲しいとは考えません。

自分のプライドなど捨てて、冷静になって彼の振る舞いを見たときに、それが真の愛か偽りかわかるものだと思います。

そして冷静になって考えてもやはり私は彼の愛は本物だと断言できます。彼の存在は神様のくれた贈り物だとも思えます。
どうして自分があんな質問をしてしまったのかわかりません。馬鹿でした。軽率でした。

彼にはこんなにも愛しているのに私の愛は足りないのかと言われました。愛は信用がないと成り立たない。信用できないなら別れてほしいとまで言われました。
私のために前よりもさらにバイト時間を増やしてデート代を捻出してくれる彼、いつも私が1日3食ご飯を食べ風邪を引いてないか心配してくれる彼、いつも荷物を持ってくれる彼、私がなけなしのお金であげたネックレスをいつも着けて学校にいく彼、電話の終りにはいつもlove youを欠かさない彼、結婚の時には自分の血であなたの額にティカをするとまで言ってくれた。これ以上ないというほどの深い愛情。彼は私のすべてです。
彼にはあらためて謝罪し、周りの情報ばかりでなく自分の目で見てきたもの、心で感じたものを信じて、自分の心に素直に生きていこうと思います。
本当にありがとうございました。


2016/11/09 16:16 "空の下ミキ" <upr...@yahoo.co.jp>:
--

---
このメールは Google グループのグループ「ネパール 「身の上相談」」に登録しているユーザーに送られています。
このグループから退会し、グループからのメールの配信を停止するには nepalminoue+unsubscribe@googlegroups.com にメールを送信してください。
その他のオプションについては https://groups.google.com/d/optout にアクセスしてください。

空の下ミキ

unread,
Nov 9, 2016, 5:13:58 AM11/9/16
to ネパール 「身の上相談」
つきあい始めて2年。しかもお互い学生。先はまだまだ長いです。社会に出て、そして良い人ばかりではない日本とネパールの世間にもまれて、20年、30年、ずっと継続する愛情と尊敬に包まれた関係を続けられたとき。お二人の愛情が本当の光を放ちます。今はまだ、自分に対して、相手に対して、世の中に対して謙虚であることが大切な時期だと思います。

そして、ネパール人との関係で辛い目に遭っている皆さんに。このフォーラムは皆さんをいつでも受け入れます。遠慮はご無用です。思いの丈をどんな言葉を使っても、さらけ出すことから、救いは始まると信じています。

ともとも

unread,
Nov 9, 2016, 9:18:21 PM11/9/16
to nepal...@googlegroups.com

そうですね。まだお互いに学生ですし、お互いの国の文化や宗教を理解しあいながら歩んでいけたらと思っています。

ところで、疑問があるのですがヒンズー教というのはムスリムとは違って特別な理由がない限り重婚は違法ですよね。
私がカトマンズを訪れて彼の家族やご親族の方々にお会いしたときも皆さん夫婦仲睦まじく暮らしていらっしゃいました。
ヒンズーの方々は日本人はと違って宗教が生活と密接にかかわっていて、牛肉は食べない、酒やタバコも駄目ということで、その規律を多くの人たちが守っていますよね(そうでない人もいますが)。ネパールも発展して、今や多くの人が大学に進学していると思います。中には海外に出て進んだ教育を受けている方々もいます。
「重婚は違法」とされているのにその規律は案外簡単に破ってしまうものなのですか?


2016/11/09 19:13 "空の下ミキ" <upr...@yahoo.co.jp>:
つきあい始めて2年。しかもお互い学生。先はまだまだ長いです。社会に出て、そして良い人ばかりではない日本とネパールの世間にもまれて、20年、30年、ずっと継続する愛情と尊敬に包まれた関係を続けられたとき。お二人の愛情が本当の光を放ちます。今はまだ、自分に対して、相手に対して、世の中に対して謙虚であることが大切な時期だと思います。

そして、ネパール人との関係で辛い目に遭っている皆さんに。このフォーラムは皆さんをいつでも受け入れます。遠慮はご無用です。思いの丈をどんな言葉を使っても、さらけ出すことから、救いは始まると信じています。

--

空の下ミキ

unread,
Nov 10, 2016, 10:31:17 PM11/10/16
to ネパール 「身の上相談」
確かに、ネパールにも近代的な民法があり、いくつかの例外を除いて「重婚」は法律で禁止されています。これに抵触し、告発された場合、警察に逮捕拘束され起訴されます。公務員などの公職に就いている場合は、職を失うとも聞きます。

しかしですね、ネパールでは法律と同じくらい、風習や過去の因習も力を残しています。社会が近代化してまだ年数も浅く(今、まさに近代化が進んでいるとも言えます)、過去ヒンズー教でも認められてきた一夫多妻を容認する価値観も払拭されていません。何人もの妻を同等に大切にして、複数の妻がいる家庭をきちんとマネジメントできる経済力、人間力のある男性が素晴らしい存在として評価されてきた価値観が、未だ存在します。日本の戦国時代とか、江戸時代と似ていますね。

加えて、法律を遵守しなくてはならないという価値観が、ネパールをはじめとする途上国ではどの程度徹底されているか?考慮する必要があります。社会正義が担保されない社会では、法律を遵守するばかりでは馬鹿を見る。という価値観も一般的です。

日本をはじめ外国に単身で滞在するネパール人男性の場合、さみしい。という事もあるでしょう。これはネパール人に限らず、単身赴任中の日本人だって、家庭がありながら赴任先で恋愛してしまうことはよく聞きますよね。

日本とネパールの同様な部分、異なる部分。知ることが大切と感じます。

ともとも

unread,
Nov 10, 2016, 11:00:42 PM11/10/16
to nepal...@googlegroups.com

なるほど。とても参考になりました。
私の彼氏のご親族には政府関係者もいらっしゃるため、特に法に触れるようなことには厳格で厳しい様子です。

国籍や宗教に限らず、身寄りもなく一人で知らぬ土地で暮らすというのがいかに寂しいかはよく理解できます。結婚詐欺はよろしくありませんが、出稼ぎにきて日本の恵まれた環境を目の当たりにして黙々と仕事をこなすことの辛さはどれ程のものかなと考えされられます。

貴重なお話ありがとうございました。


2016/11/11 12:31 "空の下ミキ" <upr...@yahoo.co.jp>:
--
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages