Sites!

閲覧: 112 回
最初の未読メッセージにスキップ

john shevron

未読、
2007/03/29 17:13:332007/03/29
To: na...@googlegroups.com
“–•û‚ªƒAƒ‰ [ƒg‚É‚Ä’m‚Á‚½ƒEƒFƒuƒTƒCƒg‚Å‚· B
‚Ü‚¸ A”² ˆ æ‚̃TƒCƒgURL‚̈ꗗ A‘±‚¢‚Ä ™‚Ì‚ ‚éƒEƒFƒuƒTƒCƒg‚©‚ç‚Ì”² ˆ‚Å‚· B
EƒTƒCƒg–¼
EƒTƒCƒgURL
EƒTƒCƒg“à‚̃eƒLƒXƒg”² ˆ
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
™“dŽ¥”g“™‚É‚æ‚é”Æ ß”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
http://www7.plala.or.jp/london/
™STOP Mind Control(STOPƒ}ƒCƒ“ƒhƒRƒ“ƒgƒ [ƒ‹)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/syakai/
™“d”g”Æ ß”íŠQŽÒ‚Ì“úŽ
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/daily/
‚Ü‚½‚Í
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/archive/200703/
W’cƒXƒg [ƒJ [‚Æ‘g D“IƒXƒg [ƒJ [‚Ì”íŠQŽÒŽx‰‡ƒTƒCƒg
http://www.geocities.jp/antistalker2004/main.htm
“dŽ¥”g‚É‚æ‚é”Æ ß‚ÌƒgƒŠƒbƒN E î•ñ E‘¼
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
“dŽ¥”g“™‚É‚æ‚é”Æ ß”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
http://www7.plala.or.jp/london/
Œ» Ý A“dŽ¥”g“™‚Ì‘€ ì‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚ÆŽv‚í‚ê‚é [ ‚È”Æ ß”íŠQ‚ðŽó‚¯‚Ä‚¢‚Ü‚· BŒ»‘ãŽÐ‰ï‚É‚¨‚¢‚Ä‚±‚̂悤‚È‚±‚Æ‚ª•½‘R‚Æ s‚í‚ê
‚Ä‚¢‚é‹Á‚­‚ׂ«ŽÀ‘Ô‚ðŠF—l‚É‚²•ñ ‚¢‚½‚µ‚Ü‚· B ¡Œã A‚±‚Ì“dŽ¥”g“™‚̃ ƒJƒjƒYƒ€‚ª‰ð–¾‚³‚ê‚é‚Æ‚Æ‚à‚ɔڗò‚È”Æ ßŽÒ W’c‚Ì‘¶
Ý‚ª–¾‚ç‚©‚É‚³‚ê‚邱‚Æ‚ð M‚¶‚Ä A ¡Ž„‚ɑ΂µ‚Ä s‚í‚ê‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ð‚ ‚è‚Ì‚Ü‚Ü‚É‹L q‚µ‚Ü‚· B
œ º‚ð•·‚©‚¹‚é
@•½ ¬‚P‚R”N‚TŒŽ A —‚Ì º‚Å ‰‚߂Ęb‚µ‚©‚¯‚ªŽn‚Ü‚è‚Ü‚µ‚½ B‚»‚Ì º‚Í’®Šo‚ð’Ê‚µ‚Ä•·‚±‚¦‚é‚Ì‚Å‚Í‚È‚­ A“ª‚Ì’†‚É’¼ Ú•·‚±‚¦
‚銴‚¶‚ª‚µ‚Ü‚µ‚½ BˆÈ—ˆ AŒ» Ý‚Ü‚Å•¡ ”‚Ì’j —‚É‚æ‚éŽl˜ZŽž’†‚ÌŽ· X‚Șb‚µ‚©‚¯‚ª‘±‚¢‚Ä‚¢‚Ü‚· B“ú‚É‚Q C‚R l‚Ì —‚Ì º‚Řb‚µ
‚©‚¯‚Ä‚«‚Ü‚· B‚»‚ê‚ç —‚Ì º‚É ¬‚¶‚Á‚Ä’j‚Ì º‚Řb‚µ‚©‚¯‚ª‚ ‚è‚Ü‚· B˜b‚Ì“à—e‚Æ‚µ‚Ä‚Í‹º‚µ Aˆ«ˆÓ‚Ì•\–¾ A‚ ‚´‚¯‚肪Žå‚Å A
˜b‚Ì—v Š X‚Å ‚“x‚È‹Z p‚ð Š—L‚µ‹ìŽg‚Å‚«‚é”Þ‚ç u”Æ ßŽÒ W’c v‚ւ̈ؕ| E‹ü•ž‚ð‹­—v‚µ‚Ü‚· B o‹Î‚·‚邱‚Æ AŽÔ‚ð‰^“]‚·‚邱
‚Æ A•—˜C‚Ö‚Í‚¢‚邱‚Æ A–°‚邱‚Æ‚È‚Ç“ú í‚Ì—l X‚È s“®‚ɂ‚¢‚Ä‹ÖŽ~‚µ A u E E‚ð‚·‚é‚Æ‚Ô‚ÁŽE‚· A‰Æ‘°‚𔪂—ô‚«‚É‚·‚邼 v
‚È‚Ç‚Ì‹º‚µ‚ª‘±‚«‚Ü‚· B
œ Œ©‚é
@Ž„‚ªŒ©‚Ä‚¢‚é‚à‚Ì‚ð u º‚ÌŽå v‚Í“¯Žž‚ÉŒ©‚Ä‚¢‚Ü‚· B ¡Œ©‚Ä‚¢‚é‚à‚̂ɂ‚¢‚ĉï˜b‚Ì’†‚ɃŠƒAƒ‹ƒ^ƒCƒ€‚ÉŽæ‚è“ü‚ê‚Ä‚«‚Ü‚· B
•¶Žš A‹å“Ç“_ A‚»‚Ì‘¼ ׂ©‚¢•¨‚Ü‚ÅŒ©‚¦‚é‚悤‚Å A“Ç‚ñ‚Å‚¢‚é‚à‚Ì‚Ì“à—e‚ɂ‚¢‚Ęb‚ÉŽæ‚è“ü‚ê‚Ä‚«‚Ü‚· B–” A F‚ɂ‚¢‚Ä‚à‚í
‚©‚é‚悤‚Å‚· BŽ„‚Í‚¢‚Â‚àŠ®‘S‚É u“z“™ v‚ÌŠÄŽ‹‰º‚É‚ ‚è‚Ü‚· B
œ •·‚­
@Ž„‚ª•·‚¢‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ð u º‚ÌŽå v‚Í•·‚¢‚Ä‚¢‚Ü‚· B‚»‚Ì‚±‚Æ‚ðƒŠƒAƒ‹ƒ^ƒCƒ€‚ɘb‚µ‚ÉŽæ‚è“ü‚ê‚Ä‚«‚Ü‚· B
œ ‚í‚©‚é
@Ž„‚ªŒû‚Ì‚È‚©‚ł‚Ԃ₭‚±‚Æ A ¬‚³‚¢ º‚Řb‚·‚±‚Æ A“àŒ¾ŒêŒn‚ł‚Ԃ₭‚±‚Æ‚ð u º‚ÌŽå v‚̓ŠƒAƒ‹ƒ^ƒCƒ€‚É•·‚­‚±‚Æ E—¹‰ð
‚·‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B‚»‚Ì‚±‚Æ‚É‚æ‚è u º‚ÌŽå v‚Ƃ̉ï˜b‚ª ¬—§‚µ‚Ü‚· B‚Ü‚½ AŽ„‚ª l‚¦‚é“à—e‚ð—¹‰ð‚³‚ê‚Ä‚µ‚Ü‚¢ A u º‚ÌŽå
v‚͘b‚µ‚©‚¯‚Ì’†‚ÉŽæ‚è“ü‚ê‚Ä‚ ‚´‚¯‚è E‹º‚µ‚Ì Þ—¿‚É‚µ‚Ü‚· B
œ ‹L‰¯‚ð‚Ƃ肾‚·
@Ž„‚Ì ¬‚³‚¢‚Æ‚«‚©‚ç Å‹ß‚Ü‚Å‚Ì‹L‰¯‚ð u“z“™ v‚ÍŽæ‚è o‚µ A‰ð Í‚µ‚Ä‚¢‚é‚悤‚Å‚· BƒAƒgƒ‰ƒ“ƒ_ƒ€‚ÉŽ„‚ÌŽ‹–ì“à‚Ì•¨‚ÉŠÖ˜A‚µ
‚Ä‚»‚ê‚ɂ܂‚í‚é‹L‰¯‚Ì“à—e‚𠳊m‚É u º‚ÌŽå v‚ÍŒ¾‹y‚µ‚Ü‚· B‚Ü‚½ A‚³‚è‚°‚È‚¢”÷ ׂȋL‰¯‚ɂ‚¢‚ÄŒ¾‹y‚µ‚½‚Æ‚« u º‚ÌŽå v
‚Í A‚»‚ÌŽæ‚è o‚µ‹Z p‹y‚ÑŠÖ˜A‚µ‚½”÷ ׂȋL‰¯‚ÉŒ¾‹y‚Å‚«‚é‹Z p‚ðŽ©– ‚·‚邱‚Æ‚ª‚½‚Ñ‚½‚Ñ‚ ‚è‚Ü‚· B
œ ’É‚Ý‚ðŠ´‚¶‚³‚¹‚é
@ g‘Ì‚Ì”CˆÓ‚Ì ê Š‚É’É‚Ý‚ðŠ´‚¶‚³‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B•à s’†‚É _Œo’ɂ̂悤‚È‹­‚¢’É‚Ý‚ðä\‹Ø‚ÉŠ´‚¶‚³‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·
B“ª’É A‹¹’É AˆÝ’É AŠÖ ß’É‚È‚Ç’É‚Ý‚ðŒ™‚ª‚点‚ÉŽg‚¢‚Ü‚· BŒC‚Ì’†‚É ¬ ΂ª‚Í‚¢‚Á‚Ä‚»‚ê‚𓥂ñ‚¾‚悤‚ȉs‚¢’É‚Ý‚ð ì‚邱‚Æ
‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B
œ ‰f‘œ‚ð‚Ý‚¹‚é
@–Ú‚ðŠJ‚¢‚Ä‚¢‚é‚ ‚é‚¢‚͕‚¶‚Ä‚¢‚é ó‘Ô‚É‚©‚©‚í‚炸 AŽ‹–ì“à‚ɉf‘œ‚ð‚Ý‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· BŒã q‚µ‚Ü‚·‚ª–S‚­‚È‚Á‚½•ƒ e
‚ÌŽp‚È‚Ç‘½‚­‚̉f‘œ‚ð‚Ý‚¹‚ç‚ê‚Ü‚µ‚½ B‚±‚̉f‘œ‚Í ÃŽ~‰æ E“®‰æ‚È‚ÇŽ© Ý‚É‚Å‚«‚Ü‚· B‚Ü‚½ A F‚̓‚ƒmƒNƒ EƒJƒ‰ [‚È‚Ç‘½ Ê‚Å
‚·‚ª A‘S‘Ì“I‚É”–‚ß‚Å‚· B‘¦‹»‚Å‚·‚êˆá‚Á‚½ l‚ÌŠç‚ðŽ‹–ì“à‚ÉŽÊ ^‚̂悤‚ɉf‚µ o‚·‚±‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B
œ Ž‹–ì‚Ì–¾‚邳‚ð•Ï‰»‚³‚¹‚é
@‚ ‚½‚肪‚ ‚é’ö“x‚í‚©‚é’ö“x‚ÌˆÃˆÅ‚Ì ó‘Ô‚ð‘S‚­‚ÌŽ½ •‚̈łɕς¦‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· BŒã q‚µ‚Ü‚·‚ª A‚±‚ê‚Å‹A‘î“r’†‚É—p …
˜H‚É“]—Ž‚³‚¹‚ç‚ê‚Ü‚µ‚½ B–éŠÔ Aƒ‹ [ƒo [‚©‚ç˜R‚ê‚Ä‚­‚éŠX“”‚ÌŒõ‚ð X‚É–¾‚é‚­Š´‚¶‚³‚¹ A‚ ‚é‚¢‚͈­‚³‚¹ AŒõ‚ƈ¢•”•ª‚ð
”½“]‚³‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B‚Ü‚½ A“ú’† A‚Ü‚Ô‚µ‚³‚ð‘ ‰Á‚³‚¹ A‚ ‚½‚è‚ðŒ©‚¦‚È‚­‚³‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B‚Ü‚½ AŽ‹–ì‚̈ꕔ‚ð
Œ‡‚¯‚³‚¹Œ©‚¦‚È‚­‚³‚¹‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B
œ ‰¹‚ð•·‚©‚¹‚é
@‚¢‚₪‚点‚ɉႪƒu [ƒ“‚Ƌ߂¢‚Ä‚­‚鉹‚ðƒŠƒAƒ‹‚É•·‚©‚¹‚Ü‚· B V’z‚µ‚½‰Æ‚Ì“Vˆä‚©‚çƒhƒ“ƒhƒ“‚Ɖ¹‚ªŽn I o‚Ä‚¢‚é‚悤‚É
•·‚©‚¹ A‚¨‚Ñ‚¦‚³‚¹‚Ü‚· B”ނ炪‰¹‚ðŽ„‚É•·‚©‚¹‚½ ê ‡ AŠOŠE‚Ì–{•¨‚̉¹‚Æ‹æ•Ê‚ª‚‚«‚Ü‚¹‚ñ B•·‚±‚¦‚éˆÊ’u‚ð“ª‚Ì ^’† A‘O•û
AŒã•û AŽ¨‚̈ʒu‚ÆŽ©—R‚É‚©‚¦‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚· B

2006”N03ŒŽ15“ú( …) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
3ŒŽ13“ú‘ ’© AŽ{ Ý‚©‚ç“d˜b‚ª‚ ‚è•ê e‚ªŽº“à‚Å“]“|‚µ‚ĉö‰ä‚ð‚µ‚½‚悤‚¾‚Æ‚Ì‚±‚Æ B‹~‹}ŽÔ‚Å‹ß‚­‚Ì‘ ‡•a‰@‚ɉ^‚΂ꃌƒ“ƒg
ƒQƒ“‚ðŽB‚Á‚½‚Æ‚±‚ë‘å‘Ú•” œ Ü‚Å‚µ‚½ B‚¢‚‚à‚̃Nƒ\ —‚ª ΂¢‚È‚ª‚ç u‘_‚¢‚ð’è‚߂Ĉø‚«“|‚µ‚½ v‚ÆŒ¾‚¢‚Ü‚µ‚½ B u ‡•¹ Ç‚Å‚·
‚®‚ÉŽE‚µ‚Ä‚â‚é v‚Æ‚àŒ¾‚¢‚Ü‚µ‚½ B ¡“ú AŒŒ ð—V—£—\–h‚Ì‚½‚߃tƒBƒ‹ƒ^ [‚ð Ö¬“à‚É Ý’u‚µ A–¾“úŽè p‚Ì—\’è‚Å‚· B”] [ Ç‚ÌŒŒ
—¬‚ð—Ç‚­‚·‚é–ò‚ð â‚Á‚Ä4“ú–Ú‚ÅŽè pŽž‚Ì oŒŒ‚ª S”z‚Å‚· B–” AŒŒ ð‚à S”z‚Å‚· B ¶‚«‚½ S’n‚ª‚µ‚Ü‚¹‚ñ B“z“™‚Í•ê e‚Ì’s•ð‚Ì
Ç ó‚ð‹­‚­ o‚³‚¹ Aƒxƒbƒg‚Ì ã‚ÅŽè‘Ü‚ð‚³‚¹‚ç‚ꂽ ã‚Å A—¼‘¤‚Ì ò‚ɌŒè‚ð‚³‚ê‚é ó‘Ô‚É‚³‚¹‚Ä‚¢‚Ü‚· B‚Ü‚½ A•½ ¬17”N9ŒŽˆÈ
~–ˆ“ú A•M ã‚É s‚­‚¹‚È‚¢‚Ù‚Ç“z“™”Æ ß‘g D‚ɋꂵ‚ß‚ç‚ê‚È‚ª‚ç ¶Šˆ‚ð‚µ‚Ä‚«‚½‚±‚Æ‚ð•ñ ‚µ‚Ü‚· B
2004”N03ŒŽ18“ú(–Ø) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
u‰ä X‚ð‚È‚ß‚é‚Æ‚µ‚傤‚¿‚µ‚Ë‚¦‚¼ B‚Ü‚¸‚Í‚¨‚Ó‚­‚ë‚ð i‚ß‚Ä‚â‚낤‚© B v u”\‚ª‚Ë‚¦‚È‚  A‚¨‚Ü‚¦‚Í B‰ä X‚ð‚‚Ԃ·‚‚à‚肪
‚½‚¾‚̔ߖ‚𠑂¢‚Ä‚¢‚邾‚¯‚¶‚á‚ ‚Ë‚¦‚© B v ¡ AŒßŒã11Žž35•ª B‚¢‚‚à‚Ì”Æ ß‘g D‚Ì —‚̃ZƒŠƒt‚Å‚· B‚±‚Ì‚Æ‚±‚ë1 TŠÔ‚Ù‚Ç
—[ H‚ð‚Æ‚é‚Æ–°‚炳‚ê‚Ä‚µ‚Ü‚¢ AŒß‘O1Žž  ‹N‚±‚³‚ê A–°‚点‚È‚¢‚悤‚É–Ò—ó‚ɘb‚µ‚©‚¯‚ª‘±‚¯‚½‚è A‚»‚ê‚Å‚à‚©‚܂킸–°‚낤
‚Æ‚·‚é‚Æ–²‚ð‹­ §“I‚ÉŒ©‚¹‚ç‚ꂽ‚肵‚Ä‚©‚È‚è‚«‚‚¢ ó‘Ô‚ª‘±‚¢‚Ä‚¢‚Ü‚· B —‚ª u‰ä X‚Í‹Œƒ\˜A »‚Ì‚ðŽg‚Á‚Ä‚¢‚é B ¶—ƒ‚¾ B v
‚Æ‚Æ‚«‚Ç‚«Œû‘–‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚· B ^‹U‚Ì‚Ù‚Ç‚Í•ª‚©‚è‚Ü‚¹‚ñ‚ª B‚½‚Ô‚ñ A ­‚µ‚½‚‚Ɣ½‘΂̂±‚Æ‚ðŒ¾‚¤‚Å‚µ‚傤 B
2004”N02ŒŽ25“ú( …) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
‚QŒŽ17 E18 E24 E25“ú‚Æ A”Æ ß W’c‚É‚æ‚éƒ}ƒCƒ“ƒhƒ}ƒVƒ“(“dŽ¥”gŽg—p‚É‚æ‚é”Æ ßƒ}ƒVƒ“)‚É‚æ‚é UŒ‚‚ðŽó‚¯‚Ä E ê‚ð‹x‚Ý‚Ü‚µ‚½
B“¯—»‚É–À˜f‚ð‚©‚¯‚Ä \‚µ–ó‚È‚¢‹CŽ ‚¿‚Å‚¢‚Á‚Ï‚¢‚Å‚· B‚±‚Ì sˆ×‚Í‚QŒŽ‚P‚T“ú•ñ ‚Ì”Æ ß sˆ×‚ɘA‘±‚·‚é‚à‚Ì‚Å‚· B–Ò—ó‚È‹¹
(”xŽü•Ó)‚Ì’É‚Ý AŠ¦‹C AŒÄ‹z ¢“ï A‘« ˜‚Ì‚Ó‚ç‚‚«‚É P‚í‚ê‚Ü‚µ‚½ B ŠQ ß‚Ì \ ¬—vŒ ‚ð–ž‚½‚·‚à‚Ì‚Å‚· B
2004”N01ŒŽ18“ú(“ú) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
¬ oƒGƒŠ [ƒi’˜ uƒAƒ ƒŠƒJ‚̃}ƒCƒ“ƒhƒRƒ“ƒgƒ [ƒ‹ EƒeƒNƒmƒ ƒW [‚Ì i‰» v“Œ‹ž } ‘ o”ʼn s‚ð“Ç‚Ý‚Ü‚µ‚½ B‚±‚±‚É ‘‚©‚ê‚Ä
‚¢‚é‰ÁŠQŽÒ‚Ì”Æ ßŽè–@‚Í AŒ» Ý AŽ„‚ªŽó‚¯‚Ä‚¢‚é”Æ ß”íŠQ‚Æ“¯‚¶‚à‚Ì‚¾‚ÆŽv‚¢‚Ü‚µ‚½ B‚±‚ê‚ð“Ç‚Þ‚Æ“dŽ¥”g“™‚ðŽg‚Á‚½”Æ ß‚ÌŒn
•ˆ‚ª•ª‚©‚è‚Ü‚· B”íŠQŽÒ‚Ì•û‚Í ¥”ñ‚¨“Ç‚Ý‚­‚¾‚³‚¢ BƒAƒ}ƒ]ƒ“‚ÅŽè‚É“ü‚è‚Ü‚· B
2004”N01ŒŽ04“ú(“ú) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
‚P“ú‚Ì‘å•”•ª AŽ„‚ɘb‚µ‚©‚¯‚Ä‚¢‚éƒNƒ\(”Æ ß‘g D‚Ì —)‚Í‚½‚Ô‚ñ º—D‚©”o—D‚Ì’[‚­‚ê‚Å‚µ‚傤 B”íŠQŽÒ‚P l‚ɂ‚« ” l‚Å‚â‚Á‚Ä
‚¢‚é‚悤‚Å A‚±‚¢‚‚ç‚ðŽ”‚¦‚é‚Æ‚±‚ë‚ð‚Ý‚é‚ÆŽ‘‹à‚Í ‘ò‚Ȃ悤‚Å‚· B”íŠQŽÒ‚Ì•û‚Í‚²‘¶’m‚¾‚ÆŽv‚¢‚Ü‚·‚ª A‚½‚¾’®‚©‚³‚ê‚Ä‚¢
‚邾‚¯‚Å‚Í‚È‚­ A”]‚ª“z“™‚Ì‹@ŠB‚É’¼ ÚŒq‚ª‚ê‚Ä‚¢‚é ó‘Ô‚Å A ₦‚¸•s‰õ‚ÈŠ± ‚â—U“±‚ðŽó‚¯‚Ä‚¢‚Ü‚· BŽ„‚ÌŒZ‚Í A”Æ ß‘g D‚Ì
‘¶ Ý‚âƒNƒ\‚Ì‘¶ Ý‚ð M‚¶‚Ü‚¹‚ñ BŒ¶’®( ¸ _Ž¾Š³‚Ì1Œ» Û)‚¾‚ÆŽv‚Á‚Ä‚¢‚é‚悤‚Å‚· B g“à‚É‚à•ª‚©‚Á‚Ä‚à‚炦‚È‚¢”íŠQ‚ɋꂵ‚ñ
‚Å‚¢‚Ü‚· B
2003”N11ŒŽ02“ú(“ú) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
(—ª)•ê e‚ª”] [ Ç‚Å“ü‰@‚µ‚Ü‚µ‚½ BƒNƒ\(Žn IŽ„‚ɘb‚µŠ|‚¯‚Ä‚¢‚é”Æ ß‘g D‚Ì —)‚ªŒ¾‚¤‚É‚Í—á‚Ì ‡ ¬ Ç ó‚É‚æ‚é UŒ‚‚Æ‚Ì‚±‚Æ‚Å
‚· BŒ» Ý A•à s‚ƃ| [ƒ^ƒuƒ‹ƒgƒCƒŒŽg—p‚ÌŒP—û’†‚Å‚· B ‡ ¬ Ç ó‚Æ‚¢‚¦‚Î AŽ„‚à–ñ7”N”¼‘O‚©‚çŠK’i‚ÌŽè‚·‚è‚ð’Í‚Ü‚È‚¯‚ê‚Γo
~‚肪‚Å‚«‚È‚¢‚悤‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚· B‘«‚É—Í‚ª“ü‚ç‚È‚¢‚悤‚È‹Ø—Í‚ª—Ž‚¿‚½‚悤‚È•Ï‚È Ç ó‚ª‘±‚¢‚Ä‚¢‚Ü‚· B‚±‚ê‚ç‚àƒNƒ\‚Ç‚à
(”Æ ß‘g D‚Ì‚±‚Æ)‚É‚æ‚é ‡ ¬ Ç ó UŒ‚‚̂ЂƂ‚ł· B“Á’è‚̌ l‚ɑ΂·‚鎷 X‚È UŒ‚‚Ì‘¼‚É A“ú–{ ‘’†‚Ì lŠÔ‚ɑ΂·‚é Lˆæ E–³
·•Ê‚Ì“d”g ÆŽË‚ª s‚í‚ê‚Ä‚¢‚é‹°‚ꂪ‚ ‚è‚Ü‚· B
2003”N09ŒŽ18“ú(–Ø) ”íŠQŽÀ‘Ô•ñ
‚WŒŽ‚P‚R A‚P‚S A‚P‚T A‚P‚U A‚P‚V A‚P‚W A‚P‚X“ú‚ƘA‘±‚µ‚Ä–Ò—ó‚ÈŠP UŒ‚ A‘S gŒ‘‘ÓŠ´ UŒ‚‚È‚Ç‚Å Q ž‚Ý‚Ü‚µ‚½ B‘S‚Ä”Æ ß‘g
D‚É‚æ‚é•—Ž× A‹CŠÇŽx‰Š—l‚Ì ‡ ¬ Ç ó‚Å‚· B‚½‚¾‚µ A“÷‘Ì“I‚ȋꂵ‚Ý‚ÍŒ»ŽÀ‚Ì‚à‚Ì‚Å‚· B“z“™‚ÍŽ„‚ÉŠP UŒ‚‚ð‚·‚é ê ‡‚Í AŽü‚è
‚Å(‰Ä)•—Ž×‚ª—¬ s‚è‚Í‚¶‚ß‚½‚Ì‚ðŠm”F‚µ‚Ä‚©‚ç UŒ‚‚ð‚µ‚©‚¯‚Ü‚· BŽü‚è‚ÉŠP‚ð‚·‚é lŠÔ‚ª‚¢‚È‚¢‚Ì‚É AŽ„‚ªˆê l‚Å–Ò—ó‚ÈŠP‚ð‚³
‚¹‚ç‚ê‚邱‚Æ‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ BŽüˆÍ‚Ì’ ˆÓ‚ðˆø‚­‚±‚Æ‚ð”ð‚¯‚éˆ×‚¾‚ÆŽv‚¢‚Ü‚· B‚»‚ê‚Ù‚Ç—pˆÓŽü“ž‚É‚±‚Æ‚ð‰^‚Ñ‚Ü‚· B‚Ü‚³‚É‘¶ Ý
‚ð’m‚ç‚ê‚邱‚Æ‚ðŒ™‚¤ƒSƒLƒuƒŠ‚»‚Ì‚à‚Ì‚Å‚· B
-------------------------------------------------------------------------------
STOP Mind Control(STOPƒ}ƒCƒ“ƒhƒRƒ“ƒgƒ [ƒ‹)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/syakai/
» ìŽÒ‚̃vƒ ƒtƒB [ƒ‹‚Æ”íŠQ‚ÌŠT—v
(’ Eƒtƒ‹ƒl [ƒ€‚È‚Ç‚Ì‹L Ú‚Í È‚¢‚Ä‚¢‚Ü‚·)
‚P‚X‚X‚Q”N @‹ž“s‘åŠw— Šw•”“üŠw
i l‘ÌŽÀŒ±‘ä‚Æ‚µ‚Ä“_ ”“ñ”{Š·ŽZ‚Ì ã A“Á•Ê”»’è‚É‚æ‚è ‡Ši‚© H j
‚P‚X‚X‚V”N @“¯‘åŠw“¯Šw•”‘²‹Æ
‚P‚X‚X‚X”N @–kŠC“¹‘åŠw— ŠwŒ¤‹†‰È ”Šw ê U“üŠw
Œ» Ý“¯”ŽŽm‰Û’ö ÝŠw’†
‹ž“s‘åŠw“üŠw’¼Œã‚©‚ç A‘åŠw‹³Š¯‚ç‚É‚æ‚é•s R‚ÈŒ¾“®‚ª‘ŠŒp‚® B‚P‚X‚X‚W”N‚WŒŽ‚m‚g‚j‹³ˆç‚Ì «Šû”Ô‘g‚É‚¨‚¢‚ÄŽ©•ª‚ª“Ç S‚È‚Ç
‚É‚ ‚Á‚Ä‚¢‚é‚Æ’m‚è AŠÄŽ‹’n –‚Ɋׂé BˆÈ ~ A ””NŠÔ‚̓ ƒfƒBƒA‚É–|˜M‚³‚ê‚Ä‚µ‚Ü‚¤ B–kŠC“¹‘åŠw‘åŠw‰@‚É‚¨‚¢‚Ä‚à AŒÂ lƒXƒp
ƒC î•ñ‚Ì“à’ÊŽÒ‚É‚æ‚é AŽ· X‚Ȃ‚«‚Ü‚Æ‚¢‚È‚Ç‚Ì ¸ _–\ s‚ðŽó‚¯‚½ B L‘å‚ȉÁŠQŽÒ–Ô‚É‚æ‚é•ïˆÍ‚ªŠÏ‘ª‚³‚ê‚é B
”íŠQ‚Ì’è‹`
“Ç S‚Ȃǂ𔺂¤ŠÄŽ‹ A‚¨‚æ‚Ñ‚»‚ê‚ÉŠî‚­ AŽå‚Æ‚µ‚Ä A‘åŠw‹³Š¯ A‘åŠw‰@ ¶ Aƒ}ƒXƒ ƒfƒBƒA‚È‚Ç‚É‚æ‚é‘g D“I–\—Í sˆ× B•s“Á’è
•s RŽÒ AƒwƒŠ E‹~‹}ŽÔ‚Ì‘›‰¹‚È‚Ç‚É‚æ‚é AƒXƒg [ƒJ [”Æ ß B
”íŠQ‚Ì“Á’¥
¶Šˆ ê Š‚Ì‚Ù‚Ú‘S‚Ăɂ킽‚Á‚Ä A‰ÁŠQ‘g D‚Ì N“ü‚ªŠm”F‚³‚ê‚é B‚©‚È‚è L‚¢”͈͂̒m l‚É A‰ÁŠQ‘g D‚Ì Ú G‚¨‚æ‚Ñ A•s RŒ¾“®‚Ö
‚ÌŠÖ—^‚ª‚ ‚é B‚P‚X‚X‚Q”N‚É A‹ž“s‘åŠw— Šw•”‚É“üŠw‚µ‚½Žž“_‚Å A‚·‚Å‚É A‰ÁŠQ‘g D‚É‘O‚à‚Á‚ĉî“ü‚³‚ê‚Ä‚¢‚½‚悤‚¾ B–kŠC“¹
‘åŠw‚É‚¨‚¢‚Ä‚à A‹³Š¯‚â‘åŠw‰@ ¶‚Ì‹ Žº‚È‚Ç‚É A‰ÁŠQ‘g D‚É‚æ‚Á‚Ä AŽ–‘O H 삪‚³‚ê‚Ä‚¢‚½ŒoŒ±‚ª‚ ‚é B”íŠQŽÒ‚ð A“¦‚° ê‚Ì‚È
‚¢‚悤‚É’Ç‚¢‹l‚߂邱‚Æ‚ª A‘Î l UŒ‚‚Ì d—v‚È—v‘f‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚é‚ÆŒ©‚ç‚ê‚é B
”íŠQ‚Ì—Þ•Ê
“Ç S‚»‚Ì‘¼‚Ì•û–@‚É‚æ‚éƒvƒ‰ƒCƒoƒV [‚Ì”j‰ó
’m l‚â‘åŠw‹³Žö“™‚É‚æ‚éƒXƒpƒC‚³‚ꂽŒÂ l î•ñ‚É— ‚ñ‚¾Œ¾“®‚â–\Œ¾
ƒeƒŒƒr Eƒ‰ƒWƒI E V•· E‚b‚l‚È‚Ç‚ð’Ê‚µ‚½ŒÂ l î•ñ‚Ì—¬—p
ã‹L‚Ì‚à‚Ì‚ðŠÜ‚Þ A‚ ‚è‚Æ‚ ‚ç‚ä‚éƒ ƒfƒBƒA‚ÌŠˆ—p‚µ‚½ S— “I UŒ‚
(ŽGŽ A L AƒCƒ“ƒ^ [ƒlƒbƒg AƒRƒ“ƒsƒ… [ƒ^ƒQ [ƒ€ A‰Ì—w‹È‘¼)
ŒÂ l î•ñ‚Ì L”͈͂ȘR‰k
‰ß‹Ž‚ÉŽû W‚³‚ꂽŒÂ l î•ñ‚Ì•Û‘¶
Œ©’m‚ç‚Ê l‚É‚æ‚é•s R‚ÈŒ¾“®‚â‚‚«‚Ü‚Æ‚¢
”w’†‚ðŽh‚·‚悤‚È’É‚Ý‚È‚Ç A“÷‘Ì“I‚È‚à‚Ì
ƒwƒŠ‚â iŽå‚ÉŽ©‰q‘à j‹~‹}ŽÔ iŽD–yŽs‚»‚Ì‘¼‚ÌŠe’n•ûŽ©Ž¡‘Ì‚É Š‘® j‚ÌŽ©‘îŽü•Ó‚â o’£ æ‚È‚Ç‚Å‚Ì‘›‰¹‚â‚‚«‚Ü‚Æ‚¢‚É‚æ‚錙‚ª
‚点
•s R l•¨‚É‚æ‚鋺”—
‚»‚Ì‘¼
Ž„‚É’¼ ÚŽg—p‚³‚ꂽ•ºŠí‹Z p
“dŽ¥ƒr [ƒ€‚É‚æ‚é”] _Œo“I”­ ì i–³”½•œ‚Ì‘S g‚Ì‚µ‚тꂨ‚æ‚Ñ’E—Í j
Žv l‚̉ð“Ç
“à‘Ÿ‚â”w’†‚È‚Ç‚ÌŠï–­‚È’É‚Ý
‰q ¯’ãŽ@ E’Ç”ö‹Z p

“dŽ¥”g‚â’´‰¹”g‚ð—p‚¢‚½‘Î l•ºŠí‚ª‹É‚߂Ĉ٠í‚È•û–@‚ÅŽg—p‚³‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·
(’†—ª)
‘åŠwŠÖŒWŽÒ‚⃠ƒfƒBƒA‚ª‘½ ”ŠÖ—^‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚·
ƒiƒ`ƒXƒhƒCƒc‚É‹NŒ¹‚ð‚à‚‚±‚Ì ‰–âŽÀŒ±‚Í AŽS—ó‚ð‹É‚ß‚Ä‚¢‚Ü‚·
‚P‚X‚X‚W”N‚WŒŽ‚É‚m‚g‚j‹³ˆç‚̔ԑg‚É‚¨‚¢‚Ä A“Ç S‘•’u‚ð—p‚¢‚½ AŒÂ l‚ɑ΂·‚é ¸ _ N—ª UŒ‚‚ªŠJŽn‚³‚ê‚é‚Ü‚Å AŽ„‚Í Aƒ}ƒCƒ“
ƒhƒRƒ“ƒgƒ [ƒ‹ l‘ÌŽÀŒ±‚ÉŠÖ‚·‚é Aˆê Ø‚Ì’mŽ¯ EŠT”O‚ª‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ‚Å‚µ‚½ B‚»‚ê‚©‚ç‚T”NŠÔ A‘z‘œ‚ð â‚·‚é‹°•|‚ð‹­‚¢‚ç‚ê A’·
Šú‚ɂ킽‚è l ¶‚ð’D‚í‚ê‚Ü‚µ‚½ B‘åŠw‹³Š¯ E‰@ ¶ E’m l‚È‚Ç‚Ì A–³ ·•Ê“I‚È ¸ _–\ s‚ւ̉Á’S‚É‚æ‚è AŽÐ‰ï ¶Šˆ‚©‚ç‘aŠO‚³‚ê‚Ü
‚µ‚½ BƒwƒŠ‚â‹~‹}ŽÔ‚É‚æ‚é‘›‰¹‚È‚Ç AŒÂ l‚Ö‚Ì”—ŠQ‚ª‘±‚¯‚ç‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚· B‹ß eŽÒ E–@–± È lŒ ‘Š’k Š Eˆõ E‹³ˆõ‚È‚Ç‚Ì A“à’ÊŽÒ
‰ÁŠQŽÒ‚ç‚É‚æ‚é–\—͑Ήž‚Å AŠë‚¤‚­ AŽ¸–½ ¡‘O‚Ü‚Å’Ç‚¢‹l‚ß‚ç‚ê‚Ü‚µ‚½ B‚±‚̂悤‚È A lŒ –³Ž‹‚ÌŽS‹s sˆ×‚ÌŠg‘å‚ð–h‚¬ A”íŠQ
ŽÒ‚ð‹~ Ï‚·‚邽‚ß Aˆê l‚Å‚à‘½‚­‚Ì— ‰ð‚ ‚鋦—ÍŽÒ‚ð•K—v‚Æ‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚· BŽc “‚È l‘ÌŽÀŒ±‚Ì’Ç•ú‚ÍŽž‘ã‚Ì•K‘R‚Å‚· B
”]‚â S‚Ö‚Ì‘Î l UŒ‚‚ÌŽc‹s‚³‚ªŽÐ‰ï‚©‚çŒÌˆÓ‚ɉB•Á‚³‚ê‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ª”Æ ß‚Ì– ‰„‚ɂ‚Ȃª‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚· BŽ„‰v‚Ì‚Ý‚ð’Ç‹ ‚·‚é I––
“IˆÙ íŽÒ‚ç‚É‚æ‚Á‚ĉ½‚̉¿’l‚à‚È‚¢–ù‰õ”Æ“IŽE lƒQ [ƒ€‚ªŒJ‚è L‚°‚ç‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚· B•\Œü‚«‚Í”½‘Ίˆ“®‚Å‚ ‚Á‚Ä‚à A•ºŠí—˜—pŽÒ‚Æ
ŠÖ‚í‚è ‡‚¢‚ðŽ ‚¿ AŽÐ‰ï‚Ì ­Ž¡“I—U“±‚ð–Ú“I‚Æ‚µ‚Ä‚¢‚éŽÒ‚ª‘¶ Ý‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚· B‘½‚­‚Ì”íŠQŽÒ‚Í’v–½“I‚È‘¹ŠQ‚ª‚ ‚è A \•ª‚È”½‘Î
Šˆ“®‚Í”ñ í‚É ¢“ï‚Å‚· B‚»‚Ì‚¤‚¦ A ê–å‰Æ‚âˆê”Ê l‚É‚æ‚é ·•Ê‚â ¼‹\ A‹s‘Ò‚É‚³‚炳‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚· B
ˆÈ‘O“ú–{‚Ì”íŠQŽÒ‚̉ï‚ÉŽQ‰Á‚µ‚½‚Æ‚«‚É AŽ„‚ªƒ ƒfƒBƒA”íŠQ‚ð‘i‚¦‚½‚Æ‚±‚ë A ”–¼‚Ì l•¨‚©‚ç—}ˆ³“IŒ¾“®‚ð‰Á‚¦‚ç‚ê‚Ü‚µ‚½ B‚Ü
‚½ Aƒ}ƒCƒ“ƒhƒRƒ“ƒgƒ [ƒ‹‚P‚Oƒy [ƒW—v–ñ‚ð”­•\‚µ‚½‚Æ‚«‚à“¯—l‚È‚±‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚µ‚½ B ¼‹\‚â‹s‘Ò‚É‚æ‚é”\“®“I‰B•ÁŠˆ“®‚Í A‚±
‚̃IƒyƒŒ [ƒVƒ‡ƒ“‚Ì’†‚Å d‘å‚È‘¹ŠQ‚ð—^‚¦‚éŠëŒ¯‚ð‚à‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚· B‰ï‚Ì’†‚Å‚³‚¦‚±‚̂悤‚È–\‹“‚ª‚ ‚Á‚½‚Æ‚¢‚¤‚±‚Æ‚Í A‰½‚ç‚©
‚Ì ­Ž¡“I ì—p‚É‚æ‚é‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢‚©‚Æ‚Ü‚Å l‚¦‚ç‚ê‚Ü‚· BŽQ‰Á‚³‚ê‚é‚©‚½‚Í AŽ©•ª‚̈ӌ©‚ð‘æˆê‚É A‘å Ø‚É‚à‚Á‚Ä‚­‚¾‚³‚¢ BŠCŠO
‚̈ꕔ‚ÌŠˆ“®ŽÒ‚É‚à A“¯‚¶‚悤‚ÈŒ¾“®‚ªŒ©‚ç‚ê‚Ü‚µ‚½ B”íŠQŽÒ W’c‚Ì’†‚É‚¨‚¢‚Ä–\—͂𑱂¯‚悤‚Æ‚·‚邱‚Æ‚Í Aƒ ƒfƒBƒAŠÖ˜A”Æ
߂̋ɂ߂Ĉ٠í‚È‹¥ˆ« «‚Ì•\‚ê‚Å‚ ‚è‚Ü‚· B“O’ꂵ‚Ä‘Î R‚·‚邱‚Æ‚ª•K—v‚Å‚· B‰B•ÁŠˆ“®ŽÒ‚Ì’†‚É A‚¢‚­‚‚©‚Ì“Á’è‚Ì‘g D‚ð—i
Œì‚µ‚悤‚Æ‚¢‚¤ŒXŒü‚ª‘¶ Ý‚·‚邱‚Æ‚Í’ –Ú‚É’l‚µ‚Ü‚· B‚±‚Ì”Æ ßˆÈŠO‚É‚à Aƒ ƒfƒBƒA‚âƒlƒbƒg ã‚Ì•s‹Ï“™‚È î•ñ‚É‚æ‚Á‚ÄŽ©—R‚È
Œ¾˜_‚ª‘jŠQ‚³‚ê‚Ä‚¢‚錻 ó‚Í”ñ í‚É [ ‚¾‚ÆŽv‚¢‚Ü‚· B—˜Œ ‚ÆŒ‹‚т‚¢‚½ˆê•û“I‚È•ñ“¹‚΂©‚肪‘±‚¯‚ç‚ê AŒ» Ý‚Ì•s‹µ EŽÐ‰ï’á
–À EŽãŽÒ‹s‚°‚Ì—vˆö‚ð‚à‚½‚炵‚Ä‚¢‚Ü‚· Bƒ ƒfƒBƒA‚ÍŽ© ò ì—p‚ðŽ¸‚¢ A‹t‚É A”Æ ß‚ÆŒ‹‚т‚­‚±‚Æ‚Å‹­ˆø‚ȉ„–½‚𑱂¯‚Ä‚¢‚Ü‚·
B î•ñ‘€ ì‚àŒ‹‹Ç‚Í lŠÔ‚Ì‘€ 삪–Ú“I‚Å A lŠÔ‚Ì‹@ŠB‰»‚Í í‚É•s K‚ð ¶‚Ý o‚µ‚Ä‚«‚Ü‚µ‚½ Bƒ‚ƒ‰ƒ‹‚ðŽ¸‚Á‚½ W’c‚É‚æ‚é S— Šw‚Ì
— —p‚ÍŒ»‘ãŽÐ‰ï‚É‚¨‚¯‚é Å‘å‚̊‹«‰˜ õ‚Å‚· B‚±‚̂悤‚È ó‹µ‚Ì Ž•ž‚Í AŒ» Ý‚Ì l X‚Ì’mŒb‚É‘å‚«‚­‚©‚©‚Á‚Ä‚¢‚é‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢‚Å
‚µ‚傤‚© B
-------------------------------------------------------------------------------
2007”N03ŒŽ16“ú-–Ú‚ªŽ‡ F‚É
ð“ú‚Í’©‹N‚«‚é‚Æ–Ú‚ª’É‚­ A‹¾‚ðŒ©‚é‚Æ A—¼–Ú“à‘¤‚ªŽ‡ F‚É B(—ª)

2007”N03ŒŽ08“ú-‚Ö‚ÚŽ•ˆãŽÒ
ð“ú A‚Ђъ„‚ê A ¡“ú‰œŽ•‚̂‚߂à‚Ì‚ª‚Ƃꂽ B‚QŒŽ‚ɃZƒ ƒ“ƒg‚ð“ü‚ꂽ‚΂©‚肾 B‚PŒŽ‚ɂ̓Aƒ‹ƒoƒCƒg‚ª‚‚߂½‚Ì‚ª”¼ŒŽ‚Å‚Æ
‚ꂽ B ‰‰ñ‚Í2”N‹ß‚­‚à‚Á‚½‚Ì‚¾‚ª A ¡“x‚Í‚Pƒ–ŒŽ‚à‚à‚½‚È‚©‚Á‚½ B‚æ‚­‚µ‚á‚ׂé‚æ‚Ú‚Ì‚¶‚¢‚³‚ñ‚Ì‚½‚Á‚½ˆê l‚Å‚â‚鎕ˆãŽÒ w
¬“쎕‰È x A’r“c‰w‚Ì–k‚É‚±‚¶‚ñ‚Ü‚è‚Æ A‚â‚Á‚Ä‚¢‚é B‰ö‚µ‚¢ƒrƒ‹‚Ì’†‚¾ BƒZƒ ƒ“ƒg‚Í‚¹‚ß‚Ä A‚R”N‹ß‚­‚à‚½‚È‚¢‚Æ‹­“x•s‘«‚¾
B ê–å‰Æ‚Æ‚Í‚¢‚¦‚È‚¢‚¾‚낤 B
@‚à‚¤‚¢‚©‚È‚¢ B
2007”N03ŒŽ06“ú-–Ú jŽh‚µ‚Ì ª‹’
–Ú‚É j‚ªŽh‚³‚Á‚Ä‚¢‚é‚ÆŽ„‚ÍŽå’£‚·‚é B ª‹’‚Í A ¶–Ú‚Ì“à‘¤ AŒ‹–Œ‚ª–ˆ’© Ø‚ê‚é‚悤‚É‚È‚Á‚½‚©‚炾 BˆãŽÒ‚àŽñ‚ð‚©‚µ‚°‚Ä‚¢‚½
B‚±‚ê‚ÍŠO•”‚©‚ç‚Ì ‚Å‚ ‚é B‚à‚¿‚ë‚ñ A l‚ª–Ú‚ð‚±‚·‚Á‚Ä‚Å‚«‚é‚à‚Ì‚Å‚Í‚È‚¢ BŽ„‚Í–Ú‚ð‚±‚·‚Á‚½‚±‚Æ‚à‚È‚¢ B ‡–°’†‚ÌŽ„‚ð
ƒJƒ ƒ‰ŽB‰e‚µ‚½‚±‚Æ‚à‚ ‚邪 A‚»‚ê‚Í‚È‚©‚Á‚½ B‰½‚©‰s‚¢ j‚̂悤‚È‚à‚Ì‚Å‚³‚³‚ꂽ ­ Õ‚È‚Ì‚Å‚ ‚é B
2007”N03ŒŽ02“ú-‰Æ‚Ì’†‚Å A‰Ô•² Ç
ð–é A9ŽžˆÈ ~ AƒeƒŒƒr‚ðŒ©‚Ä‚¢‚½‚ç A•Â‚ß‚«‚Á‚½‰Æ‚Ì’†‚È‚Ì‚É A“Ë‘R A•@‚ª‚Þ‚¸‚Þ‚¸ B–Ú‚àŠJ‚¯‚È‚¢‚Ù‚Ç‚É‚È‚Á‚½ B‚¢‚í‚ä‚é
‰Ô•² Ç B ¡”N‚Í‚»‚Ì Ç ó‚ª‚È‚©‚Á‚½ B‚Æ‚¢‚¤‚Ì‚Í A‘‹‚©‚牓‚¢ Š‚É Q °‚ð ì‚Á‚½‚©‚炾 B‰Æ‚Ì’†‚Å A–é‚É“Ë‘R A‰Ô•² Ç‚ª‹N‚«‚é
‚Ì‚Í A’N‚©‚ª‰Æ‚Ì’†‚É N“ü‚µ‚Ä A‰Ô•²‚ð‚Ü‚¢‚½‚©‚ç‚É‚¿‚ª‚¢‚È‚¢ B Ø‹’‚É‚Æ‚¢‚¤‚© A•@‚̃AƒJ‚ª AƒŒƒ‚ƒ“ F‚ð‚µ‚Ä‚¢‚½ B‰Ô•² F
‚Å‚ ‚é B Å‹ß A•@‚̉Š Ç‚ª‹N‚«‚Ä‚©‚ç‚Í A•@ …‚ðƒ`ƒFƒbƒN‚·‚é KŠµ‚à‚‚¢‚½ B
2007”N02ŒŽ07“ú-Šá‚ª’É‚¢
–Ú jŽh‚µ‚ª‚Ђǂ¢ B ð–é A‰E–Ú“à‘¤‚É A ¬‚³‚È‚Ý‚Ý‚¸Žî‚ꂪ o—ˆ‚Ä‚¢‚½ BŽÊ ^‚ÉŽc‚µ‚½ B ¡“ú‚Í ¬‚³‚­‚È‚Á‚½‚ª B‚Ü‚½ ¡“ú‚Í ¶
Šá‚ª’É‚¢ B
2007”N02ŒŽ01“ú
¡’©‚ÍŽ•‚ð í‚ç‚ê‚é B ð–é‚Í‚»‚¤‚Å‚È‚©‚Á‚½‚Ì‚É A’© AŽ• 悪‚¬‚´‚¬‚³‚µ‚Ä‚¢‚é B(—ª)


Finding fabulous fares is fun.
Let Yahoo! FareChase search your favorite travel sites to find flight and hotel bargains.

bunny

未読、
2007/03/30 14:57:492007/03/30
To: 盗聴盗撮被害情報室(仮題)、gml...@gmail.com、bunny...@gmail.com
Johnサンの文字化けしてた分デス。うちのGmailに届いてるのも化けてたりシマス(^^?
テキストダウンロードしてみると化けてませんデシタ。。。読めなかったヒトのためにコピペしときマス♪

########コピペここから########

当方がアラートにて知ったウェブサイトです。
まず、抜粋先のサイトURLの一覧、続いて☆のあるウェブサイトからの抜粋です。
・サイト名
・サイトURL
・サイト内のテキスト抜粋
-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
☆電磁波等による犯罪被害実態報告
http://www7.plala.or.jp/london/
☆STOP Mind Control(STOPマインドコントロール)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/syakai/
☆電波犯罪被害者の日誌
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/daily/
または
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/archive/200703/
集団ストーカーと組織的ストーカーの被害者支援サイト
http://www.geocities.jp/antistalker2004/main.htm
電磁波による犯罪のトリック・情報・他
http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

-------------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------------
電磁波等による犯罪被害実態報告
http://www7.plala.or.jp/london/
現在、電磁波等の操作によるものと思われる深刻な犯罪被害を受けています。現代社会においてこのようなことが平然と行われ
ている驚くべき実態を皆様にご報告いたします。今後、この電磁波等のメカニズムが解明されるとともに卑劣な犯罪者集団の存
在が明らかにされることを信じて、今私に対して行われていることをありのままに記述します。
● 声を聞かせる
平成13年5月、女の声で初めて話しかけが始まりました。その声は聴覚を通して聞こえるのではなく、頭の中に直接聞こえ
る感じがしました。以来、現在まで複数の男女による四六時中の執拗な話しかけが続いています。日に2,3人の女の声で話し
かけてきます。それら女の声に混じって男の声で話しかけがあります。話の内容としては脅し、悪意の表明、あざけりが主で、
話の要所々で高度な技術を所有し駆使できる彼ら「犯罪者集団」への畏怖・屈服を強要します。出勤すること、車を運転するこ
と、風呂へはいること、眠ることなど日常の様々な行動について禁止し、「・・をするとぶっ殺す、家族を八つ裂きにするぞ」
などの脅しが続きます。
● 見る
私が見ているものを「声の主」は同時に見ています。今見ているものについて会話の中にリアルタイムに取り入れてきます。
文字、句読点、その他細かい物まで見えるようで、読んでいるものの内容について話に取り入れてきます。又、色についてもわ
かるようです。私はいつも完全に「奴等」の監視下にあります。
● 聞く
私が聞いていることを「声の主」は聞いています。そのことをリアルタイムに話しに取り入れてきます。
● わかる
私が口のなかでつぶやくこと、小さい声で話すこと、内言語系でつぶやくことを「声の主」はリアルタイムに聞くこと・了解
することができます。そのことにより「声の主」との会話が成立します。また、私が考える内容を了解されてしまい、「声の主
」は話しかけの中に取り入れてあざけり・脅しの材料にします。
● 記憶をとりだす
私の小さいときから最近までの記憶を「奴等」は取り出し、解析しているようです。アトランダムに私の視野内の物に関連し
てそれにまつわる記憶の内容を正確に「声の主」は言及します。また、さりげない微細な記憶について言及したとき「声の主」
は、その取り出し技術及び関連した微細な記憶に言及できる技術を自慢することがたびたびあります。
● 痛みを感じさせる
身体の任意の場所に痛みを感じさせることができます。歩行中に神経痛のような強い痛みを臀筋に感じさせることができます
。頭痛、胸痛、胃痛、関節痛など痛みを嫌がらせに使います。靴の中に小石がはいってそれを踏んだような鋭い痛みを作ること
ができます。
● 映像をみせる
目を開いているあるいは閉じている状態にかかわらず、視野内に映像をみせることができます。後述しますが亡くなった父親
の姿など多くの映像をみせられました。この映像は静止画・動画など自在にできます。また、色はモノクロ・カラーなど多彩で
すが、全体的に薄めです。即興ですれ違った人の顔を視野内に写真のように映し出すことができます。
● 視野の明るさを変化させる
あたりがある程度わかる程度の暗闇の状態を全くの漆黒の闇に変えることができます。後述しますが、これで帰宅途中に用水
路に転落させられました。夜間、ルーバーから漏れてくる街灯の光を更に明るく感じさせ、あるいは暗くさせ、光と暗い部分を
反転させることができます。また、日中、まぶしさを増加させ、あたりを見えなくさせることができます。また、視野の一部を
欠けさせ見えなくさせることができます。
● 音を聞かせる
いやがらせに蚊がブーンと近づいてくる音をリアルに聞かせます。新築した家の天井からドンドンと音が始終出ているように
聞かせ、おびえさせます。彼らが音を私に聞かせた場合、外界の本物の音と区別がつきません。聞こえる位置を頭の真中、前方
、後方、耳の位置と自由にかえることができます。

2006年03月15日(水) 被害実態報告
3月13日早朝、施設から電話があり母親が室内で転倒して怪我をしたようだとのこと。救急車で近くの総合病院に運ばれレント
ゲンを撮ったところ大腿部骨折でした。いつものクソ女が笑いながら「狙いを定めて引き倒した」と言いました。「合併症です
ぐに殺してやる」とも言いました。今日、血栓遊離予防のためフィルターを静脈内に設置し、明日手術の予定です。脳梗塞の血
流を良くする薬を絶って4日目で手術時の出血が心配です。又、血栓も心配です。生きた心地がしません。奴等は母親の痴呆の
症状を強く出させ、ベットの上で手袋をさせられた上で、両側の柵に固定をされる状態にさせています。また、平成17年9月以
降毎日、筆舌に尽くせないほど奴等犯罪組織に苦しめられながら生活をしてきたことを報告します。
2004年03月18日(木) 被害実態報告
「我々をなめるとしょうちしねえぞ。まずはおふくろを絞めてやろうか。」「能がねえなあ、おまえは。我々をつぶすつもりが
ただの悲鳴を書いているだけじゃあねえか。」今、午後11時35分。いつもの犯罪組織の女のセリフです。このところ1週間ほど
夕食をとると眠らされてしまい、午前1時頃起こされ、眠らせないように猛烈に話しかけが続けたり、それでもかまわず眠ろう
とすると夢を強制的に見せられたりしてかなりきつい状態が続いています。女が「我々は旧ソ連製のを使っている。左翼だ。」
とときどき口走っています。真偽のほどは分かりませんが。たぶん、少したつと反対のことを言うでしょう。
2004年02月25日(水) 被害実態報告
2月17・18・24・25日と、犯罪集団によるマインドマシン(電磁波使用による犯罪マシン)による攻撃を受けて職場を休みました
。同僚に迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいです。この行為は2月15日報告の犯罪行為に連続するものです。猛烈な胸
(肺周辺)の痛み、寒気、呼吸困難、足腰のふらつきに襲われました。傷害罪の構成要件を満たすものです。
2004年01月18日(日) 被害実態報告
小出エリーナ著「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」東京図書出版会発行を読みました。ここに書かれて
いる加害者の犯罪手法は、現在、私が受けている犯罪被害と同じものだと思いました。これを読むと電磁波等を使った犯罪の系
譜が分かります。被害者の方は是非お読みください。アマゾンで手に入ります。
2004年01月04日(日) 被害実態報告
1日の大部分、私に話しかけているクソ(犯罪組織の女)はたぶん声優か俳優の端くれでしょう。被害者1人につき数人でやって
いるようで、こいつらを飼えるところをみると資金は潤沢なようです。被害者の方はご存知だと思いますが、ただ聴かされてい
るだけではなく、脳が奴等の機械に直接繋がれている状態で、絶えず不快な干渉や誘導を受けています。私の兄は、犯罪組織の
存在やクソの存在を信じません。幻聴(精神疾患の1現象)だと思っているようです。身内にも分かってもらえない被害に苦しん
でいます。
2003年11月02日(日) 被害実態報告
(略)母親が脳梗塞で入院しました。クソ(始終私に話し掛けている犯罪組織の女)が言うには例の合成症状による攻撃とのことで
す。現在、歩行とポータブルトイレ使用の訓練中です。合成症状といえば、私も約7年半前から階段の手すりを掴まなければ登
降りができないようになっています。足に力が入らないような筋力が落ちたような変な症状が続いています。これらもクソども
(犯罪組織のこと)による合成症状攻撃のひとつです。特定の個人に対する執拗な攻撃の他に、日本国中の人間に対する広域・無
差別の電波照射が行われている恐れがあります。
2003年09月18日(木) 被害実態報告
8月13、14、15、16、17、18、19日と連続して猛烈な咳攻撃、全身倦怠感攻撃などで寝込みました。全て犯罪組
織による風邪、気管支炎様の合成症状です。ただし、肉体的な苦しみは現実のものです。奴等は私に咳攻撃をする場合は、周り
で(夏)風邪が流行りはじめたのを確認してから攻撃をしかけます。周りに咳をする人間がいないのに、私が一人で猛烈な咳をさ
せられることはありません。周囲の注意を引くことを避ける為だと思います。それほど用意周到にことを運びます。まさに存在
を知られることを嫌うゴキブリそのものです。

-------------------------------------------------------------------------------
STOP Mind Control(STOPマインドコントロール)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/syakai/
製作者のプロフィールと被害の概要
(注・フルネームなどの記載は省いています)
1992年 京都大学理学部入学
(人体実験台として点数二倍換算の上、特別判定により合格か?)
1997年 同大学同学部卒業
1999年 北海道大学理学研究科数学専攻入学
現在同博士課程在学中
京都大学入学直後から、大学教官らによる不審な言動が相継ぐ。1998年8月NHK教育の将棋番組において自分が読心など
にあっていると知り、監視地獄に陥る。以降、数年間はメディアに翻弄されてしまう。北海道大学大学院においても、個人スパ
イ情報の内通者による、執拗なつきまといなどの精神暴行を受けた。広大な加害者網による包囲が観測される。
被害の定義
読心などを伴う監視、およびそれに基づく、主として、大学教官、大学院生、マスメディアなどによる組織的暴力行為。不特定
不審者、ヘリ・救急車の騒音などによる、ストーカー犯罪。
被害の特徴
生活場所のほぼ全てにわたって、加害組織の侵入が確認される。かなり広い範囲の知人に、加害組織の接触および、不審言動へ
の関与がある。1992年に、京都大学理学部に入学した時点で、すでに、加害組織に前もって介入されていたようだ。北海道
大学においても、教官や大学院生の居室などに、加害組織によって、事前工作がされていた経験がある。被害者を、逃げ場のな
いように追い詰めることが、対人攻撃の重要な要素になっていると見られる。
被害の類別
読心その他の方法によるプライバシーの破壊
知人や大学教授等によるスパイされた個人情報に絡んだ言動や暴言
テレビ・ラジオ・新聞・CMなどを通した個人情報の流用
上記のものを含む、ありとあらゆるメディアの活用した心理的攻撃
(雑誌、広告、インターネット、コンピュータゲーム、歌謡曲他)
個人情報の広範囲な漏洩
過去に収集された個人情報の保存
見知らぬ人による不審な言動やつきまとい
背中を刺すような痛みなど、肉体的なもの
ヘリや(主に自衛隊)救急車(札幌市その他の各地方自治体に所属)の自宅周辺や出張先などでの騒音やつきまといによる嫌が
らせ
不審人物による脅迫
その他
私に直接使用された兵器技術
電磁ビームによる脳神経的発作(無反復の全身のしびれおよび脱力)
思考の解読
内臓や背中などの奇妙な痛み
衛星偵察・追尾技術

電磁波や超音波を用いた対人兵器が極めて異常な方法で使用されています
(中略)
大学関係者やメディアが多数関与しています
ナチスドイツに起源をもつこの拷問実験は、惨烈を極めています
1998年8月にNHK教育の番組において、読心装置を用いた、個人に対する精神侵略攻撃が開始されるまで、私は、マイン
ドコントロール人体実験に関する、一切の知識・概念がありませんでした。それから5年間、想像を絶する恐怖を強いられ、長
期にわたり人生を奪われました。大学教官・院生・知人などの、無差別的な精神暴行への加担により、社会生活から疎外されま
した。ヘリや救急車による騒音など、個人への迫害が続けられています。近親者・法務省人権相談所職員・教員などの、内通者
加害者らによる暴力対応で、危うく、失命寸前まで追い詰められました。このような、人権無視の惨虐行為の拡大を防ぎ、被害
者を救済するため、一人でも多くの理解ある協力者を必要としています。残酷な人体実験の追放は時代の必然です。
脳や心への対人攻撃の残虐さが社会から故意に隠蔽されていることが犯罪の蔓延につながっています。私益のみを追求する終末
的異常者らによって何の価値もない愉快犯的殺人ゲームが繰り広げられています。表向きは反対活動であっても、兵器利用者と
関わり合いを持ち、社会の政治的誘導を目的としている者が存在しています。多くの被害者は致命的な損害があり、十分な反対
活動は非常に困難です。そのうえ、専門家や一般人による差別や詐欺、虐待にさらされています。
以前日本の被害者の会に参加したときに、私がメディア被害を訴えたところ、数名の人物から抑圧的言動を加えられました。ま
た、マインドコントロール10ページ要約を発表したときも同様なことがありました。詐欺や虐待による能動的隠蔽活動は、こ
のオペレーションの中で重大な損害を与える危険をもっています。会の中でさえこのような暴挙があったということは、何らか
の政治的作用によるのではないかとまで考えられます。参加されるかたは、自分の意見を第一に、大切にもってください。海外
の一部の活動者にも、同じような言動が見られました。被害者集団の中において暴力を続けようとすることは、メディア関連犯
罪の極めて異常な凶悪性の表れであります。徹底して対抗することが必要です。隠蔽活動者の中に、いくつかの特定の組織を擁
護しようという傾向が存在することは注目に値します。この犯罪以外にも、メディアやネット上の不均等な情報によって自由な
言論が阻害されている現状は非常に深刻だと思います。利権と結びついた一方的な報道ばかりが続けられ、現在の不況・社会低
迷・弱者虐げの要因をもたらしています。メディアは自浄作用を失い、逆に、犯罪と結びつくことで強引な延命を続けています
。情報操作も結局は人間の操作が目的で、人間の機械化は常に不幸を生み出してきました。モラルを失った集団による心理学の
乱用は現代社会における最大の環境汚染です。このような状況の克服は、現在の人々の知恵に大きくかかっているのではないで
しょうか。

-------------------------------------------------------------------------------
電波犯罪被害者の日誌
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/daily/
http://blog.zaq.ne.jp/tasuku/archive/200703/
2007年03月16日-目が紫色に
昨日は朝起きると目が痛く、鏡を見ると、両目内側が紫色に。(略)

2007年03月08日-へぼ歯医者
昨日、ひび割れ、今日奥歯のつめものがとれた。2月にセメントを入れたばかりだ。1月にはアルバイトがつめたのが半月でと
れた。初回は2年近くもったのだが、今度は1ヶ月ももたなかった。よくしゃべるよぼのじいさんのたった一人でやる歯医者『
小南歯科』、池田駅の北にこじんまりと、やっている。怪しいビルの中だ。セメントはせめて、3年近くもたないと強度不足だ
。専門家とはいえないだろう。
もういかない。
2007年03月06日-目針刺しの根拠
目に針が刺さっていると私は主張する。根拠は、左目の内側、結膜が毎朝切れるようになったからだ。医者も首をかしげていた
。これは外部からの傷である。もちろん、人が目をこすってできるものではない。私は目をこすったこともない。睡眠中の私を
カメラ撮影したこともあるが、それはなかった。何か鋭い針のようなものでさされた痕跡なのである。
2007年03月02日-家の中で、花粉症
昨夜、9時以降、テレビを見ていたら、閉めきった家の中なのに、突然、鼻がむずむず。目も開けないほどになった。いわゆる
花粉症。今年はその症状がなかった。というのは、窓から遠い所に寝床を作ったからだ。家の中で、夜に突然、花粉症が起きる
のは、誰かが家の中に侵入して、花粉をまいたからにちがいない。証拠にというか、鼻のアカが、レモン色をしていた。花粉色
である。最近、鼻の炎症が起きてからは、鼻水をチェックする習慣もついた。
2007年02月07日-眼が痛い
目針刺しがひどい。昨夜、右目内側に、小さなみみず腫れが出来ていた。写真に残した。今日は小さくなったが。また今日は左
眼が痛い。
2007年02月01日
今朝は歯を削られる。昨夜はそうでなかったのに、朝、歯先がぎざぎさしている。(略)


########ここまで########

luke komo

未読、
2007/05/10 17:28:372007/05/10
To: na...@googlegroups.com
以下のサイトについては気になる状況ですなあ・・・

> -------------------------------------------------------------------------------
> -------------------------------------------------------------------------------
> ☆電磁波等による犯罪被害実態報告
> http://www7.plala.or.jp/london/


*3月から更新なし


> ☆STOP Mind Control(STOPマインドコントロール)
> http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/syakai/


*新ドメインで活動続行予定の告知があるも、ずっと更新なし


*ブログ自体が消えて居る

電波犯罪被害者の日誌 について、ブログ上で確認した事項としては
・4月末日のテキストに「5月に重要文書が手に入る」と書かれてあり、
・それから、5月1日に「まだ届かない」と書かれてありました。・・・・・・??

luke komo

未読、
2007/05/10 18:17:082007/05/10
To: na...@googlegroups.com
この被害者のケースは、海外では無く、関西から東京に生活のステージを変えたようですね・・・。しかし、犯人のイラストや名前等が書かれてあり少しばかり生々しく感じられます。察するに、この方のケースは、加害者側――要は犯罪者達の素性・犯罪被害発生に至る迄の"背景"とでもいうモノがある程度把握出来て居るケースのような。


関西産パラサイト電波集団
http://ostk.web.fc2.com/index.html


----

ちなみに、下記についてはどうだか判らないですが、奈良の騒音おばさんは、僕の勘からすると加害者では無く 実は被害者だったのではないだろうか?と思いますが。
マスコミの報道をみる限り、「今日も抑圧、迷惑行為、やってもらおうか!」(言葉はウロ覚え)みたいな言葉を、確か防犯カメラの捉えた映像の中で叫んで居たという記憶があります。実はこれをみた時から、ほんの少しですが何処か奇妙だな、奇異だと感じては居ました。加害者が「抑圧」なんて表現するのかな・・・とか、その報道をみた時はふとそう思った様に覚えて居るのです。

もし、誰かが探偵事務所にこの主婦への集団ストーカーや嫌がらせを依頼して居たのだとしたら?
犯罪プロ市民を含む近隣住民全部が、あの主婦に総がかりで加害して居たのだとしたら・・・本人が告発しない限り、事の真相は不明でありますが、今をもってなお、あの事件が集団ストーカーと関連性を持つものであったのかも知れないという気持ちが頭をもたげて来るのです。

栃木にもいた!誹謗中傷大暴れ!張り紙オバさん [スポーツ報知]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000085-sph-soci

luke komo

未読、
2007/05/14 13:16:122007/05/14
To: na...@googlegroups.com
*備忘* 久米宏と楠田が目配せ・・・のサイトについて [1/2]

ところで、ググってて知ったのですが、久米は『杉浦直樹』と
名乗って活動して居た時代もあるのですね。知らなかったの?
て言われそうですがw全然知りませんでした。僕、若輩なんで。
久米宏に興味がありませんし・・・・


//////////////////////////////////////////////////////////
> ■もう森へなんかいかない
> I do not go to woods any longer (HN みつめ和紀)
> 日本テレビおしゃれ事件、超音波盗聴の情報を公開しています。
> http://homepage1.nifty.com/Mitume/index.html
//////////////////////////////////////////////////////////
> update2007・5・6  since2000・3・11
> Copyright c 2000-2006 Kazuki Mitume, All rights reserved.
//////////////////////////////////////////////////////////


GoogleCache 足跡が気になる時はキャッシュからアクセスをどうぞ。

> 超音波盗聴・テレビ殺人
http://209.85.165.104/search?q=cache:ysLT6KNDM5cJ:homepage1.nifty.com/Mitume/satujin.html+%E4%B9%85%E7%B1%B3%E5%AE%8F,+%E6%A5%A0%E7%94%B0,&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=us&lr=lang_ja

> みつめメモ
http://209.85.165.104/search?q=cache:dox6294c6hwJ:homepage1.nifty.com/Mitume/mitumememo.html+%E4%B9%85%E7%B1%B3%E5%AE%8F,+%E6%A5%A0%E7%94%B0,&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=us&lr=lang_ja


みつめさんの被害状況:20年以上被害にあって居て、被害継続中。
被害内容は、超音波による思考盗聴や生活全般の監視・盗聴盗撮、
音声送信。テレビ放送によるほのめかし、超音波による睡眠妨害、
それによる不眠症、薬剤の被・長期服用、他。(相違点は後日訂正)
被害のきっかけ:久米宏と楠田、愛人の不倫関係等についてクレー
ムを出した事・・・で合って居るでしょうか?(Rape記述もあった)

注解 ─サイトのテキスト中「えらんでられませんよー」の呼びかけ、
「伊勢、伊勢で生まれたんですよ」と呼びかけ、とありますが、この
〝呼びかけ〟と表現されて居る部分が、AGSASの活動で広く認知される
様になった用語に読み替えると〝ほのめかし〟に該当するのでしょう─


#僕の所感

{注・ここより次の#迄の16行は僕のmisc writingsです。読むのが
面倒い人は次の#(サイト内コンテンツ・リスト)にお進み下さい。}


意外だったのですが、サイト更新は現在もされて居る様子でした。
何かとても不思議な事に、懐かしささえ・・・・(~~ゞ
このサイトをブラウジングしたのって随分前な記憶がありますし。
(以前 http://groups.google.co.jp/group/nazo/browse_thread/thread/c297c8ce1a76efe2?hl=ja
で話した通り)
しかし、被害に関しての全容は(今のところ)理解出来ない状態な僕
です。テキストを読んで居て印象に残ったのは「論調に殆ど毒が無い」
「元々テレビ自体は好きな人だったんじゃないか」という事でした。
好きだったものに傷付けられて、さぞや失望なさった事でしょう。


初めてみつめさんのサイトをみた時には、この犯罪被害についての
〝実際〟を、僕は知らなかった。だから、失礼な事に、僕は半分位
可笑しがって居たのです。だけど、現在は、知人が同じ様な被害に
あって居るから理解出来る。僕は僕自身のかつてのその感情から、
人間の利己、未熟さ、見えない・触れない・知らないものに対する
無理解や包容の限界、柔軟性の極端な不足を改めて知るに至りました。
そして、この様な邪悪犯罪に耽り人命を脅かすケダモノどもが厚顔にも
世にのさばり続けて居る事に、非常な不快感と嫌悪感を覚えて居ます。


(次へ)


----

http://groups.google.co.jp/group/nazo

luke komo

未読、
2007/05/14 13:21:002007/05/14
To: na...@googlegroups.com
*備忘* 久米宏と楠田が目配せ・・・のサイトについて [2/2]

#サイト内コンテンツ・リスト

{以下はトップページ http://homepage1.nifty.com/Mitume/index.html よりの
リストアップです。なお、テキストのコピペは差し控えさせていただきました。}


> プロフィール http://homepage1.nifty.com/Mitume/profile.html
> みつめメモ http://homepage1.nifty.com/Mitume/mitumememo.html
> 超音波盗聴機 http://homepage1.nifty.com/Mitume/cyouonpatoucyouki.html
> 日本テレビおしゃれ事件 http://homepage1.nifty.com/Mitume/oshare.html
> 抗議文・超音波盗聴 http://homepage1.nifty.com/Mitume/kougibun.html
> 超音波盗聴・テレビ殺人 http://homepage1.nifty.com/Mitume/satujin.html
> 心の傷・不眠症 http://homepage1.nifty.com/Mitume/kokoro.html
> いじめ・心理療法 http://homepage1.nifty.com/Mitume/ijime.html
> なんでも発奮 http://homepage1.nifty.com/Mitume/nandemo.html
> MSペイント http://homepage1.nifty.com/Mitume/peinto.html
> ぼくの闘い http://homepage1.nifty.com/Mitume/tatakai.html
> 欲しいもの帖 http://homepage1.nifty.com/Mitume/hosiimono.html
> リンク集 http://homepage1.nifty.com/Mitume/rinku.html
> かきくけ掲示板 http://mitume.bbs.coocan.jp
> 憲法 http://homepage1.nifty.com/Mitume/kenpou.html
> メディア http://homepage1.nifty.com/Mitume/media.html
> 天才 http://homepage1.nifty.com/Mitume/tensai.html
> 話題本 http://homepage1.nifty.com/Mitume/wadaibon.html
> 山本周五郎名言集 http://homepage1.nifty.com/Mitume/syuugoro.html


----

http://groups.google.co.jp/group/nazo

DAVE

未読、
2007/05/14 15:38:162007/05/14
To: na...@googlegroups.com
お し ゃ れ (▼▼‡)y゜゜゜ ?

誰が?久米宏が?  w

キャッシュに飛んだでつ
あーーーー もぉーーーー
久米&楠田の関係に抗議
太腿みせ

ヒサビサ杉だぉ

DAVE

未読、
2007/05/14 15:39:322007/05/14
To: na...@googlegroups.com
謎なんだけどさ、自分が被害者なら
やっぱ海外で暮らすの考えると思うけど
被害者はなんで訴えたりもせず
ひどい目にあわされて放置、な日本に
住み続けようとしてるのか
全然わかんなくね?

なんて書いても、事情ゎ人それぞれにあるから
仕方ないのか それもわからんけど
たとえば 海外へ って選択肢がムズイ身で
日本にいて悲惨な犯罪行為に晒されてる
被害者の事、実に気の毒に思います。

なにか出来たら、とか常に思ってるが
被害者ってメアド非公開のうえに
掲示板非公開な人とかいたりする印象じゃねえ?

そんなんじゃあ、連帯てか 連携てか
結束とか協力なんて不可能じゃないか。
被害者は身元まで知らせる必要ないと
思うけど、最低限連絡取れるようにしないと。
被害にあってない人からみると
「助けてください」「協力してください」と
呼びかけてる言動と矛盾してるようにみえてしまう。

Bunny

未読、
2007/05/15 10:07:192007/05/15
To: na...@googlegroups.com
('m'   コレが。。。!!

ヽ(∩_∩)ノ アリガトウゴザイ マス o彡

DAVE

未読、
2007/05/19 8:52:502007/05/19
To: na...@googlegroups.com
このコピペは
☆★コピペ専用★☆‥凶悪犯!情報コピペ(カルト&セクト)
http://groups.google.co.jp/group/nazo/browse_thread/thread/42fcf7e67b4a796b?hl=ja
に うp しましたが「カルト&
セクトなコピペに該当しない」ため
こっちに持って来ました。

このサイトには被害者である
サイトオーナーへの連絡先が
見当たらないようでつ。板もない…


>http://everwind.hp.infoseek.co.jp/hajime.htm 被害の実態
>http://everwind.hp.infoseek.co.jp/ トップ


>被害の実態

>2000年1月末より、目に見えない科学技術による、私への妨害および迫害は始まりました。

>それは、私以外には聞こえない音声、私以外には感じない全身と各部への熱圧力と痛み、により成っています。電磁波によると思われるマインドコントロール技術を使い、彼らによって私への遠隔的な技術による洗脳が開始されたのです。
>強制的な私の肉体と精神への支配、コントロールは、もはや7年1ヶ月を越え、どのような救いももたらされないまま進行しています。そのため、普通の生活を送ることが不可能であり、信条や生活態度すら、彼らの意のままにされているのが現状です。生きているのはもはや私ではなく、彼らにコントロールされている私の中の誰かです。
>毎日のように脅迫され、生きています。怖くてたまりません。彼らの脅しに、私が悪いことにならないと、世の中も悪いことにならない。だから、悪いことになれ。という脅しがあります。悪いことが起こることの怖さを思い知って、自分の人生を悪いことで終われと、脅迫されているのです。これでは、家族すらどうなるかわかりません。私は生まれて来ない方が良かったのではないでしょうか。こんな理不尽なことを強要されて生きているのは、悲しすぎます。彼らの価値観は、世間と正反対です。地球上のどこかに、このような犯罪を他人に強制して平気な、組織でもあるのでしょうか。今は何もわかりません。

>私はこの7年以上の犯罪加害の連続によって、ストックホルム症候群というべき状態でいます。ストックホルム症候群とは、犯罪被害者が加害者からあまりに長時間加害されるために精神的依存、奴隷関係になっていることを指します。目に見えない加害者は、私のすべてを支配して、犯罪を続けています。

>身体的被害       (頭痛*、腹痛*、肉体の痛み、肉体への圧力、排泄の操作、嘔吐*) *…時々起きる

>精神的被害       (睡眠妨害、思っていることがわかる、洗脳、プライバシーがない、行動の妨害、
>時間の浪費、生活リズムの破壊)

>対人的被害      (周囲の人々への迷惑、対人関係の妨害、仕事の妨害)

>その他の被害・影響 (コンピューターの操作妨害)

メッセージは削除されました

DAVE

未読、
2007/05/24 16:20:532007/05/24
To: na...@googlegroups.com
> 以下のサイトについては気になる状況ですなあ・・・
と書かれてあったサイトに関する情報をひとつ。

ココゎ ↑ 再構築されてるみたいでつ

→ http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/world/ci001.htm
  http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/world/awe1.htm

メッセージは削除されました

luke komo

未読、
2007/05/26 16:42:422007/05/26
To: na...@googlegroups.com
http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/justice/diary01.htm
読んで判りましたが、この人物は、精神病のかまってくん、なんじゃないですか?文章もかなりオカシイですし。厨房レベルですよ。
Dさん、みなさん、近づかない方がよいと思われます。ヒーラーとかナントカ炎人とか基地外みたいな事書いて居ますよ?おまけにスパムのことも知らないみたいで・・・消防なのかな?単なるスパムを何か勘違いして、グループ追加しないで下さいやら、うちに向かって何やら書いてるが、どうも重度の被害妄想ですね。ジュース買う金もないとか、ナニ言ってんの?

http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/justice/diary01.htm
の基地外くん、アンタなんか誰も相手にしてないんだよ・・・って伝えてやろうかと思いましたが、手間が惜しいからヤメタw (アカファイルってナンナノ?

基地外くん、スパム知らないんじゃなくって誰にも相手にされないから狂言吐いて居るのでしょうか。笑ってしまいました。いろんな精神病患者が居ますね。

高橋の論文もうちで入手して初めて読んだんでしょうが。バレバレだね。しかも、ここが独自で行なった論文の後日調査リポートも読んで居ない様子。超能力wあるんだろ、だったらリポートも当然WWW上のすべてのテキストやら諸々ブラウザなしで読めるだろうが。

文句あんならメールでもよこしてこっちに伝えなよ。そりゃいつまでも治らんよ、ストーカー被害じゃなくて
http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/justice/diary01.htm
の頭がおかしいんだもんな。早く病院行け。大阪池田の基地外くんww

luke komo

未読、
2007/05/26 16:40:152007/05/26
To: na...@googlegroups.com
http://www.wombat.zaq.ne.jp/auamw808/justice/diary01.htm
読んで判りましたが、この人物は、精神病のかまってくん、なんじゃないですか?文章もかなりオカシイですし。厨房レベルですよ。Dさん
みなさん近づかない方がよいと思われます。ヒーラーとかナントカ炎人とか基地外みたいな事書いて居ますよ?おまけにスパムのことも知らないみたいで・・・消防なのかな?
メッセージは削除されました

luke komo

未読、
2007/06/04 6:14:082007/06/04
To: na...@googlegroups.com
自己伝~無実の罪人~実録編- 『公然札付容疑者。冤罪』★地域、警察ぐるみの壮絶ないじめ生殺し冤罪決定版。連載753

http://ohako-0131.blog.ocn.ne.jp/mujitunozaininn/2007/05/post_e940.html

この人の被害は・・・・・
当該犯罪被害とは異なる物ですが、警察ぐるみの隠蔽という事で、関連ブログとして貼っておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Sites!
http://groups.google.co.jp/group/nazo/browse_thread/thread/125214367c762fa2

dd

未読、
2007/06/11 3:11:332007/06/11
To: na...@googlegroups.com
集団ストーカー日記(24時間監視)盗聴・盗撮 <http://d.hatena.ne.jp/sikoutoutyouz/>

RSSフィード <http://d.hatena.ne.jp/sikoutoutyouz/rss> e-mail
<minam...@yahoo.co.jp>

>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>
>http://d.hatena.ne.jp/sikoutoutyouz/20060601
>集団ストーカー日記(24時間監視)盗聴・盗撮2006.06.01 木
>
>
>どうやら本当に歯に埋め込む盗聴器と言うものがあるようです。
>
>私もこの被害が露骨化する前後に歯医者で歯の治療をしておりました。
>その時に行った治療も今思えばおかしな所がいくつもあり、一番印象に残っているのが、奥歯(差し歯に換えなければならないほどひどい虫歯のもの)をドリルで削るとき麻酔を打ったにもかかわらず、すさまじい激痛の中を容赦なくドリルで削られ、痛みを堪えて治療されたのを覚えております。
たぶん麻酔など効いていなかったのでしょうね。皆さんも奥歯(差し歯に植え替えるくらいひどい虫歯のもの)を麻酔なしで削ってみればどれほどの痛さか解るのではないでしょうか?
>神経の通っているところを容赦なくドリルでえぐられる訳ですから・・・
>
>話が逸れましたが、この歯に埋め込む盗聴器ですが、いくつものタイプや機能があるようで、
>その中には私の受けている電磁波被害と同じような症状( 幻聴や耳鳴り、外部からの電気的な刺激、偏頭痛など )もあり、
>しかも行動なども24時間監視できたりGPS機能で追跡できたり、骨伝導という技術を用いることにより音声も飛ばせるようです。
>やはり、このような被害が歯科治療後に顕著化したことからもほぼ間違いないと確信しております。
>これからは、これをいかにして証明するかにかかっていると思います。
>しかし、ネット上には情報が少ないうえ、被害を訴えている方も見つけることができない状態です。
>なので是非、被害者同士の協力お願いします。そしてこの事実を多くの人に伝えてください。お願いします。
>ネットに寄せられた数少ない情報ではありますが、これにより不可解な出来事の謎が大分解明できたのではと思っています。
これらの情報を提供して下さった方には感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りてお礼を言わせて頂きます。
>思考盗聴・盗撮・24時間監視・電磁波攻撃による被害といったものがこの歯に埋め込むタイプの盗聴器によってほとんど可能であるということです。
>
>下記はネットで見つけた数少ない貴重な資料の一部です。
>・歯科治療によって歯に埋め込まれた盗聴器である。歯の盗聴機は、クラウンやインプラント、差し歯、入れ歯のような形で人体に装着される。
>・このような場所に盗聴機を埋め込む利点としては、部屋や身の回り品に盗聴機を装着した場合、盗聴する範囲が限定されるのに対して、歯の盗聴機の場合、対象者を24時間いつでもどこでも盗聴でき、しかも発見されにくいといためである。
>・GPS追跡機や骨伝導スピーカー、思考を読み取る生体磁気計測器を内蔵するなど多くの型式が存在する、このような歯の盗聴機の目的は対象者やその周辺の音声のみならず思考までもを生体磁気計測技術を用いてテキスト化し、それをデータベースに格納することで情報機関が多様な目的で利用する。
>・また不都合な国民に歯の盗聴機を通じて断続的に音声を聞かせることで、さも幻聴が聞こえる精神異常者かのようにその人物を仕立て上げ、さらに麻薬成分が含まれる向精神薬を投与することで無害化・無能力化している。
>・このような非合法活動の実態を隠蔽するレトリック(詐術)として用いられているのが精神医学における統合失調症(旧名 精神分裂病)である。
>
>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>
>ラジオ、ニッポン放送、によるほのめかし。テレビ(TV)でもやってます。
>また、盗聴・盗撮によって得たプライベートな個人情報までも勝手に流用しているようです。(微妙に手を加えて分かりづらくしているようです。なので、自分がネタにされている事に気づいてない人もたくさんいると思います。また相手が何も言わないことをいいことに好き勝手してます。)
>


下記●はあなたを殺す電磁波のハナシ
<http://groups.google.co.jp/group/nazo/browse_thread/thread/125214367c762fa2>
にも貼っておきます

●(電磁波など)無形的方法・証拠収集困難な方法での犯罪のレポート
 <http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/>
 <http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/32829043.html>
 <http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/MYBLOG/yblog.html?m=l>

●電波で操るとは?
 <http://bakenshi.blog.ocn.ne.jp/>

--

DD

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
DD ;-) Blog http://dd-dd-dd.blogspot.com Mail DNLYDD [at] gmail.com
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-


> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>
> Sites!
> http://groups.google.co.jp/group/nazo/browse_thread/thread/125214367c762fa2

luke komo

未読、
2007/06/13 19:10:142007/06/13
To: na...@googlegroups.com
> http://d.hatena.ne.jp/sikoutoutyouz/20060601
> 集団ストーカー日記(24時間監視)盗聴・盗撮2006.06.01 木

こちらのサイトの更新は、ストップしている模様ですね・・・更新を待っていたりする、僕です。


> (電磁波など)無形的方法・証拠収集困難な方法での犯罪のレポート
> http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/>
> http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/32829043.html>
> http://blogs.yahoo.co.jp/nougaatui/MYBLOG/yblog.html?m=l>

こちらのサイトは1冊の研究書の様な趣きとでも言うか・・・当該犯罪被害に関し、何やらとても詳しいウェブマスターである様に見受けられますが。〝高橋氏〟についての諸事情もご存知でいらっしゃる様ですし。

さて、上記サイトで知った、Yahoo!Japanのこの〝某コンテンツ〟ですが・・・
大変気になりませんか?

http://event.yahoo.co.jp/20030401/index.html

人間の秘めたる神秘な分野、即ち〝心〟の深部といった部分に迄、他人の意思の介入(※商業ベースの)や介在が導入されてしまうといった風情に、誰も疑問や疑念・反発を感じない日本社会の〝現在〟とは・・・。そして〝未来〟とは、如何なる物であるか・・・。

この様な企画に潜む真なる思惑の有無はさて置き――
こういった試みそのものが、そういう冒涜というかタブーというか、公人ではない一個人(いちこじん)のごくプライベートな領域に踏み込み、プライバシー侵害その他諸々の毀損を引き起こし兼ねない物なのではないかと考えられるのです。何より、商売を前提とした物でありますし・・・こういった試みは、まさに〝百害あって一利なし〟、生身の人間の心身にとり害毒でしかない産物である様に思います。

luke komo

未読、
2007/07/10 13:46:082007/07/10
To: na...@googlegroups.com
電磁波犯罪は存在する
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976>


2007年07月 http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/m/200707>

電磁波で脳を覚醒し睡眠不足を引き起こすことができます
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/978b720dff71000302a0f9f1d657fcfb>

電磁波で食欲を増減することができます
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/53a1462e41db83cb416d3ab403ff2914>

電磁波で痰を発生させることができます
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/d17b5e208ffc0d77a210f8983d2d57b1>

電磁波犯罪で不自然な痙攣を引き起こすことが可能です
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/79da1464e1a15fbe936d8b344c482f9f>

ポルノは電磁波犯罪の加害者による嫌がらせかもしれません
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/848ca44bafdec56b033b3bd63d293b02>

電磁波で見張られている理由
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/aba4952099aec159e2527432d0076a5b>

自衛隊の電磁波犯罪への関与
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/d7d82ed0bdebbf89d92177da3672b91f>

電磁波犯罪の被害でお金を失うかもしれません
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/e18a0342a8eda413ef48dd74ee34ce57>

電磁波で睡眠不足にさせられています
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/1cf4aef71ae4281eaac4abdde08a539c>

電磁波で人間関係を破壊することができます
<http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/e/24b754d0ecd77a38717cd8095ccf01f0>


2007年06月 <http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/m/200706>

2007年05月 <http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/m/200705>

2007年04月 <http://blog.goo.ne.jp/denden_1976/m/200704>

MiNT

未読、
2007/07/12 13:02:422007/07/12
To: na...@googlegroups.com
MIND CONTROL Electromagnetic Weapons
電磁波を利用したテクノロジーによる住宅内の監視、思考盗聴、音声・映像送信、身体攻撃の被害の記録です

2004/8/31 23:21
特許 思考盗聴の技術  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

特許庁のホームページを検索していると、思考盗聴の技術の基礎となるようなものを、いくつか見つけました。
リンクをはっておきますので、興味がある方は参考にしてみてください。
特開平7-306259(文献種別A文献番号H07-306259)「生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御装置」人には、脳波、心臓、肺の動きなどに起因する、その生物個体に特有の共振周波数があります。
その周波数に合わせてレーダー波を送信し、目的とする人物から輻射する、生体情報が置き換わった微弱電波を受信することにより、会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明しているそうです。
はるか遠方から盗聴が可能で、構造物を電波が透過するため、電波シールドしていない構造物はすべて無防備とのこと。
恐ろしいことに、身体的悪戯も可能だそうです。
納得。
レーダー波によって送信された生体情報を受信した時に、その電波を、そのまま周囲に発振し、かつ警報を発することで盗聴を防ぐとしています。
更に、盗聴防止電波にノイズを混入することで、防止効果は完璧になります。
是非、安価で市販してください。
特開平9-327449(文献種別A文献番号H09-327449)「考えたり若しくは念じたりすることにより本人か否かを識別する識別システム並びに考えたり若しくは念じたりすることによりこれに対応して作動する思考作動システム」この特許は、遠隔から操作する装置に関するものではありません。
人間の身体から、脳波、赤外線に含まれる電磁波など、人体放出波が発せられることが知られていました。
アンテナを用いて、この人体放出波がオシロスコープで観測可能なことに気付きます。
そして、波形の特性が、考えた内容により、声紋と同じように、個人に特有の周波数特性をもつことを見い出しました。
この人体放出波の経時パターンを比較することで、考えたり念じたりするだけで、個人の識別が可能になります。
おそらく、人体放出波は、熱エネルギーと共に、電磁波として放出されているとしています。
この原理を、エアコン、時計(念じると時刻を告げる)、歯科治療(「痛い」と念じると機械が患者の代わりに話す)に応用できるとしています。
はっきりと言葉にしなくても、念じただけで、読みとられてしまうようです。
特開平6-131570(文献番号A文献番号H06-131570)「識別方法および識別装置」生体は、臓器、例えば心臓や肺の周期的な動きや、それに伴う血液の流れ、または脳波などに起因する電磁波を発生します。
アンテナから生体に向けてパルス状のマイクロ波を照射します。
皮膚、骨、内臓などに反射して、再びアンテナに受信されます。
例えば、周期的に動く心臓に対応した波形が得られます。
個体ごとに、波形の形状、周期などのパラメータはすべて異なります。
識別対象の数が1000人であれば、1000種類の波形が存在します。
これによって、IDカードなしに、遠隔的に個体識別を行うことを提案しています。
それにしても、どうして、このような技術が、一般に知られ、話題にならないのでしょうか。
もしかしたら、知らなかったのは、私だけでしょうか。
知らない間に、思考盗聴などされていたら、まして、思考を盗まれて周囲に音声送信されているのに、誰も知らぬ顔をしていたら。
このようなことが、許されるでしょうか。
もし、警察がこの技術を利用した機器を使用するなら、裁判所の令状をとってから使用すればよいでしょう。
通信傍受法と同じように、歯止めが必要なはずです。
特許にあるような防御装置が実用化され、市販されるとよいのですが。
国会議員の方、市民団体の方、よろしくお願いします。
自分がすればよいのですが、今のところ、なかば病気扱いされています。
皆さん、ターゲットにされるのは、敬遠するでしょう。
誰が、この思考盗聴装置を、持っているのでしょうか。
公安警察、自衛隊、宗教団体、民間企業、マニア。
是非一度、社会問題にして、議論してもらいたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
コメント(2)
2004/8/29 21:25
チビブタの電磁波テクニック 1  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

きょうは、加害者であるコードネーム・チビブタの電磁波・超音波を用いたテクニックについてご紹介します。
皆さんも、万が一、チビブタのようなオペレターの攻撃目標となった時、参考にしてください。
・建造物の外部から、壁を透して、盗撮ができます。
ミリ波カメラの技術を利用しているのかもしれません。
(注:後日、考察すると、このような技術を利用しているかは、確信できません。
ターゲットの視覚を通して、周囲を見ているのかもしれません。)
・マイクロ波の熱効果(ホットスポット効果)によって、頭痛、イライラ感といった症状が出現します。
眼球が刺激され、涙が出ることもあります。
(注:後日、考察すると、熱効果かどうかは、確信できません。)
・平衡感覚が失調して、フラフラします。
・低周波の電磁波による誘導起電力により、皮膚がピリピリします。
・身体を緊張したような状態にすることができます。
身体が強張ることがあります。
顔面の筋を緊張させて、顔の表情をひきつらせることできます。
ごく短時間に電圧を上げ下げすると、目がまばたきをします。
就寝中に身体がピクッと跳ねるようなことがあります。
・電磁波を特定の周波数にすると、心臓の鼓動を速くしたり、心臓をキューとさせることができます。
呼吸を苦しくして、咳き込ませることができます。
・音波の出力をあげると、キーンとひどい耳鳴りがします。
・思考盗聴ができます。
頭に思い浮かべた思考の内容を読みとることができます。
かすかに思い浮かんだようなことでも認識できます。
ターゲットとオペレーターの間で、会話が成立します。
・もしかすると、イメージ(映像)も認識できるかもしれません。
目でみているもの、頭にうかんだことを、そのまま受信しているかもしれません。
そのことについては、確信ができません。
チビブタも、はっきりと答えません。
・ターゲットの頭部を確実に追跡します。
・干渉波の技術を利用しているかもしれません。
つまり、いくつかの超音波を干渉させて、可聴域の音波を生成します。
それによって、多方向から、音声を聞かせることができます。
・音声送信は、新幹線の中でも、航空機の中でも、聞こえます。
・音声合成変換の技術を利用して、人の声を真似ることができます。
近隣の人や通行人の声、被害者の父親の鼻歌や、母親の鼻声までも真似ます。
通行人とすれ違う時に、声を真似て、ほのめかしをしたり、悪口を言います。
近隣の人の声を真似て、家の周囲から声を出します。
・調子に乗ると家の中のあちらこちらで声を出します。
・同僚の声、女性の声、子供の声等を真似て、1人で自作自演の演技をします。
例えば、入居していたマンションの子供をチビブタが殴りつけ,、母親が止めにはいるという演技をしました。
CIAの職員と一緒にいるという演技もしました。
とても猿芝居がうまいです。
・チビブタは、子供みたいな悪ふざけをします。
カラスの鳴き声を真似て、「ムリ、ムリ」とか、「アワン、アワン」といった音波を飛ばして、被害者をからかおうとします。
・聞くに耐えない中傷するような言葉、猥褻な言葉を用います。
例えば、「あさましい」「みぐるしい」「ブス」「キチガイ」「オ○ンコ」「チ○ビ」等。
猥褻な言葉を直接書くことは、憚られます。
しかし、周囲の人が音声送信を聞くだけだと、被害者本人まで下品な人と思われかねないので、記録しておきます。
(注:後日、加害者は、社会の注目を引いて気の毒に思わせるためと、説明していました。
しかし、それにしても、はしゃぎ過ぎです。
非常識を通り越しています。
加害者の性格が、よく現れています。
加害者の憎悪さえ、感じます。)

--------------------------------------------------------------------------------
2004/8/29 20:30
チビブタの電磁波テクニック 2  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

・加害者は、いつもは、エコーをかけたような音声や、電子音のような音声で、話しています。
しかし、よく朝7時頃、生声に近い音声で、猛烈な勢いで凄みます。
「オレが、社会の厳しさを教えてやる、わかったな、ドアホ!」などと、失礼なことを、威丈高に喋り続けます。
・睡眠中に、耳元で、言葉や時に音楽まで、流します。
例えば、チビブタと夢の中でシリトリをしていたことがありました。
また、「365歩のマーチ」「愛のコリーダ」などの曲を流したことがありました。
・夢の内容を誘導しようとします。
音声合成変換の技術を利用して、被害者本人の声を真似て、頭の中に言葉を吹き込みます。
夢の内容が変容します。
思考盗聴をして、夢の内容をモニターしながら、音声送信しているのでしょう。
不自然で途中で目が覚めることも、よくあります。
面白がって、不安になる夢、猥褻な夢を、よく見せようとします。
(注:後日、動画も静止画も、映像を送信できることが、わかりました。
)・被害者本人の声を真似て、頭の中に言葉を吹き込みます。
被害者は、自分自身の思考と、区別がつかないことがあります。
・衝撃波を生成します。
就寝中に、頭の上でボンボンと軽い衝撃波を起こしたり、家の中でドスンドスンと音をたてたりします。
・テレビやラジオに共鳴させます。
スピーカーから声を出すことができます。
近くの大学の軽音楽部の演奏にも共鳴させます。
通話中の電話の受話器からも声を出すことができます。
・エアコンや蛇口からでる水道水の音にも共鳴させることができます。
・バスの中、風呂場など、遮蔽された空間では、音が大きくなります。
・攻撃目標(ターゲット)の交友関係を調べます。
そして、音声送信します。
しかし、多くの嘘が含まれます。
名誉毀損になるような内容でも音声送信します。
他の人は、自分のことも調べられるのではないかと、被害者に近づかなくなるかもしれません。
(注:この当時は、超音波・音波による音声送信と考えていましたが、後に、電磁波によることが判明しました。
また、映像を送信できることも、わかりました。
)上記のような嫌がらせをして、加害者は被害者に、精神的・身体的ダメージをあたえようとします。
この警察官は、まったく、品位に欠けています。

--------------------------------------------------------------------------------

2004/8/29 12:05
思考盗聴  thought reading  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

思考盗聴という用語があるようです。
70年代頃から、話題となっているようですが、実用化されているということは、一般には知られていないようです。
インターネットを検索してみても、少なくとも、科学者、官公庁、企業などからは、公表されていません。
しかし、個人のホームページには、かなりの数、ヒットします。
宗教団体や政治団体、警察による使用を疑っている人もいます。
リンクをつけておきます。
早く、公になり、法律により規制されることを望みます。


証言1 (被害者 工学博士)

オペレーターとのインタビュー

証言2 (被害者 女性)

--------------------------------------------------------------------------------
2004/8/28 21:54
ミリ波カメラ  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

きょうも、盗撮に用いられている機械の原理を調べるために、ネットサーフィンをしていました。
ミリ波カメラというものがあるらしいです。
地震などの災害時に、建物の中に人がいないか、調べたりする時に応用されているようです。
ミリ波は、マイクロ波に含まれます。
家の外部から、壁を通して盗撮ができるのか不思議でしたが、ミリ波カメラが実用化されていれば可能なようです。
盗撮実行者には、どのようにみえているのでしょうか。
ただし、実際に、この技術を用いているかどうかは、わかりません。
少し以前に世間を騒がせたパナウェーブという集団がいましたが、彼らのホームページを見ていても、まったく狂信的なことをいっているわけではなかったのかもしれません。
今、仮に、盗撮者を敬意をこめて(?)、コードネーム・チビブタとよぶことにしましょう。
きょうも、チビブタは、県営プールまでついてきて、イライラする高い音をだして、しゃべり続けました。
高周波を干渉させて生み出している低周波の人体への影響には、頭痛、不眠、イライラ感などがあるらしいです。
確かに、チビブタが出力をあげているのでしょう、頭の中がキーンとすることがあります。
チビブタはイタズラ好きです。
就寝中に頭の上でボンボンという軽い衝撃があったり、家のあちらこちらでドスンドスンと音がしたりします。
父親の鼻歌を真似てみたりもします。
近所の人の声も真似ます。
かすかに聞こえるような言葉を流して、私がその言葉を思い浮かべると、それを私の思考の内容とします。
統合失調症の患者さんの症状に思考奪取、思考吹入というものがありますが、それとよく似ています。
誰かに監視されているとか、電波に攻撃されているといった妄想も、患者さんにみられることがあります。
このような技術が一般に知られなければ、被害者は確実に患者さんと間違われるでしょう。
チビブタは、私のことを攻撃目標と呼びます。
公安警察かなにかみたいです。
実は、私は、特別な理由もないのに、警察に監視されているのではないかと考えています。
しかし、告訴するには、証拠をとることが難しいらしいです。
そこで、私は、チビブタの音声送信を、毎日録音しています。
しかし、その録音がチビブタの声であること、日時、場所を特定することが、必要です。
例え、そのことができるとしても、テープは偽造することができます。
チビブタが盗撮しているところを、現行犯でおさえたり、写真にとれれば、一番よいのかもしれません。
目撃証人がたくさんいることもよいらしいです。
他に、よい方法があれば教えてください。

--------------------------------------------------------------------------------
2004/8/27 18:32
突然の幻聴  分類なし
--------------------------------------------------------------------------------

私は、最近10ヶ月、電磁波や超音波を利用したテクノロジーによる被害のために、辛い日々を過ごしています。
最初は誰にも信じて貰えないような不思議な出来事です。
皆さんに、このような悲惨な体験をしている被害者がいることを知って貰うために、ブログを始めることにしました。
まず、社会にこの事実を認知して貰わなければ、被害者は救われることはありません。
私は、この加害行為が始まってから、働くことができません。
この10ヶ月、どこからか「声」が聞こえてきます。
眠っている時以外は、1日中、途切れることがありません。
新幹線の中でも、航空機の中でも、聞こえます。
テレビやラジオのスピーカーから、「声」を出すことができます。
「声」と共に、ひどい頭痛がします。
シャワーを使用している時などに、全身の皮膚がピリピリしたりします。
夜間も、「声」と頭痛のために、よく眠ることができません。
「声」は、私の行動をすべて把握しているようです。
また、驚くべきことに、「声」は、私が考えていることが、すべて理解できるらしいのです。
そのため、「声」と会話をすることができます。
就寝前、物的証拠をとるために30分程、カセットテープに「声」を録音しています。
「声」は、いつも、信じられないような汚い言葉を平気で使って、喋り続けています。
加害者は、書くことが憚られるような下品な言葉を使用して、被害者を貶めたいようです。
近隣の人や通行人が加害者の性格を知らずに音声送信の内容を聞くだけだと、被害者本人まで下品な人と思われかねません。

--------------------------------------------------------------------------------
http://diary.jp.aol.com/3tsffret8/

--

--------------------------------
* MiNT *
mint....@gmail.com

DAVE

未読、
2007/07/24 7:04:072007/07/24
To: na...@googlegroups.com
MIND CONTROL  Electromagnetic  Weapons
http://diary.jp.aol.com/3tsffret8/

電磁波を利用したテクノロジーによる住宅内の監視、思考盗聴、音声・映像送信、身体攻撃の被害の記録です。

--------------------------------------------------------------------------------
http://diary.jp.aol.com/3tsffret8/248.html

2007/07/12
加害者は、「○○○○まで、もう少し」「警察が追わないと、入れない」「警察庁の官僚には、うまいこと説明してある」などと話しながら、頭が割れるような頭痛を誘発します。このおかしな若い警察官は、攻撃する時は、暴力団のように毒づきながら、話します。つい、怒鳴ってしまいます。あまり、怒鳴らせないでもらいたい。つまらない喧嘩のようで、こちらまで同じような人間に見られるのではないでしょうか。
自分で言うのは何ですが、私は、このようにひどく個人の尊厳を傷つけられるようなことがなければ、むやみに怒鳴るような人間ではありません。あまりに非常識すぎます。近隣の人に聞こえていれば、大変、申し訳ありません。

頭が痛いだけでは、どうにもなりません。4年間も病人のような状態にして、本人の意思を曲げるようなことはしないでください。集中して考えることもままなりません。人間は、自由意思に基づいて行動するものです。

警察の干渉があるから、ある程度、社会に関心を持ってもらえるのでしょうか。大変ありがたいことですが、反面、周囲の人には、人騒がせな迷惑であり、反感を買うことにもなります。
拷問のようなことをして、思考や行動を妨害して、警察官の独善的な考えによって、ターゲットを誘導しようとする方法は、著しい人権侵害です。青葉署の価値観は独善的で、本人の意思を完全に無視しています。まったくの例えですが、本人はテニスをしたいのに剣道をさせる、あるいは、本人は語学を習いたいのに茶道や華道を押し付けるようなものです。時には、その許すことができない目的さえも忘れて、ただ単に拷問を続けているようでもあります。このようなことは、絶対行ってはならないことで、警察法が禁じています。

両親には、警察の愚かな計画を利用しているかのように誤解される発言はしないように、注意しています。両親は、そのようなことはないと、言明しています。警察に干渉されないことが、最もよかったです。警察がばかげた計画を始めるから、このような事態になってしまいました。

政府の閣僚の方、警察庁の方、どうして止めさせないのですか。直接、就職の紹介はして頂けないのかもしれません。
しかし、このような加害行為は、絶対に就職の後押しにはなりません。本人を窮地に追い込んでいくだけです。
拉致被害者が20年間北朝鮮で過ごしても、空白の20年間は返りません。この警察官の言うことを信じないでください。
毎日、耐えられないような暴行を働いています。

すぐに、中止させてください。お願いします。

07/07/13 に MiNT<mint....@gmail.com> さんは書きました:

dd

未読、
2007/07/24 9:54:352007/07/24
To: na...@googlegroups.com
ネットラジオ「不完全な聖地~集団ストーカー被害者K」
<http://page.freett.com/namidak/index.htm>

このHPはlivedoor ネットラジオにてKが不定期放送している
集団ストーカー告発番組「不完全な聖地~集団ストーカー被害者K」公式HPです。


2006年10月29日放送分「他の集団ストーカー被害者への呼びかけ」
<http://big.freett.com/namidak/20061029.wma>

2006年10月30日放送分「小学生時代から続く集スト加害者の干渉についてとゴミ屋敷の近況」報告
<http://big.freett.com/namidak/20061030.wma>

2006年11月5日分「集団ストーカー被害報告と被害者同士の連携呼びかけを拒絶された件」
<http://big.freett.com/namidak/20061105.wma>

2006年11月9日分「百円均一某店での集スト被害実況と集スト被害報告」
<http://big.freett.com/namidak/20061109.wma>

2006年11月10日分「見知らぬ蛾鬼などからの名前叫び、呟きなどの被害報告、今受けているS教からの集ストの概要」
<http://big.freett.com/namidak/20061110.wma>

2006年11月12日分「被害報告、私の名前を叫びダサイなどの侮辱発言を行なう女の集団他」
<http://big.freett.com/namidak/20061112.wma>

2006年11月21日分「2006年11月13日~20日の集スト被害報告」
<http://big.freett.com/namidak/20061121.wma>

2006年11月30日分「2006年11月21日~28日の集スト被害報告
加害者が掲示板について仄めかす、名前呟き、うーうー泣き、大爆笑しまくり、白いちんちんだ!他」
<http://big.freett.com/namidak/20061130.wma>

2007年2月2日分「2006年12月~2007年1月までの集スト被害報告
<http://big.freett.com/namidak/200722.wma>


いじめ、集団ストーカー告発サイト「不完全な聖地」
<http://page.freett.com/maliasnamida/index.htm>

BBS
<http://jbbs.livedoor.jp/news/3816/>

集団ストーカーと戦うKさん頑張れ
<http://page.freett.com/namidak/sk.htm>

アップローダー

ーーーーーーーーーーーーーーー宣伝ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(注)ごみ焼きは法律で禁止された行為です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野焼きは禁止されています
<http://www.iwami.gr.jp/information/section/life/kankyou/noyaki.htm>

無施設焼却、地面へ穴を掘っての焼却、ドラム缶焼却、ブロック積み焼却等で
ごみを焼却する「野焼き」は、燃焼時の温度の管理や排ガス対策が行われないため、
有害物質の発生を押さえることができないことから原則法律で禁止され、
違反すると懲役3年以下または300万円以下の罰金またはその併料に処せられます。
(廃棄物処理法第26条第8号、第32条第2号で平成14年4月1日施行)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下化学薬品過敏症についてのリンク

化学薬品過敏症について
<http://www.tokyo-eiken.go.jp/kankyo/indoorair/S3.html>

慢性疲労症候群とその関連疾患に関する情報提供
<http://www.co-cure.org/jp/>

化学物質過敏症/化学傷害に関する情報
<http://www.co-cure.org/jp/CI/>

化学物質過敏症の本当の危険性
<http://www.enspt.org/column/column04.html>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

集団ストーカー教程①
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/128.html>

集団ストーカー教程②
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/140.html>

集団ストーカー教程③
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/157.html>

集団ストーカー教程④
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/161.html>

集団ストーカー教程⑤
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/182.html>

集団ストーカー教程⑥
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/183.html>

集団ストーカー教程⑦
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/188.html>

集団ストーカー教程⑧
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/192.html>

集団ストーカー教程⑧-2
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/209.html>

集団ストーカー教程⑨
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/197.html>

集団ストーカー教程⑩
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/202.html>

集団ストーカー教程⑪
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/211.html>

集団ストーカー教程⑫
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/213.html>

集団ストーカー教程⑬
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/217.html>

集団ストーカー教程⑭
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/220.html>

集団ストーカー教程⑮
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/222.html>

集団ストーカー教程⑯
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/227.html>

集団ストーカー教程⑰
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/240.html>

集団ストーカー教程⑱
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/248.html>

集団ストーカー教程⑲
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/250.html>

集団ストーカー教程⑳
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/248.html>

集団ストーカー教程21
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/264.html>

集団ストーカー教程22
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/279.html>

集団ストーカー教程23
<http://asyura2.com/0601/cult3/msg/291.html>

集団ストーカー教程24
<http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/399.html>

集団ストーカー教程25
<http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/530.html>

集団ストーカー教程26
<http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/544.html>


集団ストーカーの手口1980年代  全文
<http://www.asyura2.com/0601/social3/msg/488.html>

「集団ストーカー」の正式名称は「殺し」というらしい
<http://www.asyura.com/0502/cult1/msg/790.html>

創価学会の盗聴実態
<http://www.asyura2.com/0411/senkyo6/msg/773.html>

騒音おばさん [創価学会の彼女との関係] 【被害者夫婦は学会員?】
<http://www.asyura2.com/0601/cult3/msg/571.html>

妻をめとらば創価学会の悲惨1
<http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/970.html>
妻をめとらば創価学会の悲惨2
<http://www.asyura2.com/0401/idletalk8/msg/971.html>


集団ストーカーについて、
インターネット放送局で取り上げられました、
集スト被害者の方は是非ご覧ください。

net channel KYO
<http://www.nc-kyo.com/>
net channel KYO番組ライブラリ参照
<http://www.nc-kyo.com/watchtvprogram.html>

WHAT'S NOW!!2006/09/05 集団ストーカーって?
<http://ondemand.nc-kyo.com/i/mv_what'snow060905.wmv>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(中略)

WHAT'S NOW!!2006/09/05 2006/10/31 イジメ事件の犯人を隠すな !!
<http://ondemand.nc-kyo.com/i/mv_what'snow061031.wmv>

2006/11/07 自殺予告手紙
<http://ondemand.nc-kyo.com/i/mv_what'snow061107.wmv>

dd

未読、
2007/07/24 11:00:292007/07/24
To: na...@googlegroups.com
実はこの犯罪を知ってから気付きはじめてましたが,奈良の騒音おばさんはやはり被害者だったんですね。じゃあ逮捕されたのだってまったくの冤罪じゃないですか。
本当に悪いのは河原さん(奈良の騒音おばさん)じゃなくて,隣人,近所住民達じゃないですか!

法廷で被害者面してたあの老女--隣人?--が真の加害者のひとりであり犯罪者であるというのが,この事件の真相なんですよ!!

創価学会の信者と河原さんの近所住民達が結託して行った計画的且つ組織的犯罪ですよ,これは!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ネットラジオ「不完全な聖地~集団ストーカー被害者K」
<http://page.freett.com/namidak/index.htm>

BBS
<http://jbbs.livedoor.jp/news/3816/>

10 名前:匿名希望 投稿日: 2007/07/22(日) 04:45:28 ID:sdRmdDl2
8 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 13:07:41 ID:scvZqZBL
有名なラップおばさん この人病人抱えて創価と戦っていたのか
TVの報道の酷い事酷い事 しかしこれは他人事じゃなくなりつつある 自分の身に降りかかるかもしれない事だ

被害者夫婦は
・創価学会員である疑いが濃厚
・おばさんの家に向けて強烈なライトを設置し、娘の病気が悪化するからやめてほしいという嘆願を拒否
・おばさんの病気の娘さんの「うー」いう声を「キチガイがうるさい」と自治会の班長にいう
・盗み聞きした事を、近所に言い触らす
・自作自演による濡れ衣を着せ、塀の落書きで民事裁判を起こし勝訴
・24時間監視カメラでおばさんの様子を撮影
・近所30人を連れておばさん宅へ抗議
(奈良県平群町、平群町周辺に創価、公明組織がある )

●『おばさんの家に向けて強烈なライトを設置』
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


11 名前:匿名希望 投稿日: 2007/07/22(日) 05:07:34 ID:sdRmdDl2
社会】騒音おばさん実刑確定、夏にも出所
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1176385002/l50

603 :自公下野が先決!:2007/07/21(土) 23:38:03 ID:JIG2S0/Q
奈良の騒音おばさんについても、このおばさんではなく、周りの住人の方が
怪しいと見ている人々が増えているのはいいことだな。

だいたい、何かトラブルがあると、大声を上げている方が被害者であること
が多いんだよ。

周りの住人はもちろん集団ストーカーの連中でしょうな。
望遠マイクでおばさんの近隣の生活を拾い、増幅してオーディオスポット
ライトで、おばさんの耳近くで鳴らす、あるいは、おばさんの家に音の
カタマリをぶつける、振動させる、まあ、集団ストーカーの十八番
ですな。

07/07/24 に dd<dnl...@gmail.com> さんは書きました:

dd

未読、
2007/07/24 11:02:272007/07/24
To: na...@googlegroups.com
奈良の河原さんは集スト被害者
<http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/3816/1176618586/10>

10 :匿名希望:2007/07/22(日) 04:45:28 ID:sdRmdDl2


8 :日出づる処の名無し:2007/07/03(火) 13:07:41 ID:scvZqZBL
有名なラップおばさん この人病人抱えて創価と戦っていたのか
TVの報道の酷い事酷い事 しかしこれは他人事じゃなくなりつつある 自分の身に降りかかるかもしれない事だ

被害者夫婦は
・創価学会員である疑いが濃厚
・おばさんの家に向けて強烈なライトを設置し、娘の病気が悪化するからやめてほしいという嘆願を拒否
・おばさんの病気の娘さんの「うー」いう声を「キチガイがうるさい」と自治会の班長にいう
・盗み聞きした事を、近所に言い触らす
・自作自演による濡れ衣を着せ、塀の落書きで民事裁判を起こし勝訴
・24時間監視カメラでおばさんの様子を撮影
・近所30人を連れておばさん宅へ抗議
(奈良県平群町、平群町周辺に創価、公明組織がある )

●『おばさんの家に向けて強烈なライトを設置』
 これは組織的ハラスメント活動に観られる『ブライティング』の手口のひとつに符合し、対象宅の近辺に『サーチライトを設置』し一晩中対象宅を照らし出す手口と符合します。

●『自治会の班長にいう』
 組織的ハラスメント活動が『自治会や町内会の関係者らを唆して加担させる』ために利用する手口と符合します。

●『盗み聞き』した事を、『近所に言い触らす』
 組織的ハラスメント活動による『盗聴』による『風説流布』の手口と符合します。

●『自作自演』による濡れ衣を着せ、『塀の落書き』で民事裁判を起こし勝訴
 組織ハラスメント活動による対象の反社会的人物化のための捏造手口と符合します。
 これは上階からのゴミや汚物投棄を対象の仕業に仕立て上げる手口と符合します。

●24時間監視カメラでおばさんの様子を撮影
 組織ハラスメント活動における対象の監視として路上や店舗、飲食店内の防犯カメラとの関連性と符合します。

●近所30人を連れておばさん宅へ抗議
 組織ハラスメント活動による近隣住民を唆し、住民らの正義感を逆手にとって加担させていく手口と符合します。

07/07/25 に dd<dnl...@gmail.com> さんは書きました:

dd

未読、
2007/07/24 11:27:552007/07/24
To: na...@googlegroups.com
『未知のSOHT機材』
http://www.kcv.ne.jp/~number/to_mc.html

ここでは、現在存在が証明されていない機材、又は証明しきれていない機材を紹介します。実際に存在が証明されていないとはいえ、存在していないと証明できるものでもありません。中にはありえないと思う物もあるかとは思いますが、可能性と危険性を考慮して紹介することにしました。

(中略)

メーザー(VTR) ある記事で目にしたのですが、特殊な装置を用いて障害物(壁や床等)を透過して、撮影するもののようです。
※追加:身体に影響を及ぼす電磁波を用いた機材の可能性もあります。

超音波(VTR) 主に医療や非破壊検査で用いられる、超音波による撮像器です。実際見た事のある人はおわかりだと思いますが、人の体内の断面が見れたりします。バリウム検査の撮像器もこれであってるでしょうか。改造いかんによってはそれなりの実用性が見込めるかもしれません。

MRI技術 医療用に用いられる、人体の断面画像を見ることのできる技術です。私は、MRI技術が超音波を用いてるのか、電磁波等を用いているのかはっきりと良くわからないのですが、流用、応用すれば、SOHT機材として技術が用いられる可能性があります。

X線撮像(VTR) こちらも主に医療で用いられるものです。ご存知の通りレントゲンなど、撮影に際して一定の透過率があります。人体に悪影響を及ぼす危険性のあるものだし、悪用はしてほしくないです。

思考盗聴 思考盗聴をするものです。また、思考操作の意味もあります。まったく証明されていません。思考盗聴等と口に出すと、あなた頭大丈夫ですかと言われかねないほど非現実的なものです。盗聴盗撮等ストーカー行為によって、対象者の傾向はある程度わかるものです。結果として思考盗聴でもされてるのかと思う事が起こりえる可能性はあります。存在したら怖いです。

追加:以前から私についているストーカーの一人が、2005.06頃から、長期かつ、自宅(ストーカーがいるのは近所の家と思われる)においてはほぼ完全に密着した観察により、まるで思考盗聴しているかのように成ろうと頑張っています。

追加:その後、(予測だけではなく)思考盗聴にかなり近いことをされている気がします。実際、脳波が電磁波である、思考において電磁波が発生する事が本当だとすると、テンペスト同様に脳波(電磁波)を受信することが間違いなく可能です。思考において、全てが電磁波により解析できるものかはわかりませんが(私にわかるはずはないんですが)、実験を行い、例えば、被験者が「あ」と言った脳波を、記録、解析し、それを50音順に一文字ずつ検証することによって、言葉においての思考を読み取ることができる可能性があります。人による脳波の個人差はあるかもしれませんが。大変キケンです。核並みの存在になりうるかもしれません。今でこそ核の平和利用などもされていますが、核(爆弾)実験が成功した後、核(使うのは人)がもたらした現実があります。入手する人間によっては、厄介な事態を招きかねないと思います。

指向性音響 2005.06.10現在では、一般市場の情報において、指向性のある音響システムが確認されました。基本的に、特定の方向にのみ音声を送るシステムです。使い方によっては、その音声を反射させたり、スポット的に使うことが可能だと思われます。

私が行われている盗撮方法(VTR)(メーザー、ミリ波、赤外線)
盗撮は、自宅全域にわたって行われています。障害物を透過しての生体(裸体)撮像。暗闇でも撮影可能。その他物体の撮影も可能。画質はかなり良く、詳細な部分の判別も可能であると思われ、距離は、最低50メートル前後有効であると思われます。メーザー、ミリ波盗撮に近いものがあると思います。撮影の倍率調整、撮影距離、透過率の調整などができるのではと思います。場合によって、複数機材による状況に応じた適用も考えられます。もしくは、巧妙に赤外線カメラのようなものを仕掛けられているのかもしれませんが、私の家には複数部屋があるのですが、しかしほぼどこの部屋であっても盗撮は可能なようです。新規に仕掛けられ続けているという疑惑は、私自身家にいることが多く可能性としては薄いです。又、浴室などを見られているのも、「風呂にカメラを仕掛けたりすれば、レンズが曇ったりするじゃないか。」という意見もありますが、前期の方法なら問題なく盗撮される可能性があります。

(中略)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『盗聴 盗撮 インターネット盗聴 集団ストーカー』 http://www.kcv.ne.jp/~number/Homeindex.html

盗聴器、盗撮器の特徴
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to3.html>
盗聴、盗撮、インターネット盗聴、集団ストーカーの実行者
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to4.html>
一般的な盗聴器の種類
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_nts.html>
一般的な盗撮器の種類
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_ncs.html>
 盗聴、盗撮、インターネット盗聴は、違法かつ迷惑な犯罪であります。さらに、それらを犯罪予備行為とした犯罪行為、迷惑行為等も許されるものではありません。実行者は、自首しなさい。
このホームページの意味
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_sh.html>
留意点
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_ryt.html>
プライバシー
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_prv.html>
PC盗聴(盗写)技術の種類
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_npct.html>
ストーカー
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_stk.html>
未知のSOHT機材
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_mc.html>
ケーブルテレビ盗聴(盗写)
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_catv.html>
テロリズム
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_tr.html>
ゲリラ
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_grl.html>
SOHTについて
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_asoht.html>
更新記録
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_ck.html>
リンク(記事)
<http://www.kcv.ne.jp/~number/link2.html>
リンク(リンクについての法解釈)
<http://www.kcv.ne.jp/~number/link0.html>
戻る
<http://www.kcv.ne.jp/~number/>
SOHT関連事項
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_kj.html>

リンク(ホームページ)
<http://www.kcv.ne.jp/~number/link1.html>


このホームページの利用について
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_hpry.html>
電話機盗聴
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_tel.html>
通信方法 (*文頭のコピペのページ)
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_th.html>
ストーカーとの関係図
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_skp.html>
(例)集スト刑法
<http://www.kcv.ne.jp/~number/to_sskh.html>

MiNT

未読、
2007/07/27 6:01:352007/07/27
To: na...@googlegroups.com
口内に
*金属の詰め物や被せ物(銀歯とか金歯とか?)がある人
*金属が使用されている入歯を着けている人
*或いはインプラントのある人?

--は、おそらく、犯人の送信する電波を受信してしまいやすい状態にあると言えますね。
要するに例えるならラジオ放送をキャッチしてしまうような異物が人体に装着されている状態なのですから。。

歯→歯の根→顎骨→(骨伝導)→内耳とか脳
歯の詰め物などを伝って内耳への振動や刺激(或いは被害者によっては脳への喚起)による作為的音声送信を受けさせられている。これらが被害者がオーディオスポットライト*みたく加害音声受信被害状況を形成しているおおよその物ではないでしょうか。

(*折伏集スト被害者K氏の板でも、集ストの典型的手口だと書かれてありました)

プラス、被害者の過ごす空間には作為的に干渉音波なんかが満ち満ちてる、と。
エアギターのような感覚で空気となんらかの摩擦物による摩擦(干渉)が音声や擬似音声っぽい物を再現しているのです。人間の持つ特性や習性といった物まで巧妙な手口で盛り込み、悪用しているのです。隣人はじめ地域住民の関与なくしては成り立たない悪質な組織的犯罪でもあります。

もちろん全部加害者達が被害者への加害目的で作為的にやっていることです。自然現象なんかでは決してないですよ。

--==--

スポーツ選手なんかは体内にプレートを入れてたりしますね。
プレートに照準合わせてライバルから電磁波系攻撃受けたりしないんですかね。。(w
おそろしい。。。。スポーツマンシップもなにもあったものではないですね。
(ロナウドなんて創価信者だから、もしや--)
*イケまくりストライカーのクリロナではないですよ、レアルをクビになった方の創価ロナウドです↓↓

ところで リケルメたん活躍出来るかな。すごいヤバイです 。期待。

Mint

07/07/25 に dd<dnl...@gmail.com> さんは書きました:
>

全員に返信
投稿者に返信
転送
新着メール 0 件