破壊的カルトとマインドコントロール

閲覧: 0 回
最初の未読メッセージにスキップ

Bunpei Satou

未読、
1998/01/19 3:00:001998/01/19
To:

さとう b です。

例により、ちょっと長いです。

前回は宗教を筆頭とする全体主義的真理は、
自分たちは根本であるという、根本主義というものが
集団の中に存在する為に、外部には排他的に作用
するという話でした。

外部との対立関係によりこの問題はいつも付きまとい、
人間自体がもともと所有する、厄介な問題である
ということでした。

破壊的カルトについて。

破壊的カルトとは、非論理的なマインドコントロール
のテクニックを悪用して、そのメンバーの権利と自由
と財産を侵害し傷つけ奪うことである。

主なタイプとして、宗教カルト、政治カルト、心理療法
カルト(自己開発セミナー)商業カルト(鼠講式の販売組織)
などがある。

マインドコントロールは心理学者リアン・フェスティンガー
が、1950 年に基本原理を説明した。

「認知不協和理論」といわれている。
人間というものは自分の[「思想]と[感情]と[行動]--
結局こういうものが、その人の人格のさまざまな要素をつくり
あげている。--の間に、一定量の食い違いしかしか許容できない。
これら三つのうちの構成要素のどれか一つが変わると、不協和音
を少なくしようとして他の二つも変わるとフェスティンガーは言う。

それに対応して行われるのが、行動コントロール、思想コントロール
感情コントロールである。これら全てが束になりコントロールされると、
頑強な精神の持ち主でも必ず人格が変化する。

洗脳については、1950年代の「毛沢東の洗脳プログラム]を
アメリカ兵捕虜のインタビューにもとずいてカート・リンウイン
の研究に由来し研究されている。前回のロバート・リフトンも
継承した研究者である。これは、以下のマインドコントロール
達成の三段階の過程と呼ばれる。

(概要)

解凍 (unfreezing)

誰かに急激な変革を起こさせるのには現実を揺さぶらなけ
ればいけない。人を解凍してその防御機構をはぐらかす。
戦争中には、食事制限、睡眠制限、などが加えられる。

催眠技術の中に二重の呪縛という方法がある。
それは、一方ではみずから選んでいるのだという錯覚を
与えながら、実はコントロールする側が望んでいることを
行わせてしまうのである。たとえば、瞑想などの後に、
カルトのリーダーは「私が話している事に疑問を持っている人達の
為に言いますが、そのような疑問をあなたの心の中に置いたのは、
他ならぬ私だと言うことを知るべきです。そうすれば私が誠の教師
だという真理がわかるでしょう」または、「あなたの人生は何かうまく
いってない、ということがあると認めますか。認めるのなら言いますが、
この講習を受けないと、そのうまくいかないことが、あなたの人生を
支配してしまいますよ」など。言い換えれば、すでにここに来ている
こと自体いまさら去るべきかどうかを判断する資格があなたには
ないことを証明しているということである。この後にその人がどんな
に完全なだめ人間かを証明する為に利用する。

変革 [changing]

変革とはある人の古い人格が崩壊した為に生じた空白に、
新しい人格を、新しい行動を思想と感情のセットを、押し付けて
その空白を埋めることである。
「あなたが、新しい真理を完全に体験するのを邪魔しているのは
あなたの古い自我です。あなたを引きずり降ろしているのは
あなたの古い概念です。あなたを素晴らしい進歩から引き戻して
いるのは、あなたの理性的な精神です。身をまかせなさい。出発
しなさい。信仰をもちなさい。」
新しい行動様式は最初はこっそり、後には強引に行われる。
宗教カルトに共通する一つのテクニックは、神が彼らに何を
望んでいるかを尋ねるようにと教えることである。

再凍結 [refreezing]

もとの人格を壊されて新しい信念体系を教え込まれたら、
その人はこんどは「新しい男」「新しい女」として再びつくり
あげなければならない。新しい人間の最初で最も大切な
仕事は以前の自分を下げすむことである。いちばんいけ
ないのは、その人がその人らしく振る舞うことである。
再凍結の間、新しい情報を伝えていく方法は「型にはめる
こと modeling である。新しいメンバーは古いメンバーとペア
を組まされる。「霊の子」はあらゆる面で「霊の親(カルトの指導者)」
を見習うように指導させられる。新メンバーには将来自分の
後輩メンバーを訓練できるような尊敬される模範になりたい
という欲望を掻き立てる。新しい人格を再凍結を促進させるため、
あるカルトはその人に新しい名前を与える。


最後に二重人格性

カルトのメンバーは以前の自己とカルトの自己とが戦争状態
になる。だから、カルトのメンバーと接するときは彼が
二つの人格をもっているのだということをいつも心にとめておく
ことが大切である。大部分の時間、任務についている時は、
カルトのクーロン人間である。ごくとぎれとぎれに、昔の
人間とがそれと交差する。

# これらの知識は脱マインドコントロール法の対処方法に
なり得るということです。

----
さとう b

全員に返信
投稿者に返信
転送
新着メール 0 件