VE-AG1が話し中になってしまう。

125 views
Skip to first unread message

accept

unread,
Dec 10, 2021, 10:32:12 PM12/10/21
to 日本Asteriskユーザ会
初めまして。
当方最近VoIPについて勉強し始めたもので、まだまだ勉強不足、知識不足のところもあり、用語や表現の誤りなど、お見苦しい質問かもしれません…
ただ、どうにも手詰まりとなってしまいましたため、皆様のお力添えをいただければと思い、質問させていただきました。

現在VE-AG1をNuro光でんわのTAに接続し、ラズパイ上のraspbxにレジスト、スマホやHT801から発着信できるような構成になっております。
また、FAX検知し、FAX機に自動で切り替えるために、レッツコーポレーション様のTELBOSE SUPER TAKE3 NDをTAとVE-AG1の間に接続しており、問題なく発着信ができておりました。

先日、FreePBX上よりFAX検知し、メールで送信する設定が完了したため、TELBOSE SUPER TAKE3 NDを外し、TAに直接VE-AG1を接続したところ、外部からの着信ができないことが判明いたしました。
具体的には、別の回線より電話をかけると5秒ほど無音状態が続き、その後話し中となって切断されてしまいます。
ですが、VE-AG1はLINEが点灯し、インバウンドルートに設定されている内線グループの電話機は鳴り出します。
電話に出ると、当然かけた方は話し中として切断されていますので、プー、プー、と電話が切れているトーンがなります。

色々調べたところ、VE-AG1は極性反転に対応していない?などの情報を目にし、それが原因なのではないか?というところまでは何とかたどり着いたのですが…
それらの解決策や、もしくはFreePBXの設定などで対処できるのか、もしくはHT813などほかのVoIPゲートウェイでないとどうしようもない問題なのか…
何か情報お持ちの方いましたら、ご教示いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

accept

unread,
Dec 19, 2021, 9:43:34 AM12/19/21
to 日本Asteriskユーザ会
自己解決いたしました。
FreePBXデフォルトのコンテキスト、from-pstnやfrom-trunkに直接投げると駄目なようで、Config Editモジュールよりextensions_custom.confを編集
下記のようにfrom-pstnの前にWait処理を追加し、トランクの設定よりコンテキストをfrom-ve-ag1とすることにより、無事リングバックトーンが流れ、着信が正常に作動するようになりました。

[from-ve-ag1]
exten => s,1,Wait(1)
include => from-pstn

思い付きと試行錯誤の末に動作するようになりましたので、なぜfrom-pstnに入る前に単純にWait処理を入れるだけで上手く作動するのかは不明です。
また、このWait処理の要不要に、なぜTELBOSE SUPER TAKE3 NDが影響を与えているのかも不明です。
VE-AG1の実装仕様(もともとFreePBXでの使用は想定外でしょうし…)、もしくはAsterisk、FreePBXのモジュールのバグ、はたまた自分の知識不足ゆえにもっと賢い設定があるのかもしれませんが…
もし同じような症状でお困りの方が居ましたら、参考になれば幸いです。
2021年12月11日土曜日 12:32:12 UTC+9 accept:

accept

unread,
Dec 19, 2021, 7:47:52 PM12/19/21
to 日本Asteriskユーザ会
また、これは私が色々と調べた過程で見つけたことで今回の問題と直接関係はしなかったのですが、VE-AG1にはTelnetからのみ設定できるオプションがあるようでして、その中にline_use_pbxという項目が存在しておりました。
デフォルト値はoffになっているようでしたが、PBXに接続して使用する場合のオプション、ということは極性反転しない回線でも使用が可能になるオプション、なのでしょうかね。
うちのTAでの接続の問題は、そもそも極性反転がらみではありませんでしたのでonにしてもなにも変化はありませんでしたが、もし極性反転がらみで問題の出ている方がいらっしゃいましたらこちらもお役に立てば幸いです。
2021年12月19日日曜日 23:43:34 UTC+9 accept:
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages