PC遠隔操作事件、片山さんがパケット警察を使っていた

14 views
Skip to first unread message

Yasushi Shinjo

unread,
May 18, 2014, 9:48:39 AM5/18/14
to
新城@筑波大学情報です。こんにちは。

PC遠隔操作事件ですが、犯人からのメールが送られました。マスメディアの報
道姿勢は、そんなに急には変わりません。でも、記者会見の雰囲気が全然違い
ます。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/140127
IWJ Independent Web Journal
2014/05/16 PC遠隔操作事件「真犯人」を名乗る人物からメール 片山氏「これ
をもって、この裁判を終わりにしてほしい」

月曜日以降、検察の対応が注目されます。検察が「ごめんなさい」と言った時
に、マスメディアはどうするつもりなのか。今までの自分たちの報道姿勢を棚
に上げて、検察を叩くのか。いっしょに「ごめんなさい」と言うのか。メール
が届いた事実について、いくつかのマスメディアの第一報を出していますが、
まだ反省した感じが少ないなあ。落合弁護士のコメントも、この場に及んでま
だ検察の肩を持とうとしている感じがします。

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20140516

IWJ の記者会見録画では、片山さんが、保釈後、パソコンに登さんが作った
「パケット警察」を入れて使っていたという話がありました。これで、今回の
メールを自分が送ったものではないという証拠にしようと意図してのことだそ
うです。パケットのヘッダのログを全部とっていて、そのログは弁護人しか操
作できないような状態にしていたということでした。

http://www2.softether.jp/jp/packetpolice/

パケット警察は、もともと遠隔操作事件の誤認逮捕発覚を受けて作られたもの
です。それが、回り回って片山さんの助けになったというのは、良かったです。
以前、こんな発言をしました。

https://twitter.com/yas_is_tsukuba/status/260580194199416835

今回のメールの発信日時が裁判所の最中ということなので、ある種のアリバイ
が成立するという主張もありますが、それは本当は難しいです。メールの発信
を自動化できるようなプログラムを作って、それを at コマンド等ので指定し
た時刻に実行すればいいので。でもまあ、片山さんではないのは、確かでしょ
う。もちろん、片山さんは一連の事件の犯人ではありません。

http://www.is.tsukuba.ac.jp/~yas/fj/a/2fbe6.html
Newsgroups: fj.soc.misc,fj.comp.lang.misc
Subject: 遠隔操作ウイルス誤認逮捕問題
From: Yasushi Shinjo <y...@is.tsukuba.ac.jp>
Date: Wed, 27 Feb 2013 22:45:29 +0900
Message-ID: <85vc9d2...@is.tsukuba.ac.jp>

\\ 新城 靖 (しんじょう やすし) \\
\\ 筑波大学 システム情報系     \\

Yasushi Shinjo

unread,
May 19, 2014, 10:00:24 AM5/19/14
to
新城@筑波大学情報です。こんにちは。

PC遠隔操作事件ですが、大騒ぎになってきました。マスメディアも相変わらず
検察リーク情報を垂れ流している状態です。それにしても、片山さんが無事で
いるかが心配です。警察に捕まっているなら、まだ良いです。裁判も片山さん
に有利に進んでいる進んでいる状態なので、こんな所で「行方不明」にでもなっ
たら、喜ぶのは検察・警察です。

こういう時に、マスメディアの情報だけ見てると危ない感じがします。バラン
スとるには、こんな記事が良いのでしょう。

http://blogos.com/article/86705/
八木啓代
2014年05月19日 17:42
PC遠隔操作事件:河川敷のスマホにまつわるこれだけの謎

今時、携帯電話から DNA 出てきても何の証拠にもなりません。片山さんから
DNA を盗んで、それを携帯電話に着けるのは簡単です。

余裕がある人は、記者会見も良いかも。佐藤弁護士もちょっと慌てている感じ
は出ています。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/140711

Yasushi Shinjo

unread,
May 25, 2014, 3:10:37 AM5/25/14
to
新城@筑波大学情報です。こんにちは。

PC遠隔操作事件は、結局、片山さんが犯人でした。私も間違えました。すみま
せん。

今回の事件は、次のような状況が重なっていたので、被疑者が否認している限
りは、推定無罪もありますし、被疑者の主張を聞くのが筋だったのかと思います。

・警察・検察がマスメディアにリークした「決定的な証拠」は、存在しなかっ
た。たとえば、江ノ島の防犯カメラ映像もなかったし、携帯電話から猫の写
真が復元されたということもなかった。
・C#言語の能力に関して、警察の調書の作り方が怪しかった。
・人質司法が使われていた。

コンピュータを使って悪いことをするのは、まったくけしからん話です。今の
コンピュータは技術的に未熟で、iesys のうよな悪意のあるプログラムからの
攻撃を防ぐのは、非常に難しい。犯罪が行われたとして、それを捜査して犯人
を捕まえるのも、非常に難しい。だからといって、人質司法を使ってはいけな
いし、変な調書を作ってもいけない。マスメディアに自分の都合の良い間違っ
た情報をリークしてもいけないし、それをそのまま垂れ流してもいけない。

今回のような事件がまたおきて、同じような偽情報リーク、マスメディアの誤
報、変な調書や人質司法が使われたどうするか。今の警察・検察・マスメディ
アの状況が変わらないなら、また被疑者の話に耳を傾けるのでしょう。それで、
また騙されることもあるのでしょう。それは大本営発表に騙されるよりは害が
少ないので、fail safe としてはその方が良いかと思いました。

落合弁護士の話で、検察よりの発言と書いたけれど、それはマスメディアの報
道が偏っていたからでした。落合弁護士は、中立的で、さまざまな可能性のこ
とを言っているのに、マスメディアは、自分が言いたいとこだけを報道して、
それ以外のことは、削除してしまうことをしていました。マスメディアの報道
を信じたのは間違いでした。すみません。

マスメディアの報道で少し気になるのが、今回の事件で、「誤認逮捕が出たか
ら、片山氏はけしからん」という話です。「片山氏はけしからん」というのは、
その通りですが、「誤認逮捕」でけしからんのは、片山氏ではなくて、警察・
検察です。4人逮捕されて、2人は自白までしている。この警察・検察の失態
まで、片山氏の罪に上乗せするのは、間違いです。

それで、今回の事件では、もし身に覚えがない話で警察に捕まってしまったら
どうしたら良いかは、いろいろ勉強になったと思いました。当番弁護士を呼ん
だり、留置場から出ないという方法など。秘密保護法違犯で捕まってしまうと、
こんな手法も効かないのかもしれないれれど。

遠隔操作のプログラム iesys は、自宅のコンピュータで作ったということです。
派遣先で作ったというのは、外れだったかも。自宅のコンピュータは、ハード
ディスクをフォーマットして、OS 入れ直したので、iesys の痕跡は全部消えた
ということなのですが、ディジタルとして消えたというのはそうなのでしょう。
でも、実際には、ハードディスク上の 1 は、1 でも少し違うことがあるので、
コストを度外視すれば(外交、軍事目的なら)、復元できたかも。片山氏が、
wipe 機能まで使ったのかどうか聞きたい所です。

今、私が使っているコンピュータは、SSD 使っているので、wipe は意味があり
ません。書き込みの平均化を行っているので、wipe で消しても元データが別の
ブロックに残っていることがあります。Mac OS X の FileVault は使っている
ので、それはまあまい強いという期待はあります。
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages