タバコ・アルコール関連情報を含むアプリの年齢確認する箇所に関して

22 views
Skip to first unread message

成谷允

unread,
Sep 12, 2019, 10:18:36 PM9/12/19
to Assistant Developer Community Japan
こんにちは。

私が開発しているアシスタントアプリは、問いかけによっては「タバコやアルコール」を含む情報を返します。
ガイドラインにはタバコやアルコールに関しての年齢確認はアプリ起動時にしなければいけないというニュアンスで書かれているのですが、これは「タバコやアルコール」の情報を返すときだけ間に年齢確認用のIntentを挟むことでガイドラインを満たすことができますでしょうか?

レビュー時にここをチェックされ、一度落とされてしまったのですが、「タバコやアルコール」はアプリの本質ではないので、できればアプリ起動時(利用時)における年齢確認は避けたいところです。

以上、知見お持ちの方がいましたらよろしくお願いします。


Yoichiro Tanaka

unread,
Sep 12, 2019, 10:32:18 PM9/12/19
to Assistant Developer Community Japan
こんにちは。洋一郎です。

「タバコやアルコール」の情報を返すときだけ間に年齢確認用のIntentを挟むことでガイドラインを満たすことができますでしょうか?

残念ですが、さすがに公開審査にて適用されるガイドラインについての解釈は、外部の人間ではわからないことになります。

ただ、ガイドラインは「絶対的な基準」と考えて良いです。そのため、一度レビューにて審査が通らなかった場合、接触していたガイドラインの項目については明確に解決されていること、つまり「ガイドラインに接触していないこと」が求められます。仮に、レビュアーの見落としなどで審査が通ったとしても、後日改めてレビューが行われて突然 Takedown 状態になる可能性が高いです。

サポートとの交渉を行うことはできるかと思いますが、基本的にはご期待の年齢確認タイミングでは審査通過は難しいかな、と思います。また、改善なく審査提出を繰り返していると、Googleアカウント自体が凍結されてしまう恐れもありますので、ご注意いただければと思います。

ご参考になれば幸いです。ではでは。

-Yoichiro

成谷允

unread,
Sep 13, 2019, 3:33:05 AM9/13/19
to Assistant Developer Community Japan
ありがとうございます!

参考にさせていただき、今後の方針を決めてみます。

2019年9月13日金曜日 11時32分18秒 UTC+9 Yoichiro Tanaka:
Reply all
Reply to author
Forward
0 new messages